禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釈迦力コロンブス

9/9(火)出勤日
撮影仕事でこないだの神社近くに行ったので、ついでに例の狛犬達の正面からの表情を撮ってきた。相変わらずカワイイ。

DSC_0011.jpg

DSC_0010.jpg

最近コンビニで買ったアホな趣味の数々を紹介している本に『狛犬の鼻拓』を集めてる人がいたが、狛犬の写真を撮って歩くというのも楽しいのではないか?と一瞬考えた…ホント一瞬だけ。マイミクそくっちょさんが、馬頭観音の写真をたまに紹介してくれていて、ちょっと興味があるのだが…なかなか見つけられずにいる。古い街道沿いとかにあるんだろうけど、見えない時って見えないのよねえ…こういうのって

DSC_0012.jpg

鳥居付近にベリーロングなスネイクのスキンが落ちていた。ギョッとすると共にお守りとして財布に…と手が伸びかけたが、場所が場所だけに後々神様から「てめ~なに勝手に持っててんだよ」的な因縁をつけられたりして…と考えてしまい、断念。

仕事を終え帰宅。車から降りると、すごく大きな話し声が聞こえるので、どっかの家でTVの音をよっぽどデカくしてるのか?と思いながら家に入ったら、妻がスカイプでおそでさんと会話している声だった。きっとあの時語られていたおそでさんの職歴は、近所の夕飯時の話題になったにちがいない。外出の予定だったが、腹減ったまま出かけると色々と危険なので納豆メシでも食うかな…と冷蔵庫をのぞいていたら、妻がピザトーストを作ってくれた。おいしい。腹が膨らんだので安心して出かける…ゼニの病院に行き、アレルギー食を何種類か購入。TSUTAYAでCDを返し、図書館でもCDを返し、サウナへ…いつも通り1時間半みっちり汗を流し、ロビーでビックコミックオリジナルの『蔵人』読んでホロリ。

帰り道、『よつばと!』の8巻を買おうとBUNBUN堂に寄るがナシ…替わりにというわけではないが、『グーグーだって猫である』の3巻4巻があったので購入。いつの間に出てたのさ…知らなんだ。そういえば、テレビで映画版グーグーの予告編を見たけど、酷そうな感じだったなあ…あんな風に安っぽく恋愛テイストを絡めるだけで、下品なテレビドラマのようになっちまう。大体、大島弓子の役を小泉今日子って何のつもりだ!アホらしい!あんなかわいこぶりっこのオバサンに演じさせるなら、まだミツオくんの金玉に顔描いて演じさせた方がマシだよ!店内をふらついてて見つけた黒猫顔面イスにヒトメボレして購入。ヨークタウンの本屋ものぞくが、やはり『よつばと!』はナシ…確か7巻の時も同じようにタイミングはずしたせいで、どこにも無かったのだよな。ヨークで、カツオ刺身、ハマチ刺身、ワカメ刺身、焼酎、ソーダ、うどん、ガンモなど購入。

帰宅後、刺身と妻が夕方作っといてくれたギョウザを焼いて晩酌…今日の刺身はどれも当たりだった。TVのチャンネルを回していたら『E.T.』が放映されていて、思わず見入る。小学生の時以来に見たという妻は、クライマックスシーンにはTVの前まで行き拳を振り上げつつ絶叫していた。何十年ぶりに見る映画って、記憶の奥に閉じ込められてる熟成された思い出を甦らせる力を持ってたりするよな。妻があやとチャットで話し始めたので、ハイボールをズビズビとすすりながらグーグーをパラパラ読むが、3巻中盤まででもう泣き過ぎるくらい泣けてしまい、疲れて就寝。

  
 
関連記事
  1. 2008/09/10(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

穂高養生園てとこでグーグーを発見して、大喜びで読んでたら
一緒に行ってたオーナーに「なぁにそれ?」って奪われて
グーグーのお腹に顔と犬がいるってとこまでしか読めなかった…買おうかな。
一方よつばは読みましたよ!夏休み終わっても絶好調でおもしろかったです!
無言の笑いと言動の笑い、あとやっぱりあずまさん絵がうめーです。
うっかり見入るほどきれいな風景がたくさんですよー!
  1. 2008/09/10(水) 21:46:43 |
  2. URL |
  3. チロル #-
  4. [ 編集]

>チロルさん
グーグー…巻を増すごとに、猫と暮らす人間の多くが強く感じるであろう、幸福感と言葉が通じないという歯痒さ…せつない部分を描く表現のピントが凄い事になってるので、読んでてストーリーどうこうよりも、そのリアルな感じが胸にきてしまい、涙がでちゃう…みたいな。うちの妻も号泣したと言ってました。よつばと…読めない時間がワクワク感を育ててくれるので、手にした時により楽しめる!のさ…たぶん…
  1. 2008/09/11(木) 16:25:35 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

違う画像見られて嬉しいっす。
なかなか味がある狛犬ですね。
着物のせいで狛犬に見えませんでした。
愛されてる狛犬だなー。

最近では狛犬まで盗難に遭うらしく、お堂の中に入れられていたりします。
本来の意味を成さなくて悲しいです。
  1. 2008/09/11(木) 22:58:56 |
  2. URL |
  3. そくし #-
  4. [ 編集]

>そくしさん
この狛犬は鳥居付近でなく、お賽銭箱の両脇みたいなとこに置いてありました。なので、雨風に当たらないからと服や帽子を着せられてるようです。最初に撮影した時は、足下に小石が積まれていたのが、2回目の撮影時には無くなってたりと、きっと毎日通ってきては掃除してあげてるばあちゃんでもいるんでしょう…ちなみにここの神社は、小さな温泉街から1キロくらい登った山の上にあります。
  1. 2008/09/12(金) 16:07:29 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/556-54ecce97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad