禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Catch the feces!

mochikun.jpg

眠りにつく前のひと時…真っ暗な寝室の天井を見上げながら夫婦でウンコをした。ああちがう、ウンコの話をした。語ってて結構盛り上がったのは、ウンコの形容詞をグルメっぽい表現にするとグッと気持ち悪いという遊び。

例えば「密度しっかり、シルキーな食感のしっとりウンコ」「トロットロに煮込んであり、濃厚な出汁に溶けてしまいそうなふんわりウンコ」そんな会話の中、「外側サクサクで、中トロ~リのとろふわウンコ」という表現に、昔ホントにそんなウンコを掴んだ事のある友達の話を思い出した。

小学生の時に公園で遊んでて見つけたカリカリに乾燥した犬のウンコ、これなら“摘んでも指につかないから汚くない”という子供ならではのルールの下、摘んで皆を追い掛け回す遊びが一時期流行ったそうな。でも、そんな悪戯が廃れたのはまさに表面だけ乾燥した「外側サクサクで、中トロ~リのとろふわウンコ」!持ち上げた途端に中身が文字通りトロ~リとあふれ、以降その遊びは“あまりに危険過ぎる”との事で封印されたそうだ。

「ウンコの話をしていたはずが、懐かしい思い出で胸がいっぱい…いや、ウンコだけにオムツがいっぱいか」「いや~ね、アナタったら」「あはははは」「うふふふふ」

夢の中でとろふわウンコを掴んだ気がした

 
関連記事
  1. 2009/12/02(水) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/748-3892bfe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad