禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pitch-dark sea

2月9日@ミュージック昭和、半田技研のライブを見てきた。そういえば、最近半田くんはもっぱら半田技研の名前でライブ活動してるなあ…SWEET&SOURLIFEという山形出身で、今は都内で活動しているメロコアバンドのCD発売記念全国ツアーと冠のついたイベントだった。メインのSWEET&SOURLIFEがメロコアということもあり、6組程出演するバンドのほとんどは割と激しめの音楽を奏でる面々で、アコースティックギターとパーカッションだけの半田技研はちょっと異色の存在…や、しかし、歌い馴れたナンバーを熱さだけは負けんぞとばかりに叫びまくったのであった。

P1090578.jpg

1曲目で3弦がブチンと切れた時はどうしようかと…ていうか、当然ギター変えるのかと思いきやそのまま最後まで演奏し切ってしまった。開放弦を多用したおかしなコードにエフェクターをかけ、アコースティックギターを叩くように鳴らす半田くんの姿を、友達のバンドでも見に来たのか制服姿の女学生が、波打ち際に上がったアサリの貝殻のようにパカーンと口を開け眺めていた。

P1090602.jpg

アサリの女学生が最後の曲で黄色い歓声をあげることもなく、誰ともなく湧く「おつかれさま」のまばらな拍手と、いつも通り半田くんの真ん前で一緒になって熱唱していたミツオくんの大きな拍手が会場に響き、半田技研のステージは終わった。

P1090597.jpg

すべてのライブが終わり、半田くんとパーカッションのたっしーくん、ミツオくんとボクの4人で雪降る街に出た。喫茶店でビールを頼み、タバコに火をつけた。何となくみんな陰鬱としていた…みんなSWEET&SOURLIFEのあまりにもプロっぽい音に、あざといほどわかりやすい歌詞に、そしてその音楽に踊り狂う若者達の姿にやられていた…羨ましいような、妬ましいような、でもハッキリと「それはちがうんじゃないか?」という気持ちもあり…とにかく混乱していた。

P1090609.jpg

ミツオくんの「“忍者の戦い”の反響があまりに無くて…」という呟きに反応して、真っ暗な海の話をした。

P1090622.jpg

「ボクがblogでひーこら文章書いても反応なんてほとんどないよ…まるで真っ暗な海に浜辺から小石を投げ入れてるようなもんだ。でも、投げ続けてるとたまに“オウッ”て当った誰かが声を上げたり、2年後に突然“海中でずっと当ってました”なんて言いにくる人もいたりして、それはそれで嬉しいもんさ。そもそも『誰にも当たらないんだったら石を投げない』なんて選択はないんだ。自分が投げずにはいられない性分だから投げてるんだよ。半田くんやタッシーくんが音楽やるのも、ミツオくんが“忍者の戦い”造るのも同じなんじゃないかな?」

P1090603.jpg

みんなが薄く笑いながらうなずき、そしてため息をつく…SWEET&SOURLIFEの海は真夏の海水浴場とまではいかないけど、GW初日の海ぐらいは混雑してるんだろうなあ~石投げるとスグ当たるんだろうなあ~

P1090580.jpg

ヒザを抱え、4人一列に並んで自分達の眼前の真っ暗な海を見据えた。ミツオくんが突然スックと立ち上がり言った「王様ゲームやろうぜ!」「え」「あ、ああ…」

P1090564.jpg

半田くんが王様になり、指名されたタッシーくんがジントニックに入ってたスライスレモンを目薬のように眼球に絞り入れた。当然、タッシーくんは悶え苦しみ、我々は笑っていいのか心配すべきかわからずオロオロした…窓の外では雪がドンドン降り積もり、車のヘッドライトがグラグラと不自然に揺れていた。無くなったビールを追加注文して、まだ浜辺でのたうちまわってるタッシーくんのとこに走って戻った

関連記事
  1. 2008/02/14(木) 03:03:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

写真、ステキですね!

文章が、なんか、大槻ケンヂの小説っぽくて好きです。

今日は、バレンタインデーなので
先手必勝と思い、会社の女の子にセンベイを
配りまくってみたのですが、
みんな、アサリのように口を開けて
「は、はぁ、ありがとうございます」
といわれ、そのまま引き出しにしまわれました。

僕の投げる センベイは だめですか?
  1. 2008/02/14(木) 19:11:12 |
  2. URL |
  3. はんだ #-
  4. [ 編集]

>はんだくん
割と雰囲気というかアレがちゃんと撮れたかな…と、これでもうピントまでバチッとあうようになっちゃったら大変ですよ!プロですよ!蝉プロ!

いつか君の投げるセンベイを真正面からガシッと受け止め、巨大なくるみゆべしを投げ返してくれるような女性が現われますよ!あ、女性かどうかはともかく…現われますよ!
  1. 2008/02/15(金) 15:05:58 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/433-1b70048f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad