禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手術前日

2010/11/09
午前中は仕事、一旦帰宅しゼニのために部屋をヒーターで暖め、ジュンに頼まれた野菜ジュースなど持って病院へ向かう…前二度の入院は自宅から20分という近距離の病院だったので、一日の仕事を終えてからでも十分面会に行けたのだが、今回の入院先は他県なので、高速道路を使っても2時間弱かかってしまうため面会に行くには、会社を半休せねばならないのだ。馴れない高速の運転、しかもこの10年間通勤以外の車移動は常にジュンを隣に乗せて…だったので、色々不具合が生じる。でも、まあそれも覚悟の上…じきに馴れる馴れる。

病院に着くと、ジュンは悲しそうな顔…昼過ぎに受けた検査がかなり痛かったらしい。「今までで一番痛かったよ…」と言ってヘコんでいる。明日の手術に備え、すでに食事は止められ飲み切らねばならない2リットルの下剤を目の前にドドーンと置かれ、腕には手術後まで刺しっぱなしになる点滴針が2本入り、がっちりとテーピングされている…何から何まで痛々しい。

がんに限らないのだろうが、家族が大きな病気をした時に感じる第一の苦しみは『痛みをシェアする事ができないこと』なのじゃなかろうかと思う。例えば、家事をたくさん抱えて大変そうにしていたら、皿洗いを手伝う、灯油入れを手伝う…具合悪かったら帰宅時に買い物してやる…美味しいものがあれば分け合い、美味しくないものがあれば押し付け合う。日常の中で普通に行ってきた“楽しさも辛さも分け合う”という行為が、全くできない。これが驚く程歯痒い…検査も点滴も下剤も、全部ひとりだけで負わねばならず、自分はただ隣で苦笑いを浮かべる事しかできないのだ。今すぐ、目の前の下剤を飲み干してやり「ほら、下剤はボクがやっつけたから点滴はキミが頑張りなさい」と言ってやりたい。もしくは「キミは、明日手術だという不安と戦ってなさい、検査も点滴も全部ボクが引き受けよう」「自分の病気と向き合ってるだけでキミはもう充分だ。手術はボクが…」全部できない!これ全部できない!何もできない!一番大事な家族が苦しんでるのに何もしてやれない!痛みも苦しみも自分には一切与えられず、ただ痛み苦しむ家族を見守る事しかできない…

そんなことを内心思いつつもベットの隣のイスに腰掛け、いつも通りのどうでもいい話をする…なるべく平常心を装って。全身麻酔による8時間の手術…最悪の事態も頭をよぎる。もちろんジュンも頭の中は不安でいっぱいだろう…でも、お膳立てはできてるのだ!手術前にできることは全てやったんだ!後は、手術室に入るその時まで、なるべく平常心で…冷静にいよう。だから、いつも通りに…どうでもいい話をポツポツとしては、たまに小さく笑った。

19時半、面会時間終了の館内アナウンスが流れ病院を後にする…暴風雨の中、高速道路を飛ばす。明日、たとえ最悪の事態になっても取り乱さずにいようと思う…取り乱さず、目を覚ましたジュンにありのまま伝えようと。たとえ、リンパ節に転移が見つかり子宮を摘出してしまっても、がんが予想以上に進行しており何も出来ずに手術が終わっても、冷静に「打つ手はまだあるんだから、今はお腹の傷を癒すことに集中しよう」と言おう。いや、まてよ…最悪の事態は、心臓に持病をもつジュンが8時間の手術を乗り切る事ができずに…いやいやいやいや、ちょちょちょちょちょ…あわわわわわ…

結局、帰宅してからも「最悪の結果でも→平常心でいよう→あれ?最悪って…」のループを繰り返してしまい、寝つけぬまま朝を迎えた。

 
関連記事
  1. 2010/12/02(木) 17:17:17|
  2. ウツのツレがガンになりまして
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

すごく伝わります・・・

うまく言えないけど、胸が締め付けられる思いです。
とても苦しかったでしょう・・・
おとうやんもしっかり一緒に戦ってますよ。
めちゃめちゃじゅんちゃんの支えになってると思います。

勝手言ってごめんね。
  1. 2010/12/03(金) 01:53:51 |
  2. URL |
  3. LUNA #-
  4. [ 編集]

はじめまして。
ジュンさんのブログでは何度かコメしたのですが、今回はオトオヤンさんのブログにあまりに心打たれてコメしました。

「家族が苦しんでいるのに何もできない、見守る事しかできない。」
手術も検査も点滴も代わってあげたいって本気で願うオトウヤンさんの気持ちが伝わってきて、涙が出ました。

本当に良いご夫婦ですね。
神様はきっと見ててくれるはずです!!
いつかお二人の可愛いベビが授かると信じてます。

  1. 2010/12/03(金) 09:31:35 |
  2. URL |
  3. ミーミ #-
  4. [ 編集]

ほんとおとうやんかっちょいいです!

こんな旦那様と一緒のオカアヤン幸せだぁ~

  1. 2010/12/03(金) 10:35:38 |
  2. URL |
  3. るみるみ #-
  4. [ 編集]

>LUNAさん
ははは、晩酌でもちょっと話したけど、ジュンのブログが割と笑い飛ばすような内容なので、ボクはダークな方にピント合わせて書いてみようかな…って感じなので、まあこの日なんかもアホエピソードもあるわあるけど、そこはあえて書かずにまとめてみました。なので、ジュンの方と合わせて足し算わり算すると、実際の様子が浮き彫りになるかもしれませんです。はい

>ミーミさん
はじめまして。家族が大きな病気をした時、見守る側のつらさってどんなものか?って、やってみないとわからない部分がものすごく大きかったので、なんか「頑張ってるオレ、素敵やん?」な内容になってしまい勝ちですが、そこは苦笑していただくとして、できるだけしっかり記しておきたいと思い書いております。伝わってくれてありがとうございます。

>るみるみさん
でも、入院前後にギター3本も買い物して、ジュンに激怒されたりしております。そこらへんについても、おいおい書かせていただこうかと…
  1. 2010/12/06(月) 10:05:07 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/888-184e8220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad