禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

檀家争奪冬景色

11/14(金)出勤日
白飯と何かで朝食。自転車通勤→定時出社→愛妻弁当→定時退社。帰宅後スグに風呂入ってから外出。まずは、ダイソーで文房具を購入、業務スーパーで調味料、元気市場で肉やら野菜、酒屋でウイスキーと焼酎、発泡酒を手に入れ帰路へ…コンビニでタバコ買って帰宅。

元気市場で買ってきた海鮮丼や妻が作った焼豚を食べながら晩酌。

P1140744.jpg

P1140747.jpg

P1140742.jpg

DVD『エコール』を見た。人里離れた森の中にある学校に閉じ込められ、バレエやマナーを厳しく躾けられている少女達を取り巻く陰鬱としたドラマ…てな感じの映画だった。良くも悪くも演出や脚本が、かなり独特な…個性的な、監督なりの感性を大事に作られた作品だったので、好き嫌い別れると思う。『ヴァージン・スーサイズ』みたいな、見終わった後の「フハッ」とした空しさがボクは好きでない。

DVD『ホテル・ハイビスカス』を見た。余貴美子演ずる“カアチャン”を家長として6人家族プラス長期滞在者の若者1名が、時には寄り添い時には距離を置きつつ基本的には自由奔放に暮らしてる生活を、末っ子のワンパク女子小学生“美恵子”周辺の出来事を中心に描かれている映画。

例えば、邦画のワンシーンで「ドンチャン騒ぎをしてる」場面って、凄くたくさん出てくると思うんだけど、こういう日本人なら誰でもわかってる気がしてるんだけど、実際見た事あるかというと「見たような見てないような」という、微妙なものをいかに嘘臭くなく描けるかって、演出家のひとつの力量が出る部分だと思うんだけど、この映画の監督はそういうのが得意…というか、そういうとこを大事に撮る事の大変さと大切さがわかってる方だと思った。例えてるような例えてないような話しでスマン。

『エコール』で冷えた心を『ホテル・ハイビスカス』が暖めてくれて、ホッとしたとこで就寝。

 

 
関連記事
  1. 2008/11/17(月) 12:12:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

チャーシューウマそー!しかも自家製って凄い!!
おいらの夢はチャーシュー一本食いです。
近所で買うと4000円もするからできないッスorz
  1. 2008/11/17(月) 13:28:54 |
  2. URL |
  3. かなめ #-
  4. [ 編集]

>かなめさん
チャーシュー1本食いはヤバいでしょ~きっとつらいですよ!豚のかたまりをそのまま煮るやつは簡単にできるけど、三枚肉とかを丸めて煮るプロ仕様のは、しろうとにはなかなかできないですよね~あれを思いっきり食べたい!でも、1本食いは無理!
  1. 2008/11/18(火) 13:19:34 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/601-a595939d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad