禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イケナイコトダイ

岡村靖幸3度目の逮捕

しょうがないかなとは思う。あの、ナルシスティックな芸風をあの身体で続けるのは無理がある。「無理があるからできん!」と思っても、ファンが望むのはナルシストな岡村ちゃん、「無理があるからどうになしなくちゃ!」ともがけばもがく程、頬肉は弛み、瞼は重く垂れ、身体はブヨブヨになっていく…偏屈ゆえ作り出すことのできた個性的な音楽、その偏屈が今は岡村ちゃんを肉襦袢の呪縛から解き放ってくれずにいる。

ファンもスタッフも声をかけてくれるミュージシャンもみんな自分より歳下、何を言っても何を作っても誉めてくれる。みんな自分を神のように崇め奉ってくれる。自分が頑張っていようと頑張ってなかろうと「最高です」「昔から大好きでした」「期待してます」いいんだいいんだ、これでいいんだ…みんな喜んでるんだからいいじゃないか、ファンが楽しくてギャラももらえて何が問題ある…でも、何で自分はこんなに空しいんだ?善意の真綿でグルグル巻きにされた岡村ちゃんは、まるで地獄の釜に浮かべられたチャーシューのようだった。

『フック』という洋画がある。ロビン・ウィリアムス演じる中年になり記憶を失ったピーターパンが、自分の子供を助けるために再びネバーランドへ行き、自分がピーターパンであることを思い出し、仲間にしごかれ特訓ののち空飛ぶ力を取り戻し、フックと決闘するというストーリーである。自分がピーターパンだった頃の記憶は鮮明にあるが、一緒に特訓をしてくれる仲間のいない岡村ちゃんは、再びネバーランドへ行くために、再び空を飛ぶために覚醒剤が必要だった。この20年間、崇め奉り、カラオケを熱唱し、期待し続けてきたボクも岡村ちゃんの足を引っ張ってたんだろうなと想像すると、蔑むことなんかできるわけない。「しょうがない」としか思えずにいる

micky_yasukawa.jpg

 
関連記事
  1. 2008/02/07(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

どぉなっちゃってんだよ
人生かんばってんだよ

ということですね。
  1. 2008/02/07(木) 15:31:11 |
  2. URL |
  3. まき #-
  4. [ 編集]

三回目ともなると、もうちゃんと治療をしてほしい。
岡村ちゃんが太っても、いやならもう作らなくても別にいいから。

とにかくすごい残念。で、私も「しょうがないな」としか思えないす・・・。
  1. 2008/02/07(木) 15:35:48 |
  2. URL |
  3. 慶 #-
  4. [ 編集]

かれこれ ん~数年前
ライブに行ったときのことを思い出しました。

ステージを ゼーゼー言いながら転げまわる岡村氏。

飛べないピーターパン・・・・i-241
  1. 2008/02/07(木) 21:57:10 |
  2. URL |
  3. Mr.sあんぱんまん #-
  4. [ 編集]

>まきさん
ベランダ立ってシャブを打て!フォ~

>慶さん
治療かあ…ていうか、岡村ちゃん捕まり過ぎだよね。きっと、気が弱いから信用できる売人を作ることができないし、普段ヒキコモリだから、ハイになると街を徘徊しちゃうんじゃないかな?そう考えると、対人関係をコーディネートしてくれる役割の人が身近に1人いれば、割りと色んな事がうまくいくように思うんだけどな

>Mr.sあんぱんまんさん
自分は飛べなくなったピーターパンなのだと歌えれば、また色々とちがうのかもしれないけど「え、まだ、ちゃんとピーターパンですけど?」という本人と「ピーターパンだ~」と無邪気に喜ぶファンがいる限り難しいよね…
  1. 2008/02/08(金) 15:25:31 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/428-46344f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad