禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Drinking history

残業もなくスッキリと仕事が終ったので「たまには外に飲みに行こう」と妻にメールする。OKの返信を確認して、素早く車に乗り込み帰宅。服を着替え、顔を洗ってタバコとマッチをポケットにつっこみ家を出る。6月になったというのに、夜はまだ上着を着ないと寒い。パーカーを頭からかぶった妻が「どこに行くの?」と問う。『酒蔵』に行きたいと告げると、今日はどうも胃の調子がすぐれないのでレバー焼きとトンカツしか肴がない『酒蔵』は気が進まないと言う。肴どうこうじゃなくて、そもそも調子の悪い人が飲みに出てくるってどういうことよ?と一瞬思ったが、そこをツッコんで「帰る」とかスネられても困るので「じゃあ、どうしよう」と2人で店の名前を思いつくままに並べつつ、とりあえず七日町方面にフラフラ…「そうだ、ヤマザワ前に新しく出来た店に行ってみない?」数カ月前につぶれた居酒屋跡に最近新しい店が入ったのを思い出し提案してみる。「でも、行ってみて高い店だったらどうする?」妻はこういう時にとりあえず臆するタイプだ。「すごく高かったらビール1本とツマミ1品で出てこよう。そして、七日町で飲み直そう」「わかった」大きなシートに覆われたオーヌマホテルの脇を通る「あっ!」妻の声に振り返ると、シートの合間から瓦礫のホテルが見えた「もう、こんなに壊しちゃったんだ…」「数日後には更地だろうね」「もったいない」「でも、残しておいても使い道はないでしょ…」足早に通り過ぎると、ヤマザワの脇をすり抜けて居酒屋前までショートカット。

『ひまわり』というその居酒屋の軒先には、緑色の決してキレイとはいえない堤灯がかかり「地元の食材を使ってる店」と書いてある。引き戸に手をかけ、振り返る「いいか、入るぞ」妻がコクリとうなずく。カラカラカラ…「いらっしゃいませ~」落ち着いた雰囲気の店内に、思いがけず若い女性の声が響いて「おや?」と思いカウンターを見ると山大生だろうか、かわいらしい女の子が2人笑顔で並んでいる。「お好きな席にどうぞ~」と言われ、何となく蛍光灯の灯りが明るい奥の座敷きに行こうとすると、妻が「テーブルの方がいいよ、こっちにしよう」と袖を引く。座敷きの片面で10名程の団体が宴会してるのが目に入った。手前には7席ばかりのカウンターとテーブルが1つ、イスを引いて席についた。まずは、瓶ビール(500円)を注文。テーブル上の品書きには飲物のみ…肴はカウンター脇のホワイトボードに書いてある『本日のおすすめ』だけらしい。鮪刺身、鰹たたき、鴨カルパッチョ…ザッと目を通すが、危惧したような高い店ではないらしい…安心して見入る。米沢牛のサガリ刺し(700円)が珍しかったので頼むと、少し時間がかかるとのこと「かまわないですよ」とお願いし、サガリ刺しは日本酒に合いそうだからそれまでの繋ぎにビールに合う物を頼むかと策を立て、モヤシ炒め(400円)を頼んだ。さっき、奥の宴会席に運んでくモヤシ炒めがボリュームあっておいしそうだったのだ。1杯目のビールをキュッと空けタバコに火をつける、はてさて、どんなものが出てくるか…初めて入った店の初めてのオーダーというのは、何ともワクワクしてしまう幸せな瞬間だ。

奥の宴会グループは、随分静かでたまにパチパチという拍手が聞こえる、何かの報告会?発表会でもしてるんだろうか?自己啓発セミナーとか新興宗教絡みの会合かも…座敷きに行ってたら会話が聞こえたろうに、ちょっと残念。「おまたせしました~」モヤシ炒めが運ばれてきた。

