禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蛙とかの唄

夜、ベッドに入ると窓の外でケロケログワッグワとカエルの鳴き声がやかましくて楽しい。カエルの声を聞きながら眠りにつけるとは、なんたる幸せだろうかと思わず垂れた頬がデロンと緩む。20代の頃、熱帯魚屋でバイトしてた時に売れ残りで邪魔者扱いだったベルツノガエルを引き取って飼っていた事がある。画像検索していただければ見れるはずだが、色鮮やかでマンジュウのように丸々とした可愛らしいルックスのカエルである。ほとんど1日中ジッと動かず、エサのコオロギを入れた時だけ大きな口をグワッと広げ補食する。小さな目でパチパチ瞬く様子がキュートで、飽きずに長い事眺めていたが、ある日どんなに水槽内の環境を整えても「所詮、自分はこいつを檻に閉じ込めているのだ」と気づいてしまってからは、いたたまれず結局店の常連の爬虫類マニアの病弱高校生に水槽ごとあげてしまった。熱帯魚屋で働くきっかけでもあったカメや熱帯魚も何種類も飼育したが、同じように「檻に閉じ込めているのだ」と実感してしまい手放している。どんなに高価な濾過装置を構築しても、どんなに多量の水草で自然環境に近い状態を作ったとしても、熱帯魚やカメやカエルにとっては牢獄、牢屋に過ぎないのだ。ワンルームのアパートに4つも5つも並べた水槽を全部処分したら、ボコボコシュワシュワとうるさかった濾過装置の音がピタッと消え、寂しいながらも心の中はスッキリと爽やかになった事を覚えている。

あれから15年、2度と持つまいと誓った水槽だが、最近ホレ、山の方に越して来たもんだから裏の田んぼの用水路とかに、ドジョウの子供とか沼エビとかいるもんだで、そういうのを見つけると連れて帰りたい欲望にかられるのよね…飼わないまでも、とりあえず水槽に入れて横から観察してみたい。国産淡水魚って、明るいとこでしっかり見ると地味ながらもカラフルで魅力的なのよ!薄茶のボディに蛍光ブルーのラインがツンツンツン…なんてあったりしてさ!可愛いんだ!とりあえず、こないだリサイクルショップで格安美品の一式水槽を見かけた時、妻に「買っていい?」って聞いちゃってOKまでもらっちゃったけど、どうにか耐えた…あの時はヤバかった。とりあえず飼う飼わない関係なく、水だけ作っといて、たまに捕まえてきた子を2~3日観察するってのはどう?とか考えちゃいけない!ダメダメ!牢屋牢屋!窓の外から聞こえるカエルの声だけで満足満足!

R0011829.jpg

昨日は、半田くん主催の馬見ヶ崎河原で竹の子汁を食べる会に参加してきた。去年まで住んでたマンションのすぐ近く、引っ越してから初めて河原に降りた。すごく懐かしいかなと思ったけど、意外と無感動だった。今の環境に比べ、この河原はちょっと自然味が希薄過ぎる。

竹の子汁は超おいしかったし、いつのも仲間はいつも通り微妙によそよそしく、それでいて受け入れてくれていい感じだった。酒を呑んでガッハッハと楽しみたい気持ちもありつつ、こうしてササッと現れほどほどで去ってゆくというのも大人ぽくてそれなりに満足。半田くんは夜まで遊んでたみたいだけど、お疲れ様でした!楽しかっただよ!

 
関連記事
  1. 2009/05/11(月) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

牢獄いいですよ~。
エビがツマツマしてたり、ナマズが砂をわさーって探ったりしてるのを見てたら時間ワープですよ。
  1. 2009/05/11(月) 17:18:29 |
  2. URL |
  3. えびのにぎり #-
  4. [ 編集]

おにぎりごっつおーさまでした。

あの後、禿生サンどころか、
みんな大人の階段のぼるフリをしてそそくさと帰りやがった
のです。

最後のビール樽を空にするまで、4人で頑張りましたところ
夜もすっかり更けていたのであります。
  1. 2009/05/12(火) 08:15:59 |
  2. URL |
  3. はんだ #-
  4. [ 編集]

>えびのにぎりさん
いいですねえ…エビとナマズの子供とメダカなんか入れて眺めてたいです。もちろん水草もたくさん入れて。そんで、毎日メダカの数をかぞえて「お、今日は2匹ナマズくんのゴハンになったな…フヒヒ」とほくそ笑みたいです。

>はんださん
マジっすか!結構ビール飲んでる人多かったんで、みっちり遊んでくんだろうと思ってましたが…御愁傷様です。でも、特に何も企画がない状態であの人数を留まらせておくのは難しいよね…男はまあ火をいじってれば何時間でも楽しかったりするけど、女性は火とか水とか虫とかあっても「何もないじゃん」て言い出したりするので、厄介です。とは言っても「じゃあ、皆でハンケチ落とししよう!」てのもちがうだろうし…去年は、人数は少なめだったのと暗かったので何となく陶芸組とも楽しくやれた気がするんだけど、今年は半田組と陶芸組でほとんど混じらなかったから、それも居心地悪さを作ってしまったのかもね…まあ、これに懲りずにまた企画してください!行きますんで!
  1. 2009/05/12(火) 16:33:33 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/673-aae1b032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad