禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

縄文太鼓

先週土曜日、行きつけの居酒屋の常連さんで仲良くしていただいている年上の女性が落込んでるというので、我が家に招いてタコ焼きなぞしつつ酒を飲んだ。しかし、義親と同世代の方の恋愛話ってアレだね…聞いてる方も話してる方もかなり酔ってないと厳しいものがあるね!居酒屋のガヤガヤしたカウンターでガンガン飲みながら話すのとはちがって、お互いうまく世代を超えた本音トークのスイッチを入れられぬままローテンションな会話は続き、話してる方もおのずと「まあ結局、そんな男を信じた私がバカだった…って事なんだけどね」と自分を責める展開になったりしまって弱った。盛上がりに欠ける場に焦った妻が「オ、オトウヤン、ほれ、あれ見せてあげれば?YouTubeで何か懐かしい系のおもしろいやつないの?ほれ」等と言い出し、どうにか昔大好きだったという沢田研二の全盛期動画を見せながら皆で笑い、朗らかにお開きまで漕ぎつけたのだった。

P1080051.jpg

手土産に持ってきてくれた『つり味』のヤキソバとカラアゲが超うまかった!以前から噂には聞いてたけど食べるのは初めてだったヤキソバ、麺を玉子でからめてから炒めているので独特の食感…そのままだとフワッとした優しい味、添付のウスターソースをかけるとスパイシーでビールにあう味になった。

P1080053.jpg

日曜日は、長井市の『縄文まつり』に行った。

P1010116.jpg

県のイベント関係のスケジュール表で見つけたのだが、ネットで検索しても詳しい内容については情報を得られなかった…なので、あまり期待せぬまま現地を訪れたたのだが、思いがけず楽しいお祭りだった。

P1080082_.jpg

普段から土偶の石像などが並んでいる『古代の丘』という会場に入ると、麻の服に毛皮のベストなどを着た“いかにも古代人ぽい”格好をしたオジサン達が歩いていたので、商工会の人かなんかかな?かわいそうに、関係者だから着させられてるんだな…なんて思ってたのだが、やおら始まった『縄文太鼓』を見て驚いた!先程、そこらをウロウロしていた、まあ…悪い言い方ですが、ハゲやデブのオジサン達がいきなり威風堂々と大太鼓を叩き、横笛で繊細なメロディーを奏ではじめたのだ!しかも、ステージなどではなく目の前、芝生の上でフト始まったのだ。

P1080074.jpg

明らかにシロウトではないその演奏…思わず聞きいってしまった。曲間のMCで「こないだ北海道でのコンサートの時に…」等と話していたので、帰宅してからネットで調べ直してみたら、その名の通り『山形 縄文太鼓』という演奏集団として活動しており、全国を回ったりCDを出したりと完全に専業のプロではないだろうが、セミプロ的に活動してる方々だった。アイヌの人達とも交流があるらしく、そう言われてみればこの格好は古代人というより、アイヌっぽい

P1080071.jpg

『縄文太鼓』の演奏の合間には、メンバーの方々が指導してるという『縄文太鼓少年少女隊』という子供達の演奏や踊りもあった。これが又“やらされてる感”少なめの興味深いもので、子供達用にシンプルなアレンジになってるもののベースのリズムを大人が助けるわけでもなく、安定感のある音楽を聞かせてくれた。一打一打、思いっきり腕を振り上げて大太鼓を叩く少年の真直ぐさに心震えた。

P1080081_.jpg

最後は観客を混じえてのセッション。「どの楽器を叩いてもいいので参加してください!」との声を聞き無邪気に腰を上げる子供を横目で見ていたが、カメラを構えた妻の「オトウヤン、あそこの太鼓を叩いてきなさい」の命令に従い、気になってた楽器(竹筒をスリッパで叩いてベース音を出すのとかあった)を何種類か叩きまくらせてもらい、大満足で会場を後にした。

P1010143.jpg

以前から一度行ってみたいと思ってた、長井市の“馬ダシを使ったラーメン”を出す店で食事しようと、下調べてきた地図を見ながらを向かったのだが見つからず…潰れてしまったのか?ある程度探したが結局断念!

P1080090.jpg

「じゃあ」と向かったのは、南陽市にある醤々ラーメンの総本店。ここも訪れたことがなかったのだが、地図があるから…とタカをくくってた。しかし、またしても見つからず!お腹が空いてイライラしてる妻の「辛いの食べたい!」に従い、ズラリと行列のできた『龍上海 本店』に入店。

P1080086_.jpg

大辛を注文したのに普通のがきたので、確認するとレンゲにガッポリすくった辛味噌がドン!と現われた。辛味噌を溶かす前からスープがぬるかったので悩んだが、好みの味には変えられないと温度下がるのを犠牲に辛味噌を溶きまくった。スープの温度に比例して下がるテンション…こうして、妙に冷静に溶いてて気づいたんだけど、この辛味噌ってほとんどニンニクペーストなのね…さらに下がるテンション

P1080088.jpg

思った通り、多量の脂とニンニクでお腹を壊し「そろそろ龍上海は卒業だなあ…」と思いつつも、また数カ月するとあの味が恋しくなっちゃったりするんだよなあ…脂とニンニクの魔力というか、調合すると悪魔が生まれるのかもしれんな

 
関連記事
  1. 2007/10/18(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

麺に卵を絡めてから炒める!!
それは実に興味深い・・・美味しそう
  1. 2007/10/18(木) 20:36:39 |
  2. URL |
  3. sachika #-
  4. [ 編集]

>sachikaさん
最初の味つけは塩コショウで「お好みでソースを」って感じなのですが、麺についた玉子がちょっとボソボソしてるのでウスターソースがすごくからんで美味しかった!ボクも近々、家で試してみようと思っております。
  1. 2007/10/19(金) 11:21:05 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

縄文村は近所です。
馬肉チャーシューの店ですね。
連絡もらえれば教えられたのに。
今更ですが(笑)
宮内のジャンジャンもわかりづらい所にありますからねぇ。
再度チャレンジする時は連絡下さい。
  1. 2007/10/22(月) 01:55:03 |
  2. URL |
  3. #USldnCAg
  4. [ 編集]

スイマセン、上文に名前入れ忘れました。
エルニです。
  1. 2007/10/22(月) 01:57:44 |
  2. URL |
  3. エルニ #SFo5/nok
  4. [ 編集]

>エルニさん
とりあえず「エルニいるかな…」と会場を見渡しておりました。馬肉チャーシューだと思ってたんだけど、よく読んだら馬ダシの店だった。そして、たぶんつぶれたんだと思う。馬肉チャーシューの店って何て名前?宮内の醤々の場所も知ってるとはスゴイ!にしても、縄文太鼓はかなり良かったよ!聞いたことある?
  1. 2007/10/23(火) 00:07:03 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

長井市

「長井市」って見た途端に「エルニ」という単語が頭をよぎった。
  1. 2007/10/23(火) 18:59:49 |
  2. URL |
  3. Kow #ftr86F3A
  4. [ 編集]

馬ダシ?初耳です、リサーチします。
馬肉チャーシューの店は
今泉のかめや、五十川の丸久と(2店とも同級生の家)
ヨークベニマルの隣の新来軒(確か馬肉だった)
があります。かめやは雑誌によく出てるので
すぐにわかると思います。
ちょっとクセが有って馴染めないかもしれません(笑)
今は亡くなってしまいましたが
運んでくる婆さんの親指が入っていると美味しかったそうです(笑)

丸久は縄文村から近いです。
もしかしたら前を通ってたかもしれませんね。

縄文太鼓は中学生の頃見た事がありますが記憶が薄いです。
本当に近所なのにこのイベント知りませんでした。
縄文村には姪を連れてよく行くんですけど。>禿生さん

覚えててくれてありがとうございます!
ワシはMR2を見るとKOWが頭をよぎります。
最近少なくなりましたねぇ>kowさん
  1. 2007/10/23(火) 22:46:36 |
  2. URL |
  3. エルニ #SFo5/nok
  4. [ 編集]

>Kowさん
激しく同意之助

>エルニさん
古い…3、4年前の山形ラーメンの本に載ってるのよ。287号のどんづまり、右は米沢、左は赤湯ってあそこの手前あたりに馬チャーシューじゃなくてダシに馬使ってる店があったらしいのよ。で、多分ボク的には以前エルニに聞いた「かめや」の話とゴッチャになってて、助手席のカミサンに「長井に馬チャーシューの店あるから、さがして」って本を渡したら「そんな店ないよ」って言うから「は?あるはずだよ」つって、まあ結局馬ダシの店しか載ってなかったんで「勘違いしたのかなあ?」と思いながら向かったら(店自体が)無かったと…多分、手前にあった大きめの定食屋みたいのが元ラーメン屋だったんじゃないかなあ?と思ったんだけどね。「かめや」検索したら画像がチョーいっぱい出てきた!チョーうまそう!
  1. 2007/10/24(水) 09:25:07 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/373-657d2179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad