禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

非通常気象

枯れ葉が散りきらないうちに本気の雪が降ってきたので、雪の上に落葉がバッサリ…変な光景になってしまってマジキモインデスケド~マジウザインデスケド~な感じでござる。ホントにこのまま冬に突入するの?しちゃうの?

P1080700.jpg

少し前に“神経質な縄文人”なる異名を持つおそでさんが、ご自分のblogで『男女の友情はあるか?』というテーマの話を書いていたので「おっ、ボクこのネタ得意!」と思ってコメントを書き出したのだが、やたら長くなってしまった。のでなので、ここに記すことにします。かしこ

例えば男がライオンで女がトラ、両方共お腹が膨れていればお互い襲い掛かったりすることはないだろうから当然友情は成り立つけど、どちらかが空腹であると成り立たせるのは難しい…ハラを減らした猛獣にとっては友人どうこう以前に、いい匂いをふりまいているバーベキューにしか見えないのだから、本能のまま襲い掛かるか、歯を食いしばって堪えるか…その二択しかないんじゃないかと思う。「学生時代からの友達だから」「結婚してるから」空腹じゃないとは限らない、2人きりで会う前に相手が愛情に満たされた生活を送っているか?飢えてないか?よく考えてから行動する必要がある。「あたし、女に見られてないから大丈夫」なんて自嘲気味に笑う女性にしたって、ほんの身だしなみにと体毛を剃り、美容液や香水を染み込ませた肌を露になんかしていたら、飢えた男性にとっては芳醇な香り振りまくフライドチキンに見えてくるものである…襲われガブリと食べられてしまうか、やせ我慢を強いるか…もちろん、気づいてないフリして罠かけてる魔性のなんとやらな方も多いのでしょうけど(ニヒルに微笑みながらフェードアウト

 
関連記事
  1. 2007/11/23(金) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

フェードイン(笑)

この空腹へのたとえは妙(上手い)ですなぁ。僕も同意見。どちらもその部分が満たされているという条件でのみ成立すると思います。極端なことを言えば、当事者同士でその部分を満たし合い、こっち部分では友情を担保するなんてこともあり得る。これは男同士だって同じ。いろんな欲がからんだ間柄で友情が成立しずらいのといっしょなのだなあぁぁ(エコー入りでフェードアウト
  1. 2007/11/24(土) 07:45:54 |
  2. URL |
  3. フロム*ヤマガタ #YghsdqYw
  4. [ 編集]

>男同士だって同じ
確かに!例えようと思えば、人間関係の色んな部分に当てはめることができるのもなのかもしれません…まあ、こうやって文章にするより居酒屋のカウンターでダラダラ飲みながら話した方が盛り上がるネタだとは思いますが…(焼酎ボトルを抱えたままブラックアウト
  1. 2007/11/24(土) 16:54:16 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

…ふくみ笑いでフェードイン)私は男女間の友情ある派です。

みんながライオンやトラだったら,私は柳の木とかかな~(笑)。
中性的に生きたいと思ってるので,スイッチ切れてますしね。
私は特殊な人間なので,普通はそうじゃないのかもしれません。だからこういう論議が多々あるのでしょうね。
  1. 2007/11/25(日) 00:45:33 |
  2. URL |
  3. あずき #YInHV9pY
  4. [ 編集]

確かにそうだなぁ と感じました。

「ワタシは大丈夫、安全牌!」っと過信して、不必要に無防備な状態になってる事が自分でもあるなぁと思いました汗
考えて行動するのは、大事っすねw
  1. 2007/11/25(日) 14:58:46 |
  2. URL |
  3. おしるこ #-
  4. [ 編集]

男女の友情が成立してたら気づかないとこで(本人も)我慢してるだけだと思うよ。
多分(笑)
  1. 2007/11/26(月) 01:26:40 |
  2. URL |
  3. Kow #ftr86F3A
  4. [ 編集]

>あずきさん
柳の木!そんで、柳の木陰に涼みに来た若いライオンやトラが「あなたは気楽でいいわねえ…」なんて偉そうに語っていくのを聞き流してあげる。数年たち恋を追いかけ回し疲れ果てたトラが同じ柳の木の下にへたりこむ「あら、あなたはあの時の」声に驚き柳を見上げたトラに目には、枝の上で小鳥やリスが楽しそうに戯れる姿…トラはポロリと涙をこぼし「あたしは自分の幸せのために好きな相手を手に入れようと頑張ってきた…でも、長続きする恋人はできなかったし、恋ばかり追ってたせいで友達もいない。友達がたくさんいるあなたが羨ましい」柳はやさしく「じゃあ、あたしがあなたの友達になってあげましょうか?」と提案するが、内心嬉しいと思いつつもトラは強がって嫌味を言う「でも、あなたは恋を知らないでしょ?」柳はクスリと笑うと「あら、あたしにも恋人はいるのよ」「え?」「いつも一緒にいられるわけではないけど、会いたい時はこうしてこの子達に連れてってもらうのよ」と言うと、小鳥が柳の小枝をポキンと折るとそれをくわえて飛び立つ。ポカーンと見上げるトラ、小鳥にくわえられた小枝から柳の声がする「2、3日したら戻るから、また涼みにいらっしゃいね~」

>おしるこさん
あまり考え過ぎても「自意識過剰?」てなっちゃう問題なのかもしれませんが、「食べちゃいけない・食べるはずない」という要素に対して食欲が湧いてしまうライオンもいるので、不必要な無防備な状態というのは…どうぞ御自愛ください。

>Kowさん
こういう話は正しい正しくないより、ノレるかノレないかだからなあ…
  1. 2007/11/26(月) 12:16:12 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

醒めててゴメンね(>_<)
  1. 2007/11/26(月) 15:34:55 |
  2. URL |
  3. Kow #ftr86F3A
  4. [ 編集]

気にしなさんな!
  1. 2007/11/27(火) 13:22:57 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/384-3fa25985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad