禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北風MHz

mhz_jacket.jpg

半田技研こと半田和巳くんは、実に偏屈な男である。せっかく可愛い恋人ができても、お花畑をキャッキャと走る事なく距離をおき、あっという間にひとりに戻り「これでいいのだ」と嘯いたりしている。そんな偏屈男の半田くんだが、友達はとても多い…それは、やはり継続して作品を発表しているからであろう。自主製作映画、自主製作CDに仲間のCDのプロデュースやエンジニア、毎年夏には大人数でのライブ&キャンプCBJAMを主催し、ボクとの古民家宴会でも仕切り役をこなしてくれている。有言実行どころか無言実行の勢いで、次から次へと面白い事を催してゆく…彼は偏屈である以上に友達を愛し、友達もそんな彼が次に何を作り出すのかワクワクしながら見守っているのだ。

そんな半田くんが今週末2月26日に約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『北風MHz』を発表する。13曲入りで、半田技研のホームページから購入すると送料込1,000円という破格の値段で手に入る!安いからといって内容に手抜きはない、録音機材オタクでもある半田くんが給料の多くを注ぎ込んだ高価なマイクやアンプを駆使し、今までの経験から得たミキシングやエンジニアリングのテクニックを生かしまくり、所謂インディーズの枠にハマらない安定感ある音作りに成功している。

前回のアルバム発表時に、ボクはちょっと厳しい内容の感想を書いている。これを書いた時、もう半田くんに絶交されてもしょうがないな…そんな気持ちでブログをアップしたのを覚えている。自分で精一杯頑張って作った物を中途半端呼ばわりされたんじゃ怒って当然だ…でも「なかなかいいじゃん」みたく濁したくはなかったのだ。だから、悩みに悩んでポエムじみた事まで書いているが、半田くんはそんなボクの言葉に耳をかしてくれ、今回のアルバム制作時は「最初からズッポシ関わってくれ」と頼んできた。もちろん快くOKさせていただいた。

ボクも“おせっかい”に関してはちょっと覚えのある男なので、そんな自分のおせっかい能力を全開にして、アルバムジャケットのデザインから各曲のコンセプトやアレンジまで、細かく細かく重箱の隅をつつかせてもらった。すでに1年前には、多くの楽曲が完成に近い状態だったが、そっからさらに時間をかけてアレンジを練り直し、歌詞を洗礼させ、ホントにボクはチクチク言わせてもらったけど、半田くんは「禿生さん、もういいっすよ…」と拒否する事なく、真剣に意見を聞いてくれそしてついに今月初めに全曲完成したのでした。

そんなわけで、今回の『北風MHz』に関してボクは、ホント「素晴らしい」としか言い様がないわけです。前回の感想の話で言えば“完全にパンツ脱いでる”作品だと思う…脱いで「どうですか…ムフフ」くらいの事は言ってる作品だと思う。どうか多くの人がこの作品に触れてくれる事を願ってやまない…どんな曲調か?何系?なんてどうでもいいじゃないですか!山形の偏屈だが仲間に愛されてる農家の長男が、お父さんお母さんに「いつまで変なモン作ってんだ?」と怒られながら、ギターをかき鳴らし、声を涸らして作り上げた音楽がここにあるのだ!インディーズの音源にありがちな、音程のズレやリズムの甘さをシビアに排除し、録音状態のクオリティの極めて高い、スピーカーで聞いてもヘッドフォンで聞いても、確かにそこにパンツをおろした男が仁王立ちしてるのがハッキリ見える!そんなCDになっています。どうか1,000円、送料込1,000円の値段につられ購入してくれる人が多い事を祈ってやみません。どうぞ、よろしくお願い致します。お申し込みは、半田技研ホームページhttp://www.handa-giken.com/)よりどうぞ!

最後は、ボクの書いた宣伝素材用レビューで〆ます。『ナチュラルボーン・ミクスチャー』て造語は自分でもなかなか気に入ってる「生まれついてのゴッタ煮野郎」みたいな、尖ってるけどファニーなイメージが伝わっていただければ満足。発売日の26日には山形七日町【瑳蔵】でライブもありますので、詳しくは半田技研ホームページをチェックしてください。

--------------------------------------------------

【キコエマスカ? コチラ、北風メガヘルツ…】
 山形の夜の闇を射抜き、全世界へと電波を放出する『半田技研』。パンクの衝動・ロックの疾走感・童謡の情緒をフォークの感情解放力で磨き上げた、まさにナチュラルボーン・ミクスチャー!多数のインディーズアーティストのプロデュース/レコーディングエンジニアとして腕を磨き、満を持して前作『僕の汽車は五分遅れだ だけど必ず辿り着くんだ』から3年ぶりとなるオリジナルアルバムの発売。レコーディングにたっぷり1年半かけ、自室を改造したスタジオに堆く積まれた機材を駆使し、インディーズの枠を超えた良音を届ける今作は、アコギ・ピアノ・ドラムのトリオを中心に多くのゲストミュージシャンを迎え、色彩豊かな楽曲が並んでいる。TVCMでお馴染みの『ほしいな、小型エンジン』、高畠ワイナリー“映像ソムリエコンテスト”審査員特別賞受賞作品『ワイン・ワイン』の主題歌である『こんにちワイン・こんばワイン』、人気曲『スルメの唄』の2011'sバージョンも収録。今夜、君の心のラジオを鳴らすのは北風Mhz、受信セヨ!!

 
関連記事
  1. 2011/02/22(火) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/919-39ecb07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad