禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bubba Gump Shrimp Co.

R0011439.jpg

2010/03/03
7時起床、定時出社定時退社。仕事で久々に大きな失敗をしてしまい落ち込む。先週から今週にかけて忙し過ぎるんだよなあ…複数の仕事を同時進行すると集中力が弱くなるのは仕方な…いいわけするまい。夕飯を済ませ、早々とベッドに退散。最近、花魁方面から落語に興味を持ってくれたジュンと古典名作のDVDを見る。続けて、ボクがこの世で一番好きな映画『フォレスト・ガンプ』も…何べん見てもフォレストジュニアと初対面のシーンでは涙がこぼれる。見終えたら心が幾分かスッキリしていた。風呂に入って、1時頃就寝。

2010/03/04
7時起床、定時出社定時退社。昨日の仕事の失敗がまだ尾を引いていて、気分すぐれず。夕飯時にジュンに「しかめっ面はやめてくれ」と言われて少し口喧嘩。今日は『千と千尋の神隠し』を見た。もちろん見終わると気分転換完了でスッキリ。ワインを飲みながら「カオナシってきっとオタクがモチーフにあるよね。パソコンや携帯で“笑”とか“爆”と無表情で打ってるさまが仮面で、漫画やネットでつけた実体験のともなわない空虚な知識が手の平からこぼれ落ちる砂金。で、コミュニケーション能力が低く、傷つく事を恐れ、いったん切れると暴走する…しかし、根は優しい」そんな行き場のないオタクを銭婆の所に置いてやった宮崎駿の…と語ったりしたが、ジュンは「そう?」とノッてはくれなかった。風呂に入って、1時頃就寝。

 
関連記事
  1. 2010/03/05(金) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

コメント

フォレストの洋服コーディネートが、
茶系と青系という一途なこだわりが、
とても好きな映画です。
勿論、内容も大好きですよ。
アタシも落ち込むと(アタシも稀に落ち込みますけど(笑))
フォレスト&ショーシャンクの二本立てで気合い入れ直します。
  1. 2010/03/06(土) 00:30:32 |
  2. URL |
  3. セバ #4z42r8S6
  4. [ 編集]

>セバさん
『ショーシャンクの空に』、てっきり見たつもりで「はいはいアレね」とか思いつつ念のため検索してみたら全然見たことありませんでした。近いうちに見てみたいと思います。何となく素直にホロリとできる洋画ヒューマン系ってボク大好きなんですよね…フォレストも相当ベタですが、アイアムサムとかレナードの朝なんかも好きです。
  1. 2010/03/08(月) 12:11:06 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

とても興味深い考察です!全文聞いてみとうございます
  1. 2010/03/08(月) 21:47:10 |
  2. URL |
  3. チロル #dqep2qyw
  4. [ 編集]

確かに!レナードの朝、かなり名作ですよね。
最後は、個人的には哀しいんだけど、
薬の効能が効いていた一時を、どう捉えるかで、
激しくインパクトが違う映画かと。

好み的に、ツボが合いそうな禿生殿に、
是非「生きてこそ」をオススメしたい。
バリバリの洋画ヒューマン系で、且つ実話。
グロいという人もいれば、アタシは、強く生きる力がわく名作と思ってます。
  1. 2010/03/08(月) 23:04:36 |
  2. URL |
  3. セバ #4z42r8S6
  4. [ 編集]

>チロルさん
千尋のモデルは知り合いの娘さんで、完成したこの映画を見て両親は「しぐさから何からそっくりだ」と驚いたというのは、有名なエピソードですが、これは観察してたのが宮崎駿で作り上げた作品がこれだったから許される話で、何かひとつ視点を変えればロリコン的なものが露呈して「キモい」になりかねないと思うわけです。で、宮崎駿はカオナシに宮崎勤のような犯罪に走ってしまうロリコンを含めたオタクの姿を投影して、思いっきり暴走させた後、沼の底の銭婆のそばに置いてやった…これは、宮崎駿のロリコンを含めたオタクに対する愛憎混ざった感情の答えというか、幼女に対する愛情なり二次元異性に対する情欲は、殺されなければならないモンスターではなく、心の奥の『沼の底』にソッと置いてあげて…優しかったおばあちゃんへの思い出の隣にでも並べておくべきだと忠告というか、暗に示唆しているように思うんですよね。

みたいな事を語ってたと思います。もちろんすべてボクの妄想で、インタビュー記事なんかをちゃんと調べれば全然見当ちがいだったりする可能性大です。宮崎駿ってずっと宮崎勤のような犯罪に走ってしまうロリコンの事を意識してたと思うんですよね。それに対して、この作品でケリをつけたんじゃないかな?という気がしました。

>セバさん
「生きてこそ」、携帯にメモっておきました!すっごい面白そう!
  1. 2010/03/09(火) 16:44:21 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

いままで食べ物にしか反応していなかったんですが、
私もとうとうショーシャンク充填する必要が出てきました。
(いつもなら、マッドマックスと、ブルースブラザースで済ませているんですが…)


フォレスト&ショーシャンクと並べられて、やっとわかりました。

ニーチェの永劫回帰なんですね。
フォレストの日本語題が一期一会だったのも納得です。


頭の中がまとまってすっきりしました。
ありがとうございます。


今の状態、映画を見てもすっきりするかは別ですが…
  1. 2010/03/14(日) 10:46:09 |
  2. URL |
  3. 西瓜牛乳 #-
  4. [ 編集]

>西瓜牛乳さん
長いこと考え事してるような人間にとって、哲学ってある時突然答を与えてくれるようなトコあるよね。永劫回帰についてボクはそんなにしっかり理解してるわけではないけど、フォレストには東洋の輪廻感みたいのとはちがった、何かこう…アレが流れてる感じはある気がする。そんで、そこが永劫回帰と繋がるような感覚も何となくわかる。ダン小隊長のエピソードなんかもそういう事を含め考えると、“自分の運命を受け入れる”という行為も1パターンではないという、自分の人生の選択肢を絞る事によって人生が広がるような、そういった人間の面白さみたいのが見えてくる気がしたりして楽しい。
  1. 2010/03/16(火) 14:43:26 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/802-e2c61a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad