禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Samba Temperado

2011/11/27/SUN
休日。いつも通りダラダラと寝ていたら宅配便が…りょうちゃんがドライフルーツやナッツを送ってくれたのだった。ありがとう!バナナチップ美味しい!

昼過ぎから外出…ジュンが「今日は肉じゃい!」と言うので、南館の『花果苑』でランチ。店員さんに石焼きビビンバのセットを頼むと「ビビンバはどれにいたしましょう?」「え?」「こちらの中から選べますが…」「あ…えと…うん、トマトチーズ石焼きビビンバでお願いします」「かしこまりました」というわけで、一番想像つかなそうなのを注文してみた。

んが、テーブルに運ばれてきたものを見てビックリ!石焼きの器にゴハン・ミートソース・チーズがたっぷり!これ…ビビンバじゃなくて…ミラノ風ドリア?的な…あらら

yabaidoria.jpeg

yakinikukuitai.jpeg

数種類の肉を盛り合わせた普通の焼肉定食を頼んだジュンが、満足そうに食べているのを眺めながら石焼きミラノ風ドリア(命名)をモチャモチャ…これが実に焼肉に合わない!焼いた肉をホカホカの白飯にトントンとノックさせて、その部分…タレと脂が染みたとこが焼肉のたまらん部分じゃないですか!トントンがチーズの上じゃなダメでしょ!逆に肉がビックリするわ「ええっ、余計に脂つきましたけど~」って!大失敗であった。

山形駅前の駐車場に車を止め、テルサホールへ…実は、お産直前のささこさんから「今にも産まれそうなので、行けなくなってしまって…」と『大野雄二&Lupintic Five』コンサートのチケットを譲っていただいてたのだ。大野雄二といえば、Jazzアレンジのルパン三世主題曲とかで一世を風靡した方…もちろんボクも当時「カッコイイ…」と熱心に聴いていた。

ホールに入ると中高年を中心としたお客さんで満員状態、ピアノとオルガンを操る大野さん以外にギター、ベース、ドラム、トランペット、サックスという5人のメンバーがステージに立つ。ささこさんが取ってた席が最前列のギタリストの真ん前だったので、それはもう…指使いからエフェクターさばきまで、じっくり観察させていただいた。でも、特に心惹かれたのはトランペットの爆発力とサックスの艶っぽさ、リズム隊の暴れん坊ぶり!大野さんも御歳70にして、手許も声も(MCだと)結構揺れてるんだけど演奏になると、ちゃんと音楽をクリエイトしている…不思議、というか素敵。バンドで最年少だというギターの和泉さんは、メインのMCを含めバンドのムードメイカーとして頑張ってらっしゃったが、数少ないギターソロはミスタッチが目立ち、見てるこっちがハラハラしてしまった。派手なアクションのないホーン隊の分も動かなきゃ!という焦りもあるのだろうけど、気になってしまった。トランペット、すごかったなあ…胸に突き刺さってくるような音だった。

期せずして『犬神家のテーマ』を聞く事が出来たり、ルパンのBGMの中でも大大大大大大大大大好きな曲『サンバ・テンペラード』がアンコールで演奏されたりと、実に満足な…バンドの音の中にどっぷり浸れた2時間が、あっという間にたっていた。チケットを譲ってくれたささこさん、どうもありがとうございました。

BOOKOFFで漫画数冊購入、スーパーで刺身エビとか買って帰宅。熱燗をチビリチビリやりながら、ジュンが剥いてくれたエビをモチャモチャ…

2011/11/29/MON
定時出勤定時退勤。帰宅後、晩酌しながらDVD『ぼくのエリ』(2008年)鑑賞。12歳のいじめられっ子の少年と、隣に越してきた不思議な少女エリとの物語。小さなラブストーリーであり、ヴァンパイアであるエリ絡みの猟奇的なシーンなどもあり、スウェーデンの雪深い町並みと共にピンと張りつめるような緊張感漂う作品。劇中、着替えしてるエリの股間が見え、少年が不思議な表情するシーンがあるんだけど、ボカシがかかっていて「あの表情は何だったんだ?」と疑問に思いネット検索してみると意外な事実が…なんだよ!性器丸映しとかじゃないんだから、ボカシなんかかけるなよ!結構、重要なシーンじゃん!プールでの静かな殺戮シーンは、個人的映画史に残る名シーン。



2011/11/30/TUE
定時出勤定時退勤。帰宅後、ジュンと外出…深い霧をかきわけ南陽太助寿司で食事。

kirinikebu.jpeg

susisara.jpeg

susinyoubou.jpeg

相変わらず義務のように『きんちゃく寿司』を食べているが、なかなか好物にはならない。米沢のBOOKOFFで漫画数冊購入。平安の湯の温泉で温まり、湯冷めしないよう急いで帰りビール!

2011/12/01/THE
定時出勤定時退勤。会社で、お茶の時間に頂き物のせんべい等が配られる事があるのだが、こう…小さめの色んな味のせんべいが詰め合わせになったのってあるでしょ?“お1人様詰め合わせ”みたいなやつ!アレを色んなせんべい屋さんのもの食べてきて、こないだ「うおっ!」と思うほど美味しいのがあって、その話しを少し前の『晩酌TV』でしたのよ。そしたら、ギンママさんが「その店、うちの近所だよ…」ってんで、ありがたい事に詰め合わせを送ってくれたのよ。『小倉山荘』っていうせんべい屋さんらしからぬ社名だったから覚えてたんだけど、ここのおせんべい…っていうかおかき?が、繊細で味がしっかりで…とにかく美味しいのね。ジュンもおせんべいなんてめったに食べない人なんだけど、喜んで食べてたわ!ギンママさんありがとう!

DVD『酔いがさめたら、うちに帰ろう』(2010年)鑑賞。漫画家・西原理恵子の元ダンナでカメラマン&エッセイストの鴨志田穣の自伝的小説の映画化。アル中の鴨志田役を浅野忠信が、離婚したのに鴨志田を優しくフォローする西原役を永作博美が演じている。キャストや予告編の映像から今風な映像作品かと思って観たが、ちょっと古い作風に感じ「?」と思って監督さんを調べたら、かなり年輩の方だった。

“酔う”という行為の切ない側面や、幻覚幻聴のリアルとの混ざり具合の気持ち悪さなどが巧く撮れてるよう感じたが、大事な食事シーンなどはあまり美味しく撮れてなく、もったいなく思った。




 

 
関連記事
  1. 2011/12/17(土) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/995-83e052f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad