禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

センチメンタリズムの宿

R0014316.jpg

米沢・白布温泉の西屋という温泉旅館に行ってきた。東京から妻の妹家族が来るというので、皆で行って喜んでもらえる場所を…と色々探してる中で、妙にネットで評判が良かったのが気になったのと、以前夕方のTVでポチくんが入浴していて後から「あの温泉良かったっけ~」と褒めてたのが記憶にあったのだ。んで、実際行ってみたらスゴク良かったという…ぶっちゃけ自慢日記です。

R0014291.jpg

茅葺き屋根の木造2階建て、現在の場所で営業をはじめて270年という昔ながらの湯治宿の雰囲気たっぷりな温泉旅館。とにかく古いが、清掃が行き届いており清潔感がある。館内廊下は全面籐のござ敷きで、裸足でヒタヒタ歩くと気持ちいい!

R0014276.jpg

中庭を囲むようにグルリと建物があるので、ザ・古民家!って感じの外観を館内から堪能できる。板壁の感じとか、ゆがんだガラスとか思わず昔の母の実家を思い出した…懐かしいなあ。

R0014270.jpg

以前は、西屋以外にもこの界隈に数軒茅葺き屋根の宿が数軒あったらしいが、どこも焼失してしまい現存しているのは西屋1軒のみ。よって、防火対策を理由に各部屋・食堂が禁煙になっている。喫煙者で、しかも酒が入るとタバコの量がグッと増える我々にはチト辛いかな?という危惧があったのだが、館内に10ヶ所ある喫煙所がなかなか雰囲気あっていいんだ…

R0014226.jpg

昼間はこうしてほど良く外光が入り、夜は橙色の電灯の優しい光が酔った心にスッと風を入れてくれる。他に、大きめの本棚がしつらえてある喫煙所もあった。部屋や衣類もヤニ臭くならないし、思った以上に快適!

そして、何よりここは温泉!お湯がいいのです!

R0014240.jpg

すごい量の湯がドドッと流れ込み、うたせ湯になっている。かすかに硫黄の香りがあるが無色透明で、湯船には湯の花がフワフワとたくさん漂っている。

R0014244.jpg

一枚岩から削り出したという御影石の湯舟は、何百年も温泉に晒されるうちに漆黒になったらしい。現代の大浴場とはちがい手狭だし、シャワーやカランすら無いけど逆につげ義春の漫画にでも出てきそうな雰囲気があって、なんか…いい感じ。

R0014247.jpg

手前が湯舟。奥は源泉が直接流れ込んでる湯桶、ひとりくらい入れる広さだけどメチャメチャ熱い!や、ギリギリ入れる熱さではあるけど…

R0014254.jpg

湯舟から溢れ出た湯は、ザーザーと風呂場の外へと流れてゆき…渡り廊下を越えて、中庭脇の用水路へと流れている。

R0014227.jpg

風呂場の写真を撮りながら「nagaokaさんなら、この浴場をどんなにか雰囲気たっぷりに撮影するんだろうな~」と何度唸った事か…いくら広角に強いカメラであっても、こういう狭い場所を雰囲気が伝わるようどう切り取るかってのは、センスがでちゃうとこなんだなぁ

んで、料理もなかなか

R0014108.jpg

山菜や川魚、地のものが中心の懐石料理。若者にはちょっと物足りないかもしれないし、年寄りにはちょっとボリュームあり過ぎかもしれないけど、自分達のような中年男女にはちょうどピッタリ。日本酒をチビチビやりながらつまむのに最高!どれも手がかかっていて美味しかった!

R0014138.jpg

朝飯も彩り鮮やかで、実に食欲をそそられたんだけど…妙にゴハンがすすまなかったなあ。たぶん、味付けかなり薄めだったからだと思うんだけど、普通これだけあったら間違いなくお代わりするであろうオカズ量にも関わらず、一膳食べきれなかった。

R0014217.jpg

ちなみに各部屋には、洗面所・トイレがない。これも利用前は「不便だろうな」と思ってたけど、全然平気だったな…特に洗面所は温泉がかけ流しになっていて、いい感じ。トイレも和式と洋式ウオッシュレット便座両方あって好印象。

R0014257.jpg

最後に、ちょっと残念に思った事も…ボクらが泊った部屋がかなりカビ臭かった!妹家族の部屋はそうでもなかったので、当たりハズレがあるのだろう。古い建物なので仕方ないといえば仕方ないが、かなり臭かった!あと、やはりこれも古い建物なので…というアレだが、2階の部屋の足音がかなりダイレクトに聞こえるので、子供連れや朝早く行動するお客さんが上の部屋にいたりするとかなり響くであろう。朝食前も部屋が調理場に近かったので、従業員の方たちのおしゃべりがかなり賑やかで、早い時間に目が覚めてしまった。朝食ギリギリまで寝ていたいとか、朝食後に「もうひと寝するのが楽しみ」という人は、かなり運不運に左右されるであろう事を覚悟しておく必要がある。

でも、そういったトコも含め満足できる宿であった。今度は、紅葉の時期にでも実家の両親を連れてきたいなと思ってる。ホント、いい宿を見つけた!

R0014310.jpg

 
関連記事
  1. 2009/08/10(月) 19:19:19|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

コメント

良いですねぇ!

西屋ですかぁ、良いですねぇ。
僕は風呂に入りに行った事しかないです。
中屋、東屋が火事になった時は
心配で見に行きました。(野次馬?)

今は大河で賑やかですよね。
白布は直江が鉄砲を作らせてた所。
旬な場所ですね(笑)

残念に思って所は臭いは年期、
賑やか加減は当時の雰囲気、
って感じじゃないですかね?
(スタッフのスキルもあると思いますが)

最終的に言いたいのは

羨ましい限りです!

長文すいません。

  1. 2009/08/11(火) 00:41:24 |
  2. URL |
  3. エルニ #SFo5/nok
  4. [ 編集]

これこれ…

nagaokaです。
なーにプレッシャー掛けてるんですか!(笑)
「実は以前に撮影してるんですが、ただちょっとワケあって公開する機会を逸しており、この際だからそろそろ蔵出ししてもいいかなぁ」なんて、もし仮に万一思ったとしても、やりづらいじゃないですかー(爆)
  1. 2009/08/11(火) 02:36:17 |
  2. URL |
  3. フロム*ヤマガタ #YghsdqYw
  4. [ 編集]

>エルニさん
風呂入ったなら充分かと!いい温泉ですよね~火事になった時を知ってるとはスゴイ!さすが、地元民!

>nagaokaさん
いや、ホントに撮りながら「nagaokaさんならどう撮るだろう?」と考えながらシャッター押してたんですけど、ダメでしたね。最初、夜の(浴室の)雰囲気が良くて撮ったんですけど、全然うまく納まらなくて「きっと酔ってるからダメなんだな…」と思い、翌朝再チャレンジしたのが上の写真なんですけど、やはり湯舟がちゃんと入ってないんですよね…風呂なんだから湯が写らなくてどうする?って感じなんですけど、色々入れたくなっちゃって逆に伝わらない写真になっちゃってるんですよね…というわけで、蔵出し楽しみに待っております!
  1. 2009/08/11(火) 16:49:31 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

nagaokaです。

出しました(笑)
  1. 2009/09/25(金) 04:41:23 |
  2. URL |
  3. フロム*ヤマガタ #YghsdqYw
  4. [ 編集]

>nagaokaさん

感動しました(涙)
  1. 2009/09/28(月) 16:39:09 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/714-0a030014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白布温泉 西屋

建築写真撮影 m.AP:白布温泉 西屋 白布温泉の老舗温泉旅館 湯滝の...
  1. 2009/09/25(金) 04:48:54 |
  2. FROM*YAMAGATA

FC2Ad