禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SUNRISE

20091206_2.jpg

「ゲボとウンコを同時にすると、体内が真空になって爆発死する」誰かが言ったそんな冗談を信じてたわけではないが、実際にゲボとウンコが同時に出た時には、カッと血の昇った頭のどこかで冷静な自分がその事を思い出し、少しドキッとした。あれは12年前、JR船橋駅の男子便所個室での事だった…朝まで新小岩の居酒屋で呑んでいたボクはラッシュアワーの真只中、下った便を排出しつつ突如こみ上げてきた吐き気にもんどりをうち、和式便器の後方ギリギリ前方ギリギリを正確に測りつつ「ゴポッ」とゲル状のゲボを産み落とした。まさに、ゲロゲリゲゲゲといった趣きあり…尻を拭き、個室を出ると順番待ちしていたオヤジが血走った眼のボクに一瞬ギョッとし、しかし小走りで便器へと急ぎスレ違った。

そのまま駅を出て、通勤通学の人波を逆流しながらフラフラと歩き…そして歩道のド真ん中にひざまづくと「オオオオオッオオッオオーーーーッ」とシャウトしながらのゲボ。意外に軽蔑の眼差しや驚きの表情になる人は少なく、皆視線の隅にボクの事をとらえつつもあくまで機械的にスッとよけ、当然振り返る事もなく駅へと会社へと向かう波は途切れない。ボクは真空の脳味噌で立ち上がり、眩しい朝日に向かってフラフラと歩きだした。プロのゲボ吐きニストとして華々しく全米デビューする僅か2ヶ月前の話である…

 
関連記事
  1. 2009/12/08(火) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

いつも更新を楽しみに、読まさせて頂いております。
が、公共とされる場所の吐しゃ物は本当に迷惑且つ嫌なものです。
ご自身できちんと事後の処理をなさっているのなら申し訳ありません。
が、そうでないのなら武勇伝の如く語られるのは如何なものかと思うのですが。
  1. 2009/12/11(金) 16:02:55 |
  2. URL |
  3. はしか #-
  4. [ 編集]

>はしかさん
武勇伝という意識はありません。情けない話だな…と思いながら書いております。個人的には、「女に振られて…」とか「一升瓶を3本飲んで」とかいうエピソードが前につくと武勇伝ぽくなるんじゃないかな?という気がしますが…唐突にウンコやゲボしてるだけの文章が武勇伝になりうるのか?興味深い気がするようなしないような(しません。
  1. 2009/12/12(土) 16:44:14 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/752-4459f11a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)