禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あとからくる

ssy1.jpg

『深夜食堂』安倍夜郎著/小学館刊

ビックコミックオリジナルを読むのは、きまってスーパー銭湯のロビーだ。妻と待ち合わせた時間より10分ばかり早くあがり、お気に入りの漫画をいくつか読むのが小さな楽しみになっている。蔵人、岳、あじさいの唄と浮浪雲あたりに目を通し、最後「そろそろ妻が出てきちゃうな」というタイミングで、毎回10ページ程と短くサッと読み終えられる『深夜食堂』で締めるという寸法だ。

繁華街の片隅で、深夜だけ営業している小さな“めしや”。決まったメニューは豚汁定食とビール・日本酒・焼酎のみで、後はお客のリクエストとその日の仕入れでマスターが作れるものを作って出す…という、そんな店が舞台のサラリとした感触の人情話である。多くのグルメ系漫画と同じく、毎回何かしらキーワードになる料理が登場するので、サウナあがりの「帰ったら晩酌だ!」というノドもお腹も空っぽな自分には辛い…かというと、そうでもない。『深夜食堂』の料理は、変に胃袋を刺激しない…というか、乱暴に言えば「食欲が湧かない」のだ。

ストリーテラーであるマスターがいつも冷静であるからか作品全体に妙な落ち着きがあり、料理も唾液がブワーッと出るような刺激がないし、人情話も思わず涙がこぼれる程のインパクトがあるわけでは無い…と書くと「じゃあ、つまらないの?」って話になっちゃうわけなんだけど、もちろんそういうわけはなく、これが不思議と後から来るんだな。「さあ、早く帰ってビールだ!ビール!」と車を走らせていると、さっき読んだ『深夜食堂』のオニオンリングが、うるめいわしが…まるで、さっき実際自分が食べてたかのように食感が蘇り「食べたい」という気持ちが、水たまりに落としたインクのようにフワーッと広がって消せなくなる。そんで、閉店間際のスーパーに駈け込み「オニオンリングに近いもの…近いもの…」なんつって、串カツ(玉ネギ入ってるからね)とかフライドポテトを買っちゃったりした事が何度あったか!

後からくるってのは不思議なもんで、ストーリーの方も泣いたりした記憶がない割に妙に心に残ってる。こうして、単行本でまとめて読むと「あ~はいはい、このエピソード懐かしいなあ」などと、ほとんど覚えてる事に驚く。ゴクリとノドが鳴る食事の描写や料理ウンチクが無く、心乱すようなドラマも起こらないけど心の中にしっかりと根をはられてしまう…そんなグルメ漫画がひとつくらいあったっていいと思う。

ssy2.jpg

常連で大食漢のまゆみちゃん。深夜2時過ぎに、飼い犬であるブルドッグの散歩がてらビールを飲みに来る。おでんが大好物。その食いっぷりにはファンも少なくない。

ssy3.jpg

うるめいわしが物語のキーワードだが、味については「旨いっスよね、ここのうるめ」のたった一言しか語られない。でも、不思議と読んで30分後にジワジワとうるめが食べたくなる。

ssy4.jpg

喫茶店でビールというシュチュエーションにグッとくるのは、世代的なものなのだろうか?と考える事がある。松田優作をはじめ、ワイルドな男ってのはどこでもビールを飲むし、いつでもタバコを吸うというイメージが脳に染みついてる…というのは、嫌煙社会に馴染んだ最近の男子には無い感覚かもしれない。

ssy5.jpg

こうして見ると、常連が皆ブサイクというのも魅力の一因かもしれない。2次元でも3次元でも美男美女ばかり出てくる作品というのは、それだけでつい冷めた目で見てしまう。ピンクの髪の美少女は許せないが、目の離れたデブ女性は漫画を2割増しでおもしろくしている気がする。

  

 
関連記事
  1. 2009/08/09(日) 00:00:00|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

いい~

これもうじき新刊でますね!
じんわりくる本ですよね。
食いしん坊なんで食べ物マンガよく読みますがこれは作りたいとかよりこんな食堂実際にあったら面白いなー行ってみたいなと思って読んでます。
  1. 2009/08/09(日) 21:31:56 |
  2. URL |
  3. えびのにぎり #-
  4. [ 編集]

>えびのにぎりさん
おおっ、新刊でるとは知りませんでした!長く店主ひとりでやってるような居酒屋のマスターって、何か妙に達観したようなトコあったりして、そういう雰囲気がすごくいい感じで出てる漫画ですよね~
  1. 2009/08/10(月) 14:04:32 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

読みましたっ
とっても面白いです。
これ 秋に小林薫さん主演でドラマ化されるそうですねぇ~
いまから楽しみです。
新刊も早く読みたいです。
久しぶりにヒットした作品でしたぁ~
ありがとぉ~~ございます。
  1. 2009/08/27(木) 22:54:56 |
  2. URL |
  3. てんやわんや #o/PXu/q6
  4. [ 編集]

>てんやわんやさん
そうですか、面白かったですか~良かったです!ドラマ化の話、知りませんでした~びっくり!あの雰囲気でるんだろうか…ちょっと心配。でも、ドラマはドラマだと割り切って見れば楽しめるはず… 小林薫のマスターは良さげですね!
  1. 2009/08/30(日) 22:43:38 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/713-d957b06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)