禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都といえば

週末、京都へ旅行に行ってる友人が「おいしいラーメン屋知りませんか?」と(不特定多数の人に)質問していたので、胸を張って「京都と言ったらラーメンじゃなくて、うどんでしょ!」と断言し、うどん屋の魅力についてメールで熱く語ったのだが、いかに関東とちがう風変わりでおいしいメニューがあるか説明してるうちに自分が食べたくなってしまったので、思い入れあるメニューを再現して久々に喰らってみた。

P1070688.jpg

『あんかけうどん』
修学旅行以来はじめて京都に行ったのは、20歳の頃だったと思う。当時やってたバンドのメンバーで、仲良しだった溝口くんと男2人「本物の舞妓さんを見てみたい」なんていうバカ話が膨らんで、貰ったばかりのバイト代を握りしめ新幹線に乗り込んだのだ。とりあえず京都に着き「京都っぽいものを食べてみたいね」なんて話し合ったのだが、貧乏旅行なので懐石料理のようなものに手が出るわけもなく、ただ「関東と関西ではうどんの汁が全然ちがうらしい」という知識だけを頼りに、街角の古びたうどん屋に入ってみて驚いた!そこには、関東で見たことのない変な名前のメニューがズラリと並んでいるではないか!しっぽく、はなまき、おかめ、のっぺい、あんかけ、はいから etc... 関東に無くて、でもネーミングからなんとなく想像のできるあんかけうどんを注文した。ドンブリが運ばれてビックリ、具が何ものってない!ネギすらない!ドロッとした薄茶色の汁以外は麺とおろし生姜のみ…物足りない気持ちを抱えつつもうどんをすすると、コレがうまい!熱々の汁をズゾゾッと重くすすりながらうどんをフーフーしてガブリ(普通に麺をすすってしまうと熱々の汁が顔に飛んだりして危険なので、ボクは手元でひと口サイズにまとめあげて食べている)。単調な味だが、もったりとした食感と異なり生姜の香りで口の中はスッキリしてあり、食べ飽きることなくたいらげてしまえる。あんまりおいしかったので、京都にいる間は1日1杯はこれを食べ続けた。

P1070692.jpg

『きつね丼』
現在のようにTVのグルメ番組や雑誌が蔓延などしておらず、食に対する情報が(食以外もそうだけど)圧倒的に少なかった20年前、しかも歴史のない新興住宅地で育った自分にとって知ってる《ドンブリもの》と言えば、親子丼、カツ丼、牛丼、鰻丼くらいのものだった。どれも肉なり鰻なりのメインあってのドンブリである…そこへ『きつね丼』だなんてビックリ!油揚げって味噌汁の具でしょ?みたいな、とてもメインを張れるようには思えないんだけど…注文するにはかなり勇気がいったが、妙に気になってしまったので最終日、あんかけうどんを食べに立ち寄ったうどん屋で注文してみた。そしたら、コレがうまかった!ダシの染みたお揚げとシャキシャキ感の残る青葱が、何とも言えずゴハンにマッチして実においしかった。「鰻丼にかけるアレでしょ?」くらいの知識しかない粉山椒がまたこれに合うんだ!ちなみに、きつね丼を玉子でとじた衣笠丼、カマボコを玉子でとじた木の葉丼なんて品書きに並んでいたなあ…

両方共ひさしぶりに作ってみたんだけど、それなりにおいしく出来た。こうやって簡単に作れる物をワザワザ旅先で食べてこいってのもトンチンカンな話だよな…と思いつつも、やっぱり一度現地のひなびたうどん屋(腰の曲がったばあちゃんが運んでくるような)で食べてみて欲しいなあ…ラーメン屋は、まだしばらく無くなったりしないだろうけど、ひなびたうどん屋は20年後残ってないかもしれないんだから。

興味を持った方は是非お宅で作ってみて欲しい。まず『あんかけうどん』、鍋に張ったドンブリ1杯分の湯にダシの素・塩を入れて味を整え、ここにダシ醤油(そばつゆの素)を少なめに入れて軽く色づけする。別鍋のうどんが煮えたらドンブリにあけ、水溶き片栗粉を多めに入れてトロミをつけた汁をバシャーッ、上におろし生姜を添えて完成。『きつね丼』は、上と同じようなあんばいで作った汁(もちろん量は少なめで)に、熱湯で油抜きした油揚げを入れて煮込み、味が染みたら刻んだ青葱を入れひと煮立ちさせたらOK、ドンブリによそったゴハンの上にかけて粉山椒をふって出来上がり。ボクは青葱の変わりに、普通の長葱の青いとこを刻んでちょっと長めに火にかけて代用しちゃう事が多いです。どちらも、甘めの方が好みのだという人は、砂糖や味醂を入れてみるのも当然アリですのでどうぞ御自由にお試しください。

ちなみに、御茶屋に入る金もツテもない20年前の我々は先斗町に張り込んで、本物の舞妓さんを見ることに成功した。電柱の影から身を乗り出し「出て来たぞ!来た!来た!」「本物だ!本物!」「スゲースゲー!」って、馬鹿らしいけど忘れ得ぬ思い出である。

関連記事
  1. 2007/09/18(火) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

来週

大阪行くけど京都には行く予定ないからなぁ・・・。
大阪もメニューはそんなに変わらないかな?
ひなびたうどん屋入ってみようかな(笑)
  1. 2007/09/19(水) 11:23:59 |
  2. URL |
  3. Kow #ftr86F3A
  4. [ 編集]

私は京都はおそばがおすすめです。
特にこれからの季節、あったかいニシンそば!
ダメなひともいるみたいだけど、私は大好きです。
  1. 2007/09/19(水) 11:40:47 |
  2. URL |
  3. 慶 #-
  4. [ 編集]

>Kowさん
大阪にもあるんじゃないかな?きっとあるよ!是非お試しください。ボクは、この旅行の後も京都・名古屋には何回か行ってるんだけど、大阪にはいまだ行ったことないんだよね…行ってみてえなあ~大阪のひなびた食堂

>慶ちゃん
そういえば、ニシンそばを初めて食べたのも京都だったなあ…意外と高いのよね、そんで意外に地味…っていうか、おばあちゃんが好きそうなお味なのね。山形は、そば処なのでそこらにニシンそば出す店あるから今冬はいっちょ、ニシン煮とゲソ天で徳利2本くらい空けて、シメにもりそば1枚!なんてのをやってみたいなと…思いながらも、これがなかなかできないのな
  1. 2007/09/19(水) 14:34:33 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/351-a1348b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad