禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイ&ベトナム仕入れ旅:4日目

R0012745.jpg

 
ベトナムに泊った最初の朝方、妻と仕入れ中にケンカして「勝手にしろ!」とキレてひとり別行動するという夢を見た。目を覚まし「今回の旅では妻に優しくしよう…」と胸に誓ったのだが、こんな未来が待っていたとは…昨日いがみあった事を思い出し、胸が痛んだ。妻は深夜~朝にかけて何度かトイレに籠っていた…「大丈夫か?」とたずねると、力無く「全部出ちゃった」と笑う。「こんな時の為に保険入ってるんだから、病院に行ってみないか?」と提案したが、ベトナムでほとんど仕入れできてない事も含めバンコクでのスケジュールはギッシリだったので、話し合った結果「もう少し、様子を見よう」という事になった。

朝9時起床、1階レストランで食事。去年に比べ随分客が少ない印象…今の時間は一番混むはずなのに、やはり新型インフルの影響で客が減ってるのか?以前と違い、ビュッフェに並ぶ料理に蓋がされており保温状態が良く、カウンターを仕切るおばちゃんが客の動きに目を光らせ、オムレツや目玉焼きは常に造りたてを手渡してくれるようになっていた。いい傾向だ。味もちょっと良くなった気がする。

R0012738.jpg

以前は、ビュッフェという事で朝からガッツリ食べていたが、最近はこんなパターンが多い。野菜とハムと玉子を挟み込んだサンドイッチとカフェオレ。これプラス、味噌汁は必ず飲む…おいしくはないが、気持ちが落ち着く。

R0012734.jpg

腹を壊している妻は、おかゆと味噌汁のみ…かわいそうに

部屋で身支度を整え気合いを入れ、ゲンちゃん達とホテルを出る。今日は、デイリーポータルZであやさんが『リアルタイからリアルタイム更新』を行う日だったので、彼等は彼等で気合いが入っている。徒歩でヤワラー(チャイナタウン)へと向かう。

R0012759.jpg

大通りから路地裏に入る。相変わらずギリギリの道をバイクが無理矢理走ってゆくが、皆なんとなく笑顔になり「やっぱ、タイだね」「落ち着くね」と浮かれ気味。

R0012763.jpg

雑貨問屋がズラリと立ち並ぶ通りに入ると、それまで虚ろだった妻の目に光りが灯る。勝手知ったる何とかで、目に着いた商品をどんどん手に取っては商談を勧めてゆく。可愛らしかったり可笑しかったりして、もちろん安くて、ダイソーやシマムラでは売ってない商品!ボクが「コレよくない?」と差し出す商品は、10個中7個は妻に「そんなの可愛くないよ…オトウヤンはどっかずれてるんだよな~」とダメ出しを食らうが、それでも懲りずに「コレよくない?」と繰り返す。無駄な事のようだが、ひとりで来て自分の好きな物だけを仕入れてくのとはちがう、ソレいいじゃんソレひどいねの応酬の結果が、毛玉工房の商品の色になっていると思う。かれこれ今回で10回目になるバンコク仕入れ、これまでも、そしてこれからもこのスタイルでやって行けたらと思う。

R0012783.jpg

バンコクにいる間は、お腹下り気味のボク的には“脳内トイレMAP”が出来てるのだが、ヤワラーは一番「使える」トイレが少ない場所なのだな…2度程、妻が「うっ!ト、トイレ…」となった。1度目は「これだけデカいビルならトイレあるべ」というビルのエレベーターに乗り、1階づつ上に昇ってみたが、3階以降は人の家っぽかったり倉庫っぽかったりで、5階以降はコンクリート剥き出しの…改装中?それとも、このビルが建築中?みたいな感じで、話しにならなかった。2度目は、買い物した露店のお姉ちゃんに「ここらにトイレない?」と聞いて教わったのだが、言われた先にお姉ちゃんが言ってたようなデパートはなく断念…やっとの事で、以前トイレを借りたシール屋にたどり着いた時は、嬉しかったなあ…走って駈け込む妻の後姿が走馬灯のように浮かんでくるぜ。あったら嫌だけどな…そんな走馬灯

R0012789.jpg

仕入れが進むに従って、ボクだけじゃ持ち切れなくなった荷物をゲンちゃんへ…さらに持ち切れなくなると、あやさんへ…とお願いする。あやさんは「色々食べてガンガン更新したい」と言っていたので、我々もいつものように色々食べて取材に協力したいのだが、食べると全部出ちゃう星人がいるので協力できず…本当にゴメンなさい。

R0012806.jpg

いつも、ヤワラーに来た時には仕入れの終点と決めてるデパートに到着したのが14時頃。まずはフードコートで腰を降ろし、妻には消化良さそうな麺を食わせ、自分はまたしてもカレーを食べつつビールを飲んだ。

R0012835.jpg

R0012839.jpg

R0012840.jpg

そうしてる間にも、妻はトイレに行ったり来たり…おっと、カレーの写真の直後にトイレの話を繋げたのは気にしないでくれ。食事の後は、1時間の足マッサージを堪能し、タクシーでホテルに戻った。

今夜は、地下鉄で猫トイレの食堂に行こうと昨日から約束していたので、ひと休みしたら出ようとゲンちゃん達に告げてとりあえず部屋に戻る…シャワーを浴びサッパリして「さあ、行くか!」というタイミングになっても、妻はベッドから動けず…お腹が痛いと言う。あやさん達の部屋に内線をかけ、1時間待ってもらい、30分待ってもらい、最後は「ゴメン、2人で行ってくれ」と頭を下げた。「大丈夫、こっちが2人で更新頑張るからお大事にね!」と気使ってくれた2人に感謝。妻は「あたしは部屋で待ってるから、オトウヤンは行ってきて」と言ってくれたが、具合悪い妻をひとり残して「アレはアレ、コレはコレ」と割り切って美味しいビールを飲める程、自立してる夫ではないので断った。

横になり、TVを見ながら「さて、どうしよう?」とベッド内作戦会議。とりあえずお腹は空いてるのだが、何か食べると腹痛がきて全部出てしまうとの事…ルームサービスでおかゆでも頼むか?と提案するが、ルームサービスは高いから嫌だと言う。コンビニか屋台でボクが買い物してくるという手もあるが、ホテルの近くなら食べに行きたい気持ちがあるとの事だったので、お腹が落ち着いた頃を見計らって、確か以前レストランを見かけた方向へテクテク…しかし、結局見つけられず反対車線に渡って駅方向へフラフラ…遅い時間という事もあって、お店はどこも閉まり店員は奥でTVドラマを見てるようだった。

結局、駅前の去年リスを披露してくれた店員さんのいる屋台で食事。妻はおかゆ、ボクは鶏ショウガ炒め飯とナムトックでビールを1本だけ飲んだ。「あ~あ、せっかくタイに来たのに、タイっぽいもの何も食べれてないよ…」妻が寂しそうにつぶやく。

R0012844.jpg

R0012852.jpg

R0012846.jpg

R0012851.jpg

会計を済ませて席を立つと、妻の手をとりホテルまでの道のりをゆっくり歩いた。信号待ちで立ち止まり、空を見上げると湿気と排気ガスで高いビルの上層階が霞み、その上に浮かぶ小さな月もボンヤリと頼り無げに見えた…旅行が金で時間を買ってる行為だとしたら、いま我々は零れ落ちる小銭をドブに落としてるんだろうか?少し考えてみたが、もったいない気持ちにはならなかった。楽しくはない、悲しくもない…ただ、こうして2人で手をつないでいられる“今”に損なんてないと確信できた。嬉しかった。

 
関連記事
  1. 2009/07/09(木) 23:23:23|
  2. タイ仕入れ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

いい締めですね。

トイレにダッシュで駆け込んでいく異性はナンか愛しく思えますね。僕にも走馬燈があるかもしれません。

高速のPAまで繋がった渋滞の緩い登り坂を、車を降りて走っていく元彼女の姿が。

サンダル脱げそう。必死の後ろ姿。

あとで走ってる最中に少しちびったと言われて笑いました。
  1. 2009/07/10(金) 01:23:15 |
  2. URL |
  3. くろたま #-
  4. [ 編集]

思い出は

時間とともに出来ていくから無駄にはならないよ。
10年後きっとこの話題で笑い合えるはず。
4人にしかわからないネタで。
  1. 2009/07/10(金) 03:15:26 |
  2. URL |
  3. Kow #ftr86F3A
  4. [ 編集]

>くろたまさん
キレイに締めてみました。小走りなダッシュが微笑ましかったりしますよね…何気に男子より女子の方がちびり率が高い気がします。

>Kowさん
10年後は長いべ~半年後には笑えるはず!
でも、今回は思い出深い旅だった気がします。
  1. 2009/07/11(土) 13:01:55 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/700-cd5da4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)