禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山形『紅花樓』

山形駅の西口に『霞城セントラル』という高層ビルがある。そこの最上階である24階の中華レストラン『紅花樓』にも、五目ラーメンはある。「バカとケムリは高い所が好き」なんて諺があるように、幼児性の抜けない中年男性は決まって高いとこが好きである…当然、ボクもそーいう場所に来るとワクワクしちゃって、窓に顔を貼付けて「あ、あそこセブンプラザ…」「あの大きな空き地は…?」などとはしゃぎ出すわけだが、ジュンなんかシラっとiPhoneをいじってたりする。「ね、あそこ見て!ね、あそこあそこ!」なんて声をかけても顔を上げてくれない。「ねえってば!」と声を荒げると、やっとの事でメンドクサソウに一瞥して「ぷすっ」なんてタメ息混じりに鼻を鳴らしたりする。まるで子供とお母さんだ。

benibanano.jpg

 五目あんかけつゆそば 890円

こうして山形のアチコチで五目ラーメンを食べてきたボクの思う相場として“800円”というのがあるわけだが、それより少しだけお値段張ります…んがしかし、高い場所に価値観を見出せる幼児的中年男子なら「え、そんなモンなの?」と思ったんじゃないかという気がする。「千円以上するかと思ったけどな…」そんな風にすら考えてたのではないだろうか?いやいや、地上よりたった90円増しで24階の上空からミニカーのような車どもを眺め、五目ラーメンをすすれるのです!しかも、この一杯の完成度は極めて高い!キレイなウズラ卵を中心にたずさえ、エビ・イカ・ホタテといった海産物達がちゃんと表面にお出まししている。豚バラも下味つけたんであろう物に片栗粉をまぶし一度湯通ししてからアンに投入されてるのでプリプリと柔らかい、概ね一口大に揃えられた野菜はシャキシャキコリコリと絶妙な火加減…深くて濃い醤油スープに、コシの強い中細麺がピチピチと暴れる。

kesikitakai.jpg

…心も体も五目に満たされ、満腹満足で下りのエレベーターに乗り込むのでした。

 
関連記事
  1. 2011/05/09(月) 21:21:21|
  2. 五目ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ああ、説明書きが要らないくらい、中華料理屋の五目ですね。
こういうところで、きくらげとか、タケノコの直角な角とかが、
いいアクセントになって。
見てるだけで口の中に触感が。。。

基本的に、五目は潮派ですが、中華料理屋は醤油もいいですね。
強い火力で煽られたオイスターソースの香りがちょろっと、麺をすすった時に感じられたりしてね。 

いいなぁ。

うーん、欲求不満だな。

中国人探してるんだけど、なかなか見つからない。。。
  1. 2011/05/10(火) 23:45:56 |
  2. URL |
  3. 西瓜牛乳 #-
  4. [ 編集]

>西瓜牛乳さん

ふふふ、そうそう触感がね…来るでしょ?レンゲをぎゅっと押し付けると、あんを割るようにジワジワっとスープがくる感じとか、想像するとお腹空くでしょ?いいよね~

世界中どこにでもあると言われる中華飯店が無いとは!さすがジャングル!
  1. 2011/05/13(金) 13:27:28 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/953-7f9fa7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)