禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Star like Snow

R0010496.jpg

昨夜、久々にゼニの食欲不振が止まらないので、引っ越して以来はじめてかかりつけの動物病院へ診察に行ってきた。妻が診察券をカウンターに出し待ち合い室で待機、順番が近くなるまで車の中でゼニと2人で妻からの呼び出しを待っていた。ふと、メロディーが口をついた…何の曲かな?しばらく考えた。薬師丸ひろ子の…WOMANか…いい曲だなあ。

それから、ずっと…帰り道はWOMANのメロディーで頭いっぱい。家に着くとYouTubeで検索してみた…思った以上にたくさんある。こういう時って不思議と何度聞いても飽きないもので、妻が「いい加減にして」とグチるまで何度も何パターンも聞きまくり、ベッドに入ってからも携帯で歌詞を検索して、低い声で歌った…真っ暗な寝室の冷えた空気に、携帯の明りがボクの白い吐息を写し出す。

 ああ 時の河を渡る船に
 オールはない 流されてく
 横たわった 髪に胸に
 降り積もるわ 星の破片

何があろうと時間は流れ続けてゆく、誰も自分の意思で前へ戻ったり先へ進んだりする事はできない。良くも悪くも流されてゆくしかないのだ…こうして書き綴ると当たり前の事だが、「時の河を渡る船」なんて言われるとウットリしてしまう。

 行かないで そばにいて
 おとなしくしてるから
 せめて朝の陽が射すまで
 ここにいて 眠り顔を
 見ていたいの

「見ていたいの」とか歌いながらマッハで寝た。

 
関連記事
  1. 2009/01/08(木) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/626-0fb9a4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad