禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

joining one's hands in prayer

taiyo2.jpg

山田辰夫さんが、お亡くなりになりましたね。今夏は何だか…忌野清志郎、三沢光晴、金田伊功、マイケルにTMGEアベ...と急なお別れが続く年で、喪失感を脳味噌が消化できぬまま揺すぶられているような感覚を覚えます。ボクも40代とエエ歳なので、マイフェイバリットの皆様も当然お年を召されてきてるわけではありますが、にしても…こんなに続くもの?この先ずっと?それとも、皆既日食の影響とか?

山田辰夫といえば、ボクにとっては吉川晃司主演映画3部作での印象が強くて…あの、トッポくて、凄みがあるんだけど情けないっていう、チンピラの条件を完璧に満たしているかのような存在感!あの「見ちゃいけないものを見てしまった…」みたいな存在が、ある意味“単なるアイドル映画”になるかもしれなかった3部作に深みを与えていたように思う。そんで、山田辰夫はそのままのキャラクターを貫き(それしか出来なかったのかもしれないし、それを望まれていたのかもしれないが)、近作『おくりびと』ではもう【どこに出しても恥ずかしくない山田辰夫】を完璧に演じきっていたので、ここからクルんじゃないかな?と、色んな映画に呼ばれて「あれ?最近ずいぶん山田辰夫見かけるなあ…」っていう、寺島進や大杉漣みたいな存在になるんじゃないかしら?なんて、思っていたので残念…いや、そんなとこが山田辰夫らしいといえばらしいのかもしれないけど…

とりあえず、これをきっかけに未だDVD化されていない吉川晃司主演映画3部作が販売される事を願ってやみません。もう一度、観たい!合掌

 
関連記事
  1. 2009/07/28(火) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

忌野様にマイケル。本日は川村カオリさんがお亡くなりになって、今年なんだろう・・・何かおかしくないか?ともやもやしてます。

山田辰夫さん、かっこよかったですよねえ。あの声・・・。
切ねえ・・・。
  1. 2009/07/29(水) 02:45:15 |
  2. URL |
  3. kei #-
  4. [ 編集]

そうか。
どうりで見たことある名前だと思った。
もうそんな歳なんだ。わたしらも。
  1. 2009/07/29(水) 07:42:27 |
  2. URL |
  3. のいなあ #-
  4. [ 編集]

>keiさん
そうそう、あの声が最高なんだよね…
卑弥呼が死んだ時は2年続けて皆既日食だったらしいじゃない。だから、きっと何かあるのよ…太陽光線のアレで、体内のリンパの流れを微弱に狂ったりするのよ。

>のいなあさん
そんな歳なんですよ、きっと…若い人達は知らなくても、我々は「ええっ、あの人が!」って思うような方達が、季節の変わり目にパタパタと…
  1. 2009/07/30(木) 12:00:52 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/709-d9857e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)