禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Young lovers

2010/03/24
朝7時起床、定時出社。退社間際にMacがフリーズ、HD認識せず状態になってしまい呆然…ノートンだの使い、どうにかバックアップとったりと復旧作業で22時までかかってしまった。イライラ気分のままコンビニでメシを買うと、どうしてもこんな感じになる。

junk3.jpg

見るから胃に悪い。東京で働いてる時は毎日こんなんだった、そんでブクブク太ったのでした。帰宅、遅かったとすねる妻に癒され風呂入って軽く晩酌して2時頃就寝。

2010/03/25
朝7時起床、定時出社定時退社。帰宅後、食事…以前のジュンの料理は“うどんだけ”とか“ナポリタンとコーラ”“カレーライスとビール”みたく単品物ばかりだったが、あれこれ注文してるうちにこんな和定食が出るようになった。

R0018425.jpg

元々ばあちゃん子だったのだが、若い頃はこういった“茶色いおかず群”に反発を感じ避けていたそうな。しかし年をとり、口うるさいダンナのためにいざ作ってみたら不思議と自然にできてしまったという…とにかく、料理上手だった米子ばあちゃんに感謝。ばあちゃんが生きてる間にボクも一度味わってみたかった。

曲を少しいじり晩酌。DVD『紀元1年が、こんなんだったら!?』観賞。ジャック・ブラックのドタバタお下劣コメディ…旧約聖書のパロディに加え、ゲボ吐きまくったり、自分の小便飲んじゃったり、あげくウンコ食ったりするもんだから久々に腹抱えて爆笑してしまった。しかも、ウンコ食うシーンが無駄に長いの!「ん?これはコヨーテの糞だな(手に取り臭いをかぐ)クンクン、いや?人間の糞かも…(ちぎって舐める)ペロリ、んっ!やっぱりこれは人間の糞だ!」みたいな…ひどい!最高!

続けてDVD『交響詩篇エウレカセブン:劇場版』観賞。おもしろかった…最初からスムーズに入り込めない荒さや稚拙さも感じたが、途切れぬ緊張感に引きずり込まれた。ミサイル飛び交うシーンは、板野サーカスや庵野原画リアルタイム世代の自分は勝手に反応して鳥肌立ってしまう。テレビシリーズのパラレルワールドとして描かれたこの劇場版だが、別キャラとして扱われる馴染みのキャラというのも面白かった。アネモネとかやけに深い…というか説得力ある役柄で、ちょっとホロリときた。

風呂済ませて2時頃就寝。

2010/03/26
朝7時起床、定時出社定時退社。マックスバリュでキュウリ1本20円のセールやってるとカッパの嫁が騒ぐので、帰宅後急いで出かける。もう夕方だから「売り切れてんだろうな…」くらいの気持ちだったが、キュウリ山積みだった。10本購入。そのまま向かいのカッパ寿司で夕飯。最近、南陽太助ばかり行ってるので、不満がつのるばかりであった。スーパーで酒の肴など見て、BOOKOFFで『不安の立像/諸星大二郎』『トモネン/大庭賢哉』『枇杷の木の下で/ユズキカズ』『芋虫/丸尾末広』『月の光(2巻)/marginal×竹谷州史』『よん&むー/伊藤潤二』購入。最近ハマってる諸星大二郎が手に入り嬉しい。帰宅後、歌入れを始めるがうまくゆかないうちに22時過ぎてしまったので断念…一戸建てでも、隣家が近いので深夜の歌入れは無理である。

晩酌しつつDVD『生きてこそ』観賞。冬のアンデス山脈に墜落した飛行機の乗客が生き延びるために悪戦苦闘するという、実際の出来事を元にした映画。ちょっとビビりながら見始めたが、ヘタなサスペンスやドラマ的味つけがなく閉鎖感と絶望に埋もれながらも生きてゆく人間の強さが描かれた良作であった。“死んだ仲間の肉を食べる”というショッキングな選択もストーリーの中で自然な流れとして扱われており、見てるこっちも食べてくれて正直ホッとしたりした。特典として入ってた実際の生存者インタビューも面白かった。実際に死体から肉を取る作業は仲良し従兄弟3名だけが終始担当して、他の人は誰の肉なのか知らされずに食べていたというエピソードが印象的だった。

3時頃就寝。

  


  


  


 
関連記事
  1. 2010/03/29(月) 20:20:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/813-e2789c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)