禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

If you can touch it, you can catch it!

akiaozora.jpg

山形自主制作映像祭、なかなかオモシロかった。流れてる作品自体はつまらないんだけど、短編作品が連続して上映されてるので「次はオモシロイかも?」「次は知り合いが関わってるから…」と耐えて観てるうちに何だか妙な浮遊感を味わえるという…そういう意味でオモシロかった。

小林さんをはじめ半田くんや広一くん、てっちゃん、つよくん、実行委員会のメンバーのほとんどが自分の作品を撮り、会場に足を運んでくれた観客がどんな反応をしてくれるかと目をギラつかせていたのが、ほんの2~3年前だとは感慨深い。打ち上げで『大仕事を終えた』と満面の笑みで乾杯したみんなに、感想を語るボクも興奮したものだ。今年も打ち上げに誘われたが、丁重にお断りした。だって、打ち上げで何語るってんだろ?あのジジババの“おゆうぎ”についてか?タイトルまわりとスタッフロールの長さばかりが鼻につく作品の悪口か?

「また、みんな撮りなよ~」と軽々しく言うつもりはないけど、じんわりと残念…残念な今年の山形自主制作映像祭であった。

 
関連記事
  1. 2009/11/26(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

自主映画、劇場映画問わず
最近思うのが

へたな映画より
現実の方がよっぽどリアルに映画だぜってこと

だからなんだか作品作りにも躊躇してしまうんだな

グチャグチャな映像祭がやりてーなー

劇団やってる高校生とかにカメラ渡して
1本撮ってこい!とか言って変なの作らせてさ


今回一番笑ったのは

毎年2Fの上映室でミツオクンと作品に文句つけながら
鑑賞するんだけど
今年、俺より早く、スタッフでもないミツオクンが
上映室でお菓子持参で俺を待ってたことかな。

  1. 2009/11/28(土) 21:29:56 |
  2. URL |
  3. はんだ #-
  4. [ 編集]

>はんださん
実行委員会の皆様には悪いが、好き勝手な事を書かせてもらったぜ。

お菓子食べながら文句つけながら見るのは最高だろうな~それは大正解!何時間もジッとイスに座って「へんなトコで笑ったりしたら関係者が気を悪くするだろうな…」とか考えながら見続けるのは非常に苦しいものだよ。

グチャグチャな映画祭、ぜひやって欲しいです!
  1. 2009/11/30(月) 16:33:22 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/745-b6ee1f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)