禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

However I'm running

去年秋、はてな匿名ダイアリーで偶然見かけた『運痴だけど走ってる』という日記を読み、とても感動した。短い文章だけどすごく長く濃く感じたし、画が鮮明に浮かびドキドキした。ボクも運痴な子供であった…体育の授業全般が不得意で、走って遅く、ジャンプして低く、クラスに必ず2~3人いる“先生もクラスメートも困ってしまうくらい何故か逆上がりできない生徒”であった。

不得意なので苦手ではあったが、体を動かすのが嫌いなわけではなかった…泳ぐのは好きだったし、ジャッキー・チェンが流行れば友達と公園で“修行”したし、大嫌いなマラソン大会も走りきってしまえば意外に気持ちいいというのも知っていた。なので…というわけではないが、高校を卒業し体育の授業が無くなってからもプロレスでいい試合を見て興奮すれば夜道をランニングし、マッチョな映画を見れば夜道をランニングしていた。30代が近づき太りはじめた時も「やばくなったらランニングすればいい」と思っていた。でも、10キロ20キロ太っちゃうと不思議と走れなくなるのよね…息はスグ切れるし、足首やヒザも痛くなる。「あれ?あれれ?」と思ってるうちに40歳になってしまった。

そんなボクが『運痴だけど走ってる』を読んで、ピン!とひらめいた。「これだ!これでランニングできる人間になれる」とさえ思った。ただ、ボクの場合そんな風に直感で確信しても的外れである事が多く、ジュンに協力を頼んでも最初は半信半疑で「とりあえず3日続けてみなよ」と冷たくあしらわれた。その時、ボクがひらめいたのは以下の3つ

 ・ウエアをちゃんとしたメーカーのもので一式新調する。
 ・ランニング(ウォーキング)の本を読み、正しいフォームを学ぶ。
 ・最低2ヶ月は、ウォーキングに徹する。

これを全部クリアすれば、自分は「ランニングできる人間になれる」と確信したのである。

んで、実際に歩きはじめウエアも揃えだした。iphoneのランニング管理アプリ『NIKE+』に興味があったので、スニーカーはNIKEのランニング用(NIKE+対応のもの)、ナイロンジャージ上下もNIKEでまとめ、飲料水のボトルが附属したウエストポーチも手に入れた。今まで何十年も、部屋着のジャージやらパーカーなど適当な服と普段から履いてるスニーカーで走ってたわけだけど、ちゃんと“それっぽい”格好で歩いてみると全然気持ちがちがった。疲れて仕事から帰った後に、どうせ汗をかくんだからと何日か着て汗くさくなったジャージを着て「走りたい」とは思えないけど、ちゃんとしたウエアを着て30分くらい歩くのは「悪くないんじゃない」と思えたし、音楽を聞きながら秋の冷たい空気を吸って歩くのは、いい気分転換になった。

正しいフォームで歩くというのも、思った通り“ただ何となくやってたウォーキング”とは全然ちがうという事を実感した。Amazonで適当に選んだランニング(ウォーキング)の本を手本に歩き始めたんだけど、最初の日はフォームを意識しながら700m歩いただけで、スネがギンギンに痛くなりそれ以上歩けなかった。それが、500m伸び1km伸び、2時間歩いてもへっちゃらという頃になると以前はプヨプヨだったフクラハギ全体が筋肉で固くなっていた。

歩き始めた時は、ナイロンジャージの内側には綿100%の長袖Tシャツやモモヒキを着用していたが、これが汗の吸収はいいんだけど乾きが悪いし汗を吸って重くなる。試しにと思って、たまたまその時期に手に入れたヒートテックを着てみたら、これが素晴しく汗を乾かしてくれる!綿100%の時は、1時間も歩くと汗が冷えて寒くてしょうがなかったのが全然平気になった。それまで、とにかくボクはアンチ化学繊維の綿100%信仰者だったんだけど、ここでヒートテックの素晴しさを実感してからはパジャマもヒートテックにした。そしたら、昔から季節の変わり目には寝汗が凄かったんだけど、それがピタッと納まってしまった。や、実際は寝汗をかいてるのかもしれないけど、熱気の時点でヒートテックが排出してくれるんだろうね…朝起きると綿100%のパンツだけがしっとりしてたりする。これには感動したなあ…

平日夜5kmばかり歩く時はポケットにiphoneだけ入れて、休日昼に10kmとか歩く時は飲料水のボトルが附属したウエストポーチにiphoneと小銭を入れている。ヘッドフォンは、コードのないBluetooth対応のものをAmazonで購入し使っている。耳元で音量を調節でき、そのままヘッドフォンだけで電話をとる事もできるので重宝している。最初は、iphoneの無料ランニング管理アプリをいくつか使ってみたが、どれもピンとはこなかったので、通販でNIKE+のセンサー単体を手に入れ『NIKE+』を使っている(ボクが調べた限り、山形のスポーツ用品店でiPod Sport Kitを取扱ってる店はあったけどNIKE+のセンサー単体を販売してる店は無かった)。いつも歩くコースは似たようなものなので(iphoneのランニング管理アプリの中には、地図上で走ったコースを表示してくれるものもある)、何分かけて何km歩いたかのデータを蓄積できればそれだけで充分なので、そこをシンプルに確認できる『NIKE+』で満足している。

結局11月中旬から歩きはじめ、雪の多い1月など2週間休んだりもしつつ『NIKE+』に残ってるデータだけで合計218km歩いている。ちなみに体重はほとんど変わらず…もともとダイエット方面の成果を求めてはじめたわけではないので「効果ないからモチベーション下がった」みたない事はないけど、ここまで(体重が)落ちないかね…と驚いてるのは事実。ただ、ジュン曰く「尻や背中の肉が変わって全体的にシャープになってきた」とのこと…自分でも顔が少し変わってきてるのはわかる。2月からは走りはじめているんだけど、やっぱ体が重いせいかうまく走るのは難しく現在も半分走って半分歩いて…という感じ。家が山の途中なので、どこへ行くにも坂道しかないというのも不利っちゃあ不利だけど、逆にこれをスイスイ走れるようになったら凄いぞオイ!という気持ちもある。なので、当面の目標は“家から往復5kmの距離を走りきること”です。

いま現在は、春夏用ウエアの事で結構頭いっぱい…ランニングの雑誌を眺めたりヤフオクをチェックしたり。もちろん走ることへのモチベーションも全然下がってない。きっかけになった『運痴だけど走ってる』の中の「8月になってすぐ、ランニングシューズを買いに行った。高い靴ではないが、なんだかすごく嬉しかった。僕がこんなものを買うときが来るなんて」という一節が今も脳裏に強く焼き付いてる。ボクもこんな風にスポーツウエアに興味を持つようになるとは思いもよらなかった。うまいこと物欲とスポーツに対するモヤモヤした気持ちが重なり、新しいページを開くことが出来たように感じている。

1~2月は、ホント路面凍結してる事が多くてヤキモキしたり、無理に歩きに出て滑って何度も転びそうになったし…自分が走ってなかった時は、車道を走るランナーに「何で歩道を走らないのだ?危ないなあ」と憤ったりしてたけど、歩道ってすっごい雪掃けが悪いのね。そんで車道は全然乾いてたりする…これじゃあ、車道を走りたくなっちゃうなあと理解できたりする。これから、暖かくなって毎日でも走れるようになるのかと思うと、ワクワクする…ていうか、まさに文字通り“走り出したいような気持ち”なのである。

DSC_0015.jpg

 
関連記事
  1. 2010/03/16(火) 21:21:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

“修行”しましたね。
私の場合は柳生一族と、ブルースリーがおもでした。

年を取ると自分のイメージしている体の動きやスピードと、
実際の体の動作とのギャップがどんどん広がっていくのが怖くなってきますね。

先週、裏のプールで真面目にバタ足したら、
1分くらいやっただけで半端じゃなく疲れました。 
10年前だと、会社帰りに週二回一時間泳いでとかだったんですが、
頭で考えているイメージとのギャップが広がりすぎです。


でも、
ここにいる限りは、太っていないように思えてしまうのがちょっと怖い。
  1. 2010/03/21(日) 00:42:27 |
  2. URL |
  3. 西瓜牛乳 #-
  4. [ 編集]

>西瓜牛乳さん
そうそう、ギャップが大きくなって
そのうちそれを「ま、しょうがねえか…」と思えるように
なってしまって…っていう怖いですね。
水泳、教則本買った方がいいですよ!
我々は、もう“なんとなく”でスポーツできる歳ではないのです。
教則本を…ポルトガル語の…
  1. 2010/03/23(火) 08:39:25 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/807-5aa9ccc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)