禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ウォーク・ハード』感想文

uo.jpg

60年代~現代を生き抜いた架空のミュージシャン“デューイ・コックス”の生涯を描いたコメディ映画。主演のジョン・C・ライリーが曲作りから参加し、実際ギターを弾き歌を唄っているので、コメディでありながら全編通して演奏の説得力はかなりのもの。エルビスと同じステージに立ち、ドラッグと女に溺れ、ビートルズ達とLSDをキメ(ポール役をジャック・ブラックが演じている)、ヒッピーにかぶれ、ボブ・ディラン風の曲を非難され、TVショーの司会を務め、何度もスキャンダルで騒がれ…やっとの事で人生の安息を手に入れた、年老いた彼の曲をヒップホップシンガーが音ネタとして使ったのがきっかけで注目され、グラミーで功労賞が与えられる事になり、ステージで彼の曲をカヴァーするのがジャクソン・ブラウン(本人!)で、改めて紹介されステージに立つデューイ・コックスと彼のバンドのメンバー(全員おじいちゃんでハゲ)が演奏する久々の新曲が、じんわりと暖かい普通にいい曲。

『オレンジ・カウンティ』の監督の作品なんだけど、この監督は表情とか間で笑いをとる通常のコメディのパターンをわざとはずしてくるような作風なので、この映画も「超笑えるぜ!」という感じではなく、どちらかというと後味はヒューマンドラマのような“ちょっといい話”を見たなって感じだったりする。DVDのオマケで、実在のミュージシャンが“デューイ・コックス”から受けた影響を語る特典映像が長々入ってるんだけど、そのしつこさには思わず「え?実在した人なの」とwikipediaで調べてしまったほど…嘘を作る本気度の高さを感じます。あと、よっぽど白ブリーフいっちょの男がラリって騒ぐシュチュエーションが好きなのか、『オレンジ・カウンティ』のジャック・ブラックに続きこの作品でもジョン・C・ライリーがパンツいっちょで失踪しています。

uo2.jpg



 
関連記事
  1. 2009/03/27(金) 20:20:20|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/656-d3dfad78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad