禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

I cannot tell a lie

2010/07/23
朝7時起床、定時出勤定時退勤。昨日来るはずの病院からの電話がやっと今日来て、ジュンの入院が日曜日からと決まった。何人かの友人にジュンのために手紙を書いてくれと勝手なお願いをする…励ましの手紙じゃなくて、病院で寝る前に読んでクスッと笑えるようなやつ。ちょっとテンパって書いたメールだったので、内容が伝わらなかったのか反応は薄かったが「まかせとけだっぺ!」と頼もしい返信もあった。入院に対してのジュンの不安を言葉だけじゃなく何かで支える事ができないか?と自分なりに考えた末の行動だ。詳しい経緯や病名も伝えぬままの不躾なお願いを受け入れててくれる友人が現れるかどうか…わからなかったが、ボクはサイを投げた。

何もしないでいると悶々としてしまいそうだったので、20時頃から『晩酌TV』!バカ話しをしつつ缶ビールをプシッとやって、無理にテンション上げたりせず話せるとこは話したりしつつ飲んだくれた。

2010/07/24
休日、朝から今日返却予定のDVD『ヘヴィメタル・イン・ザ・カントリー』をひとりで観賞。ドイツの片田舎の村に住む1人のヘヴィメタルマニアの若者が興した通販ストアが、ヨーロッパ中のヘヴィメタルマニアの支持を得て大きな収益を上げ、その村第2の主産業にまで成長し多くの村人がそこで働き…というドキュメント映画。ボクも10代の頃、ブートレグ通販屋でバイトしてた事があった。千葉の新興住宅地のマンションの一室に、世界中から届くマニアックなCDやグッズが所狭しと並び、日本中から注文書や現金書留がガンガン送られてきていた。あの小さい部屋を中継し、世界と日本中の都市やら村が繋がっている…という非現実感は、衝撃的であった。

ジュンを起こして山形市内のお寺へ…今週も義母の法要。入院前の緊張からかジュンが熱を出してるので、お茶の誘いを断り退散。図書館で本を数冊借り、モスバーガーで昼食を買って帰宅。シャワーで汗を流し、ビールを飲みながらスパイシーモスチーズバーガーを食べる。クーラーの効いた寝室で、ジュンとゼニの寝顔を見ながらビールを飲んでるうちに夜。明日の為に早めに消灯。



2010/07/25
休日、今日から手術のためにジュンが入院。朝9時に病院で受付、4人部屋の病室には、ジュンと同じくらいの歳の方がひとりだけ…なんとなくホッとする。手術前の検査したり、執刀する先生方に詳しい手術の内容や治療の方向性について説明してもらう。我々もネットで仕入れた中途半端な知識があるので、後からモヤモヤしないように色々と質問させていただく。手術内容に若干の変更があった…しっかり調べていただくのはありがたいが、悪い部分を切り取って一件落着!みたいな簡単な話じゃなくなってる事に若干凹む我々。

病院一階のコンビニでメシを買い、昼飯も夕飯も一緒に食って面会時間終了まで病室にいた。23日に友人達にお願いした手紙は、ありがたい事に今朝までで9通も届いた。朝出掛けにプリントアウトしてきた手紙をチョキチョキ切って、ホッチキスでガッチョンして、病室のテーブルで表紙描いてA6サイズのミニ本を作った。題して『おかあやんTIMES』。帰り際、ジュンに「寝る前に読みなさい」と渡してきた。

okt1.jpg

 
関連記事
  1. 2010/07/29(木) 08:08:08|
  2. ウツのツレがガンになりまして
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/857-dc43cfbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad