禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手術当日

2010/11/10
午前6時前、まだ薄暗いうちに家を出る…朝イチに追加の術前検査をしてから手術なので、7時半には病院に到着しないと「奥さんはもう手術室に入られましたよ」なんて事になりかねない。高速を飛ばしていると進行方向である東の山並みから朝日が昇り、空に薄くかかった雲や森を覆う霧を透かし、淡い濃淡が幻想的な光景を作り出す。映画『フォレスト・ガンプ』のワンシーン、アメリカ大陸を走り続ける傷心のフォレストが美しい朝焼けに見蕩れるシーンを思い出す。走り終えたフォレストは再会したジェニーにこう言われる「そんな素敵な景色、私も見てみたかった…」いつもは挙動不審なフォレストが、ジェニーを見つめ断言する「君も見てたよ…いつも僕のそばで一緒に」。まさに“Life is like a box of chocolates, you never know what you are gonna get.”ホントに人生、何が起きるかわからない。「何でこんな事になっちゃったんだろう?」がんが発覚してから、ジュンが何度も涙しながらつぶやいた言葉だ。でも、そんな辛い思いを払拭できるチャンスにやっと今日触れる事ができる。それを掴めるかどうかはわからないが、とにかくこのスタートラインに立つまで半年近く苦しみ続けたんだ…どうか、高望みはしないがどうかこれ以上ジュンを苦しませないで欲しい。

予定通り7時半に病院到着、ジュンはさすがに緊張してる様子だったが「ブログ用に手術前の写真撮っといて」と言うとベッドから立ち上がり、笑顔でピースサインを作った。病室を出る時に、同室のおばちゃん達から「大丈夫だから、がんばってね」「早く帰ってきて、待ってるわよ」と声がかかる…がん以外の患者さんも多かった以前の病院の病室とちがい、今回の病室はジュンより重いがんの患者さんが多い。向かいのベッドの人も隣のベッドの人もジュンが入院する数日前に、ジュンと同じような大きな手術をしている。そういう人達の言う「大丈夫だから」は頼もしい。検査を済ませ、看護士さんに車椅子で手術室へと運ばれる。「それでは、ダンナさんはここまでで…」大きな鉄扉の前で看護士さんが言う、ジュンの手を取り何か口にしようとするが、大袈裟な言葉は悲愴感を煽るようで憚られた。「いってくるね」ジュンが細い声で言う「うん、いってこい」うわずって応える、看護士さんが微笑み車椅子は動きだした…ずっと後ろ姿を眺めていたが、ジュンは一度も振り返らなかった。秋の大一番から背を向けず、敵のマワシをがっちり掴んでやるぞと集中してるようで頼もしかった。

んで、付添い家族は病室のあるフロアの食堂で手術が終わるまで待機する事になってるのだが、これが苦しい時間なわけだ…今まさに階下で自分の女房の腹が捌かれているのに、自分自身はそれに一切携われずに放置されている。ドラマとかで、孫が無事産まれるかどうか?という窮地で、いきなり井戸の水をバッシャン!バッシャン!と、いわゆる水垢離するジイサンがいたりするが、あの気持ちがよくわかる。ホント…何か自分にも試練をかせたい!できれば滝とかに打たれたい!そんで「ワシも頑張ってるから、お前も諦めるでな~い!」とか絶叫してたい!むしろ、そゆことしてた方が明らかに気が楽。そんな事を思いながら、やけに強い陽射しの中、窓の外を流れる雲を眺めジットリと脂汗をかいていた。

madonosoto.jpg

時間潰しにと持ってきた本やPSPを手にする気にもなれず、頭の中では相変わらず「最悪の結果でも→平常心でいよう→あれ?最悪って…」がループしていた。あまり辛かったので、おそでさんに「手術はじまった」メールを出したら状況を察して、気を紛らしてくれるようなバカ話メールがガンガン送られてきた。これには助かった…結局、手術終わるまでおそでさんから20通以上もメールが届き、こそでさんが最近描いたというマンガの話では笑い、「そろそろお昼だから」と言われるがままにメシを食い、言われるがままに水分補給もした…マジおそでさんリスペクトである。食堂にはボクと同じように手術中の患者家族がおり、同じようにジワジワと脂汗をかきながら待機していたのだが、皆ボクより後に来ては、ボクより先に看護士さんから声がかかり集中治療室へと呼ばれて行った。結局、気がつけば自分ひとり…

手術はちょうど5時間で終わった。同じ手術を受けた方のブログを複数見る限り、みなさん8時間くらいかかってるようだったが、それらの記事が書かれた数年前から技術が進歩したのか、予定通りで5時間との事であった。手術着のまま駆けつけて下さった執刀の先生から別室で説明を受ける。「無事予定通り、子宮を残せました」フハ~ッと魂が抜け出るような溜息がもれる。「リンパ節への転移もなくセンチネルリンパ節生検も予定通り行えましたが、術中結構リンパ液が多く漏れていたので後遺症がゼロというわけではないでしょう…そこは覚悟しておいてください」切り取った子宮頚部の写真を見ながら「摘出部の切除面は前後共に陰性でした。病変の解剖結果は…これからホルマリンに漬け固定させてからなので、数週間先になります」大きな疲労を漂わせながらも、ダダッと説明してくれた。ホントは先生に飛びつきチュウでもしたかったが、浮ついた気持ちを押し殺し「ありがとうざいます。おつかれさまでした」と頭を深く下げた。こういう事を書くべきではないかもしれないけど、こういう瞬間はやはり執刀医が神か仏に見えてしまう。ありがとうございます。無理を聞いてくれてホントにありがとうございます。

集中治療室でジュンと合う…顔が真っ青で一瞬ドキッとする(後から看護士さんに聞いたが、顔にも消毒液が塗られていたので青く見えたらしい)。こうなるとわかってはいたが、やはり何本もの管につながれた姿は可哀想だ…両手に点滴、酸素マスク、上半身アチコチに心電図や血圧測るようなコード、両足には血栓防止の為のマッサージ機、背中には痛み止めの薬剤を流し込まれ、股間には尿管、そして両脇腹からは術部の余分な血液やリンパ液を排出するための太いドレーンが2本…人工呼吸器をつけてたからか、唇は軽く腫れ血も滲んでいるようだったが、こーいうの地味に凹むので本人には黙っておく事にした(しかし1時間後くらいに看護士さんに言われ気づいてしまった)。

「…オカアヤン」と声をかけると、目を薄く開いてかすれ声で「子宮は?子宮…残せた?」と聞いてきた。「うん、大丈夫だったって」と応えると深く安堵の溜息をつく「良かった…」意識は意外としっかりしており、声は小さいが受け答えも安定している(が、麻酔が残ってるので会話が途切れるとスグ白目むくのが怖かった)。先生の手術結果説明(リンパ液漏れによる後遺症の可能性については、この時には話さなさず翌日伝えた)や、手術中twitterやブログで皆が励ましていた事を伝え、ジュンからは術前後の様子などを聞いた。結局この日は、ジュンが「まだ帰らないで」とゴネるので面会時間を越え遅くまで一緒にいた(手術当日は、多めにみてもらえるらしい)。

義継父、義種父、千葉の両親にも無事手術が終わった事を報告し、帰宅。夜中に容態急変とか怖いので、iPhoneを握りしめてベッドに倒れ込んだ。

 
関連記事
  1. 2010/12/03(金) 20:20:20|
  2. ウツのツレがガンになりまして
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

ほんと、こんなこと当事者じゃないから簡単には言えないですが、無事終わって良かったですね。

術後の回復を祈念しております。
  1. 2010/12/05(日) 00:15:22 |
  2. URL |
  3. 冬霧 #-
  4. [ 編集]

今の環境だと、その辺の葉っぱや木の実を食べるだけなので、順調に痩せる予定です。 
労働の後のビールとおさらば出来るといいんですがなかなかむつかしい...。


こっちの方はプロポリスが浴びるほどありますので、
今度山形に行くときは持って行きますよ。


  1. 2010/12/05(日) 00:46:40 |
  2. URL |
  3. 西瓜牛乳 #-
  4. [ 編集]

>冬霧さん
お気づかい、ありがとうございます。
いい感じで回復してきてるとは思いますが、
安心せず注意をはらって見守ります。

>西瓜牛乳さん
プロポリス!そういえば本場だものねえ!
そんなに熱心にではないですが、今回の病気発覚してから
ジュンが飲んでおりますので、次回帰国時にぜひ!嬉しい!
ていうか、プロポリスって痩身効果はないのかな?
飲んでみてはいかがか?効果あればボクも…
  1. 2010/12/06(月) 16:39:10 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

プロポリスは、こちらでは病気じゃない人が飲むと体を壊すといわれてます。
必ず、実例として知り合いのおじいさんの話を聞かされます。

あんな苦いのを我慢してると、確かに体が悪くなりそう...。
でも、病気の人だったら何にでも効くと云われてますんで、みなが欲しがってます。


体にいいのはアサイですが、アイスクリーム状にして摂取
するとなかなかカロリーが高くて、健康にはよさそうですが痩せません。
おいしいんだけど残念。
  1. 2010/12/07(火) 05:32:18 |
  2. URL |
  3. 西瓜牛乳 #-
  4. [ 編集]

>西瓜牛乳さん
プロポリス、そうなんだ…まあ、確かに色んな意味で濃そうだもんね。

おおっ、そういえばアサイーもそっちだね!グレイシー一族が飲んでるらしいじゃん!水道橋博士が毎朝飲んでるようで、よくブログにもでてくる。
http://diet.illustrator-shin.com/archives/179556.html
これなんか読むとダイエット効果って書かれてるけど、たぶん便通が良くなることによる痩身だろうね…でも、良さそうじゃない!しばらく朝食替わりに飲んでみてはいかがか?ホイス・グレイシーはヨーグルトに混ぜて摂取してたらしいよ!
  1. 2010/12/07(火) 08:52:50 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/889-b5bb1a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)