P1120302.jpg

おおっ、やはりウマそうだ!モヤシ以外にもニラなどが入り、特筆すべきは肉の変わりに刻んだ油あげが入ってる!味もそっけもないパサパサの肉が少し入ってるより、この方が全然おいしいのだ。味も濃いめでビールにあう!少し遅れてサガリ刺しも来た、量は多くないが良い肉だ。

P1120300.jpg

ビールがなくなったので、お酒(1合250円)を燗で頼む。カウンターで1人で飲んでる熟年男性がバイトの女の子と話し混んでいる。「メールの着信音て、長くすることできる?」「できますよ」「あ、じゃあ、やってくんない?」「え、いじっちゃっていいんですか?」「いいよ、オレ全然わかんないからさ」「は~い、わかりました」その後も、何歳かだの彼氏はいるのかなど聞きまくっているが、あまりいやらしい感じではないので女の子も普通に答えている。妻と2人で「あの人、うまいことやってるな…」「キャバクラ行ったら、同じような会話して1時間7千円でしょ」とヒソヒソ。カウンター脇の小さな厨房には、職人気質で寡黙な雰囲気のマスターがいてテキパキと働き、接客はほとんどカウンターのバイト2人に任せているよう。お酒がなくなったので追加。徳利を持ち上げ、目があった女の子に「おかわりね」と告げると笑顔でコックリ。いい店かも…

普通の飲食店とちがい、居酒屋はお会計をするまで善し悪しを判定できない。どんなに酒や肴がリーズナブルでも、お通しが1人800円もする事があるからだ。とりあえず偵察はできたので、店を出ることにする。「ごちそうさま」「ありがとうございます~」手早く計算を済ませた女の子が、伝票の切れ端を持ってきた。そこに書かれた金額を見て「おおっ?」と一瞬ひるんだ<2,000円>おおっ?つまり、お通し代はなし、そのまま飲み食いした物だけの金額かあ…千円札を2枚渡すと、厨房から顔を出してたマスターに「ごちそうさまです」と告げて店を出る。背中に女の子の「また、どうぞ~」という明るい声が響いた。

近所に良い居酒屋を発見すると、とても嬉しい気持ちになる。ちょっと浮かれた気分で七日町に繰り出し、結局この晩は三軒もハシゴしてしまった。最初の店が安かったりすると、変に気が大きくなったりして「もう一軒、もう一軒」と遊びたがり、結局えらいこと散財したりしちゃうのよね…次の朝「しばらく外飲みは自粛」と妻からお達しがあった。

 
関連記事
  1. 2008/06/14(土) 17:17:17|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

一人暮らしを始めた僕は寂しくて
次の日が仕事でも11時スタートで
外にのみに行く事がしばしばあります。

そんな極悪な僕を
居酒屋引き回しの刑にして下さい!

よろしくお願いします。

  1. 2008/06/14(土) 23:24:03 |
  2. URL |
  3. エルニ #SFo5/nok
  4. [ 編集]

歩いていける近所の居酒屋。いいですね!
というか、細かい話、100円引きになっているのでは?

  1. 2008/06/15(日) 12:38:51 |
  2. URL |
  3. babydriver #-
  4. [ 編集]

>エルニさん
居酒屋引き回しの刑!すごいナイスなネーミング!
こちらこそ是非よろしくお願いします。
独り暮らしに至った詳しい事情も聞き込まないといけないし…

>babydriverさん
妻と協議した結果、もやし炒めが300円だったということになりました。リーズナブル!しかし、よく気づきましたね~素晴らしい!
  1. 2008/06/16(月) 15:51:16 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

今度の正月に久しぶりに帰省しようと思っています。家から歩いていけるところなので是非行きたいな。
  1. 2008/06/17(火) 02:53:05 |
  2. URL |
  3. 冬霧 #-
  4. [ 編集]

>冬霧さん
し、正月!ずいぶん先ですが、それまでこの店が健在である事を祈っております!サガリ刺し置いてる店なんて珍しいし、あとタン刺しもあったと思います。
  1. 2008/06/17(火) 15:44:16 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/491-e0dc0cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad