禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SnowPower

農協…あ、いや、JAに勤める友人が開発に係わったインスタントラーメンが発売されるという事を聞きつけたので「ぜひ試食させてくれ」とスリ寄って食べさせてもらった。山形県産の小麦『ゆきちから』を100%つかった麺と、こだわりのスープが特徴。ストレートの細麺なので、普通のインスタントラーメンより冷麦とか温麺に近いツルツルとした食感。でも、ちゃんと中華麺の味がしてコシもあり、醤油味などは『お蕎麦屋さんの中華そば』の味にかなり近い。

P1070734.jpg

辛味噌は一転、坦々麺のようなこってりとした辣油とゴマの香りがインパクトあるスープで、ちゃんと辛いのが嬉しい。昨今、出回ってるカップ麺の坦々麺はほとんど食べたが、どのスープよりこのスープはうまいと思う。や、ホントにホントに、辛いの好きな人は一度騙されたと思ってお試しあれ(そして「だまされた~」って…いやいや、そんなこたない)。

P1070659.jpg

一般の食品メーカーより素材にこだわったJAの商品「味はいいんだけど、値段もそれなりに…」てなことが多いので「スゴクおいしいけど、高かったらスーパーに並べても売れないと思うよ」とクギを刺すと、それは分ってるので…との前置きの上、醤油味は105円・辛味噌115円(両方とも直売所での価格、一般スーパーにはオープンで出すそうです)という低価格。地方の厳選された素材を使った!とかいうと、スグに3食千円だ6食千円だのになってしまうところ、なかなか頑張った値段に納まったもんだとちょっと感心してしまった。

インスタント袋麺はおいしくないし、でも生麺のラーメンは高いし…なんて思ってる方は、是非一度食べてみてください。県外の友人や親戚への贈り物としても「中華麺消費量日本一といわれる山形の県産小麦100%使用」との冠がつけば、インスタントラーメンとはいえ立派な山形の名産品でございます。胸を張ってお送りください。

takigawaramex.jpg

あまりベタ誉めなのも堤灯記事っぽくて嫌なので、不満てほどではないけど気になった点をいくつか…まず、麺の量がちょっと少なめ。辛味噌はなどは味が濃厚なので麺がこれだけでは、なんかもったいない気がしてしまう…「もっきり」ってサイズを作って麺3倍量で200円とかできないかね?スープの量は変えずに「替玉」とか「つけ麺」で食べてください…みたいな一文を添えて。逆に醤油味は、かなりアッサリなのでスープを割る湯を入れ過ぎると薄味になってしまうので要注意。

現在この商品を購入できるのは山形市内のJA直営店3ヶ所と、ジェイエイあぐりんやまがたホームページからの通販のみ!とりあえず反応を見つつ、年明けにはスーパーなどにも並べるのが目標とのことです。

 
関連記事
  1. 2007/09/21(金) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/354-9264d0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad