禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安物買いの銭失い根性

6/17(火)
7時起床、妻は昨夜も強い安定剤を飲んだので起きれず。昨日と同じくシチューを温め、白飯と一緒に食べた。ゼニを撫でて出勤。

会社近くのスーパーのお肉屋さんで、火曜だけチキンカツが100円になるので、弁当がない時の火曜昼はこれと決めている。チキンカツとライスと赤いきつね。前々回のチキンカツが柔らかくジューシーで最高だった…前回は同じくジューシーだったのだがひと回り小さく、今回は大きさが戻ったが肉がパサパサだった。コストを抑える為に試行錯誤しているのか?たまたまハズレを引いてしまっただけか?

同僚と世間話…家を買おうと思っているという話しの流れから、現役大工のお父さんにメールで質問してくれる事になった。「500万円で家は建ちますか?」「むり」「いくらあれば家は建てられますか?」「中古住宅を探した方がいい」と、取り付くしまなし。でも、そうだよな「お金はあまりないけど、こういう家がどうしても欲しいんです!何とかならないでしょうか?」だったらまだしも「○○円で家建ちませんか?」じゃ、自分が質問される立場でもムッとするだろう…職人気質の大工さんにする質問としては最低だった。ちょっと気を許すとスグ『安物買いの銭失い根性』が出てしまう(どんな根性だよ!)…海より深く反省

「今日は物件を見に行こう」と妻にメールしてから帰宅。着替えて、妻と共にネットでピックアップしてあった物件を見に行く。途中、100均に行きたいと言うので寄り道…梅を漬込む瓶や手芸用品など購入。まずは、高台にある650万円中古住宅…東側3部屋から蔵王を見渡せる最高の景色。こんなとこに住みたいな~と直感で思う。

P1120714.jpg

が、部落内の細道からさらに急な坂を上がった場所なので、冬この坂が凍結したら…と想像するとゲンナリ。しかも、家のあちこちに要注意と言われる縦のクラックが…家が土台から浮いちゃってるとこまである。さすがにこれはナイ!安いには安いわけがあるのだと実感してしまい、さらにゲンナリ

次は82坪350万円という超格安の土地…しかも、ここは高台でありながら道も太く、当然景観も素晴らしい。生い茂った草むらに分け入り、蔵王の風景などデジカメで撮影するが、家を建てる事はどうも無理らしいと諦め気味の妻は興味なく、帰りたそうにしていた。最後は、950万円の平家3LDK中古住宅…前回1人で偵察に来た時もそうだったが、今回も人の気配はするものの(まだ住人がいる物件なのだ)雨戸が全部閉まっていて、ちょっと無気味。単なる住宅街なので、景観も陽当たりも別に良くないし間取りも過不足はないけどマンションみたいで面白味がない…しかし、妻は割と気に入ったようで「内覧申込んでみようよ」と結構ノリ気。妻の方が家に長くいるんだし、それを抜きにしても冷静なチョイスができてると思うんだけど、やはりボクは窓から見える景色とかちょっと変わった間取りに惹かれてしまうんだよなあ…男って…バカね

P1120733.jpg

近所の牛タン弁当の店で、夕飯を買って帰路へ…途中、南ジャスコでもインスタントラーメンや、ジュースなど買い物。妻がローストビーフを作ってみたいと言って、大きなかたまり肉を買っていた(しかし、昨日から買わねばと思っていた玉子とサランラップの事は2人して忘れる)。義親宅に寄り、昨夜頼まれた梅の実を届けて帰宅。

P1120745.jpg

牛タン弁当の店で買った、牛タンカレーライス、牛タンメンチ、牛タンコロッケ、牛タンハンバーグに加え、妻が作ってくれた春雨サラダなどを食べながらビールを飲んだ。ボクは1度、牛タンカレーライスを食べてなかなかおいしかった記憶はあるのだが、それ以外のメニューを試すのは初めて…でも、どれも驚く程おいしかった!しかも、これ全部で520円!閉店間際で割引されてたとかじゃなく、普通の価格でこれ!牛タン弁当とかは、それなりの値段してたけど、それでも普通じゃない安さに近々また買いに行こうと妻と誓いあった。

宮崎勤の死刑が執行されたとのTV報道…現在と違い、事件当時の20年前は犯人の詳細な個人情報がネットで流れたり、犯人自身がネットで事件予告してたりということもなく、しかも「アニメ・ロリコン・オタク」というものを理解しているコメンテーターもいなかったので、メディアの視点もかなりチグハグで見当違いな推論や考察がまかり通っていた。でも、それが逆に「本当はどうなんだろう」という…本人の元々の資質で変態を操縦できなくなってしまった気狂いなのか?「アニメ・ロリコン・オタク」というものが変態を操縦できなくさせてしまったのか?宮崎勤の精神鑑定を担当した医師のドキュメント本や、その後パラパラと出た情報に目を通しても、結局彼の心の内を妄想できるほどの情報はなく、本人の口から語られることなく…謎を謎のまま抱えて、あの世に行ってしまった。

モヤモヤしつつケーブルTVでキングコングを途中まで見たが、疲れてることもあって入り込めず途中でリタイヤ。ベッドに寝転び本を読みつつウトウト…1時過ぎに妻に起こされ風呂に入ってから改めて就寝。

 
関連記事
  1. 2008/06/18(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/494-7b983c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad