禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バンアレン帯デーチョコ

小学生の時に祖父の家で、誰かが持って来た少年ジャンプの『すすめ!パイレーツ』を読んでいて、バレンタインデーにかけた「バンアレン帯デーチョコ」っていうギャグにビリビリッとくるくらい衝撃を受けた。地球の大気圏外を“バンアレン帯”という放射能の帯が包んでるんだけど、そんな特殊科学チックなネタを盛り込んだダジャレに、他のギャグ漫画には無い“馬鹿が利口の垣根を越えて来る”みたいな、不思議な感覚があって…とにかく、記憶にガチッと残ったのです。

そんで、それから30年以上…このバレンタインデーの時期になると必ず「バンアレン帯デーチョコ」を思い出してしまう。思い出すだけでなく「バレンタイン」と口にする機会があると「バンアレン帯」と言ってしまう。もちろん、そういう場にいる友達や知り合いにも随分この「バンアレン帯」のオモシロさを説明したけど、そもそもバンアレン帯自体が理解しづらいものだし“馬鹿が利口の垣根を越えて来る”みたいな感覚は、パイレーツをそれなりに読んでキャラクターを把握してないと伝わらないものだから、当然誰に話しても「?」って感じでオモシロさを共有する事はできなかった。

で、そのうち誰にも説明しないようになり、次第にボクはただ「バレンタイン」を無表情で「バンアレン帯…フヒヒ」とモゴモゴ呟く無気味な中年男性になったわけなんだけども、昨日ハッと閃いたのよ。Twitterでフォローしている『すすめ!パイレーツ』の作者:江口寿さんに、この思いをつぶやいてみよう…って。で、もちろんこんなに長く説明したわけではないけど「忘れられず頭に浮かびます」と語りかけたわけ。したら、江口寿さんがRTしてくれて、「バンアレン帯デーチョコレートなw」って笑ってくれたのよ!これは、嬉しかったね~反応してくれたのも、もちろんだけど「覚えてくれてたんだ、あのギャグ!」っていう…ホント嬉しかった。

2011-02-10.jpg

しかも、その江口寿さんのRTに反応して、ボクと同じように「バンアレン帯」の呪縛に30年以上苦しんで(楽しんで)いた人が少なくとも5人はいる事がわかった。「こんなところに同じ思いをしていた人がいた」「毎年思い出すもんなぁ...」「懐かしくて涙が出そうですっ!!」とかつぶやいてくれて…ビックリしたねえ。凄いよインターネット。そして、これによってさらに忘れかけてた「さもないと…これはアンモナイト」ってギャグまで思い出させられちゃった。いやあ、まいったね…これは、パイレーツ全巻揃えなおさなきゃなあ!

 
関連記事
  1. 2011/02/10(木) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

頭の中にずっとあった「バンアレン帯デーチョコ」。出典がどこだったか思い出せずにいましたが、そうか、これだったかw単語だけがず~っと頭にあったのよねw
  1. 2011/02/10(木) 22:15:10 |
  2. URL |
  3. pattu #0FtB7ubA
  4. [ 編集]

>pattuさん
解明おめでとうございます!まさにそういう子供の時に読んで、音(というか文字)だけ脳にガッチリ残っちゃってるギャグ漫画のフレーズってあるよね!
  1. 2011/02/14(月) 08:32:28 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/907-a8e8c49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad