禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Restroom in Vietnam

先週末、チェリージャンボリーの打ち合わせ飲み会に行ったら「あ、あれ?禿生さん、旅行から…あれ?帰ってきてたんですか?」と驚かれたので、「えっ?とっくに帰ってきてるけど…何で?」って聞いたら、今回の旅日記をリアルタイムだと思って読んでくれてたみたいで、「ああ、あれもう一月前だよ~」なんつって、考えてみたら何月何日って書いてないから、誤解を招いてしまったわけでした。スマンスマン

あやさんがデイリーポータルZでベトナムネタ『お茶を愛でながら鳥をのむ、ベトナムの朝』を書いてるので、どうぞご覧あれ。ちょうど我々はこの時、市場に行ってたので鳥オヤジ達を見てはいないのですが、華僑のオヤジ達はこういう早朝の公園で小鳥品評とかスズムシ品評とか好きですよね…

そんで、今日はですね…旅行記本編では、食べ物の写真が多くて並べにくかったベトナムのトイレの写真が何枚かあるんで、こちらに番外編として並べさせていただきます。

R0012520.jpg

まずはこちら。一見何の変哲もないトイレに見えるけど、まずトイレットペーパーの位置が「あれ、何でこんなとこにつけちゃった?」でしょ。壁に穴開けて配管呼んできてるのにそのまま塞がれてるパイプとかあるし、そしてこれは日本であまり見かけないスタイルだってだけだけど、水を流すコックがタンク上部についてるのよ…銀色にチラッと見えるのがそうなんですけどね。あと、タイもそうだけどベトナムのトイレも基本的にトイレットペーパーを便器に捨ててはダメ。備え付けのゴミ箱に捨てるべし!意外と無意識で、便器にポイしちゃって「しまった!」て事があるくらい日本人にとっては日常の習慣になってるけど、下水管が詰まる原因になるので御法度とのこと。

R0012513.jpg

こっちもトイレットペーパーの位置がギリギリ座ったままじゃ届かない位置にある。手前の蛇口は原始式ウオッシュレットとして使うためなんだろうけど、微妙だよね…立ったまま利用するんだろうけど、ズボンから靴・ソックス全部脱いで使うのかな?そんで、ビショビショになった下半身はどうやって乾かすんだろう…不思議。そんで、タンクの蓋がベニヤなの…多分もともとあった陶器の蓋が割れちゃったかなんかして、代用として取り付けたんだろうけど水を流そうとコックをひねると、このベニヤに何か内部構造が当たるらしくガコンて持ち上がるの。

R0012555.jpg

ここは、まあ普通の和式便所なわけなんだけど、ゴミ箱がさあ…ゴミ箱の位置がうまくないよね…さっき書いたように、尻拭いた紙は一応全部ゴミ箱に入れるべきなので、他人が尻拭いた紙が入ってるわけですよ…んで、ここにしゃがむってえと、まさに鼻っ面にくるわけなんだな…イヤだよな。でも、これでどんなに臭いの?って言うと、これが不思議と全然臭くないんだな。何でだろ?市場とかだと、このスタイルのトイレが結構多かったんだけど「うわっ、臭え!」っていう事なかったし…とはいってもスーハーするような勇気は無いので、息止め気味での呼吸でですけど

R0012457.jpg

ここは、便器どうこうじゃなくで個室のドアにドカンと窓…というか穴が開いてる。使用中かそうでないか、鍵どうこうで確認するんじゃなくて「あ、入ってるな」て黙視で判断するっていう分りやすいスタイル。そして、どこか押せば水がガシャーッと出て来るようなトイレではなく、用を足して個室を出ると“便所係”のお兄さんが、手桶の水をザバッと便器にぶち込んでくれる…そうすると、大なり小なりは流れてゆく…という、あるんだねえ…一日中ウンコ流す仕事って。すごく…何ていうか、「ボクのウンコ流してくれてありがとう」っていう心からの感謝と、「おまえ一日中ウンコ流してんの?」っていう幼稚な差別心みたいなのがない交ぜになった複雑な気持ちでしたね。

そんで、女子トイレから出てきた妻に「いま、トイレでさあトイレでさあ」って話そうとしたら、女子トイレの方が凄かったという…旅行記2日目の、個室に入らずそこらの床で女子が小便しまくるトイレだったわけなんですけどね。あやさんが「手桶でビシャーってやった時に、あたしの足にかかったからきっと誰かのオシッコかかってるよ…」って暗い目で、自分のサンダルを見つめてたのが印象的でした。入る時に1,000VND(6円)取られる有料トイレなんですけどね。

こんだけ書いててアレだけど、ベトナムのトイレは随分清潔だったなあ…どこも、床や壁がタイルで毎日水をガッシャガッシャぶっかけて掃除してる感じで、日本の駅トイレみたいなアンモニア臭が染み付いてるような事が無いよう思った。上記のトイレなんか“便所係”がいて常に便器に水をぶっかけてくれてるわけだから、当然ながらウンコがはみだしてるような事も極稀だろうし、風通しもいいとこが多かったし…2枚目の写真は観光客なんて来ないようなお寺のトイレなんだけど、全然臭くないんだよね、床ビショビショだったけどさ。まあ、ホー・チミンに2日ばかしいただけの旅行者の印象ですが、ハード便所ユーザーとしては意外に快適なベトナムのトイレでございました。以上

 
関連記事
  1. 2009/07/16(木) 17:17:17|
  2. タイ仕入れ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

『お茶を愛でながら鳥をのむ、ベトナムの朝』・・・
わ、わざとですか?笑
すごい光景を想像してしまいました!
  1. 2009/07/17(金) 22:02:03 |
  2. URL |
  3. P #74WU3Slc
  4. [ 編集]

>Pさん
もちろんワザとでございます!
ていうか、ツッコンでいただいてありがとうございます~
  1. 2009/07/19(日) 09:06:19 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/705-d455effb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad