禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

the“HIKIKOMORI”style

7/26(土)
午前中は二日酔い、その後はグダグダと…結局一日、家から一歩も外に出ず過ごした。何度か妻に「メシ食いに…」とか「サウナに…」と提案したが、「あたしゃ疲れたよ…今日は外出たくない」との事で、「じゃあいいよ、1人で出かけてくる!」という気分にもなれないまま…まあ、とにかくグダグダ

CA3A0082.jpg

DVD『ねらわれた学園』薬師丸ひろ子主演・1981年作品。何となく見たことあるつもりだったが、実際こうしてジックリ見てみるとあまり記憶がなく、新鮮に楽しめた。とは言っても、それほど演技力があるわけでない若者が中心のキャストなので、80年代らしいあまりにベタな演出と共に見ていてカユくなる雰囲気も濃厚で、妻は耐え切れず隣の部屋に逃げてしまった。自主制作映画ぽさみたいなものが、かなり強いので大林宣彦が初めてプロとして作った作品なのかな?と思って調べてみたら、全然ちがくて驚いた。TVCMのディレクターとしては2000本、映画監督としも6本目というプロ中のプロだった…これだけのキャリアを持ちながら、ここまでの中二気質というか暴走っぷりというというか…自我の強さに驚愕。松任谷正隆の音楽が良かった。

DVD『トラック野郎 望郷一番星』菅原文太主演・1976年作品。子供の頃、よく正月深夜とかに放映されていたのは知ってるがシッカリみたのは初めて。すごく面白かった。こうやって、映画のことをアレコレ書いたりする時に「もっとこうならいいのに、ああならいいのに」と思い描く理想形がこの映画なのかも…とすら思った。じゃあ、この映画が自分の理想の映画なのかというとそれもちがう気がするんだけど…菅原文太のコミカルな演技には古さがなく、喧嘩に人情に恋にとテンコモリの内容にも関わらずスト-リーが破綻せず、笑って泣けて「ワッ」と驚けて…いやはや素晴らしい。

ボクは何か…ちょっと頭おかしいんだと思うけど、男性が勃起してズボンの前がピンとなってる画面(えづら)を見ると無条件で爆笑してしまうという…何かそこにツボがあるらしくて、そういう意味ではこの映画は大爆笑をもたらしてくれたわけですよ。『静かな生活』『40歳の童貞男』を含め心のベスト3(勃起部門)として胸に刻みたいと思います。ちなみに、アニメとか漫画だと爆笑どころか引くね…特にシティハンターのアレとか「なんて下品な」とすら思う。ま、頭おかしいってことで

深夜の『27時間テレビ』、グダグダ気分にリンクする実にグダグダ感溢れるノリに、夫婦2人ベッドの上でトドのように転がり「フヒッフヒヒヒ…」と笑い、結局朝まで見てしまった。

  

関連記事
  1. 2008/07/29(火) 12:12:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

狙われた学園懐かしいなー!
観たいなー。原田知世ちゃんの映画とかと合わせて、二、三本観たいです。いっきに。
  1. 2008/07/29(火) 13:33:43 |
  2. URL |
  3. 慶 #-
  4. [ 編集]

二日酔いだったんだ…あんまり酔ってなさそうだったよ。
つか、ありがとでしたー!
今度は、もうちょい調子のいい時に、ゆるりと!

大林宣彦、数年前に白鷹で会ったなあ。
「自主映画を撮ってます」と自己紹介したら、
「僕もいまだに自主映画を撮ってるよ」と返された。
なんか素敵な印象でしたよ。
  1. 2008/07/29(火) 14:38:33 |
  2. URL |
  3. てつや #-
  4. [ 編集]

大林監督って童貞力で映画撮ってると思う。
CMはそうじゃない時もある気がするんだけれど。
で、個人的に大林監督の童貞加減は、そんなにヒネた感じがないので、
映画にするほどでもないのに……と思ったりもします。ある意味素直でストレート。
でも、時折どストライクにくるので、観てしまいます。
さびしんぼうの富田靖子の憂いとあの年齢独特の生意気さと気高さの混じった表情とか、
たまらんっっ。


あと今年の27時間テレビをノーチェックだったことは、なんとなく負け組気分です。
  1. 2008/07/29(火) 18:03:24 |
  2. URL |
  3. mayachee* #G91RSZjw
  4. [ 編集]

>慶さん
一気に見たら、ふわ~っとなるだろうね。全部見終わって、ちょうど夜明け…なんてシチュエーションだったりすると、ちょっとした臨死体験気分を味わえそう…

>てつやさん
おつかれさまでした。二日酔いはもうクセのようなものなので、意識あるなし関係なくある程度酒飲むとついてきちゃうのよ…「僕もいまだに自主映画を撮ってるよ」いまのボクなら「たしかに」とか言っちゃいそう。

>mayachee*さん
童貞力!確かに80年代の大林宣彦には変な力がある気がします。本来、女優業に必要な演技力とか歌唱力が無いこと前提で、しかもそこをワザと避けずにやらせて、観客に変な感情を抱かせる…みたいな「さびしんぼう」なんて、富田靖子は言うに及ばず、藤田弓子までかわいく見えるんですよね…これも童貞力のなせる技でしょうか?
  1. 2008/07/30(水) 13:30:44 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

>mayachee*さん
27時間の深夜、すごかったですよ。レッドカーペットとかに出てる若手がスナック風セットのカウンター内にいるさんまにネタ見せするのですが、そのセットの手前にリンカーンとかに出てるような中堅どころがズラリと待機(というかコスプレしたまま別のセットにいて)してて、その前でネタやらないといけないという…誰もクスリとも笑わない、異常な状況で、さんまもまた誉めるよりアラをツッこむような芸風なもんだから、若手みんな「やりにくいです」とか言うなか、にしおかすみ子は泣きだしちゃうし、柳原可奈子は表情変わらずで「ああ、やっぱりこの女は分厚いバリアーを貼ってるんだな」とわかっちゃったりで、アレでした…オモシロイってかなんていうか
  1. 2008/07/30(水) 14:47:37 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/530-7e7711b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad