禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Beast that shouted love at the heart of the World

bnr_eva_c01_01.jpg

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観てきた。いやはや…ホッとひと安心、なかなか出来のいい映画だった。思いおこせば10年前、大人気なれど多くの疑問を残したまま終了してしまったTVシリーズを完結させるという触れ込みで製作された『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』を観た映画館での落胆はもの凄いものがあった…TV版のフイルムをザッピングしただけのように見えるツギハギの70分プラス、新作部分はわずか30分弱…シリーズの疑問が解けるどころか、かえって増えてしまう始末で大きなため息をつきながら映画館を出た覚えがある。あれから10年…やっと観たかったものが見れた!

正直、この新劇場版の話を聞いた時「パチンコやグッズでさんざん稼いだ上に、まだ儲けようってのか?どんだけキャラクター達を酷使すりゃ気が済むんだ!」と憤りを覚えたが、稼いだ分ちゃんと作品に還元しようという職人の心がまだ残っていたのか…と頭を垂れる思いである。ボクと同じように、あの時「騙された!」と思って今回もまだ半信半疑な人!観てきた方がいいぞ!たぶん報われるはず!DVDじゃなく劇場で観た方がいい!あの画面サイズで、あの音響で観たかったはずなんだから、10年前の自分に対する供養だと思って行ってらっしゃい!

下の画像は、我が本棚から発掘された10年前の劇場版公開に併せて発売されたSTUDIO VOICEのエヴァンゲリオン特集号。オシャレ雑誌であるところのSTUDIO VOICEが38ページに渡って、アニメなど興味ないであろう層に向かって(難しい単語や、過去の芸術作品と並べて)エヴァの良さを伝えようとして…見事に失敗している。

P1070527.jpg

エンドロールが終わり照明の点いた劇場で余韻にひたっていると、席を立った人波の中に見覚えのある顔が…ウオッ、足マンのみつおくんじゃないか!「禿生さ~ん!いらっしゃったんですか~いや~良かったでしたねえ!最高でしたよ~」「あ、ああ…そうだね」「いや~良かった~」満面の笑みを浮かべたみつおくんは鼻息も荒く人の流れに戻って行った…君もアレか?10年前にやられたクチか?

関連記事
  1. 2007/09/01(土) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

このスタジオボイス持ってるわー。
新エヴァ、見るかどうか迷ってたけど禿生氏(この"氏"はパブリックイメージとしてのオタが発声する感じのアレ)が推すなら見ることにします。
  1. 2007/09/02(日) 06:39:01 |
  2. URL |
  3. ビジン #-
  4. [ 編集]

10年前、思いっきりため息をついたクチです。
禿生さんの意見を信じて、吐き出したため息
吸い直してきます!
  1. 2007/09/02(日) 15:59:14 |
  2. URL |
  3. Mr.sあんぱんまん #-
  4. [ 編集]

わたしも10年前に友達4人と見に行って、
口がぽかーんと開いたままになって魂が抜けてしまった一人です。
とうさんとリベンジいってきます!うおおお絶対見なくちゃ!
  1. 2007/09/02(日) 17:50:04 |
  2. URL |
  3. ぢるすけ #9EzsPSXI
  4. [ 編集]

10年前にやられてしまった皆さん、コメントありがとうございます。ただ、あくまで「10年前の自分に対する供養にはなる」のは間違いないと思うけど、1本の映画作品としては評価が別れるかと…

この劇場版はヤシマ作戦までを描いているんだけど、EVAって戦闘シーンでシンジが成長したりストーリーが進んだりするので、それ以外のカットは削れても戦闘シーンは削れず、何か映画本編のかなり時間は使徒と戦ってたような印象が残った。でも、最初の夜間戦闘シーンとか、樋口真嗣がコンテ描いたっていうヤシマ作戦は超かっこよかった。ていうか、もうこの映画は登場人物萌えとか超薄くて、メカとかミサイルとか重機萌えの映画?と思った。ボクはロボ(とか飛行機とか)が出撃する前のスタンバイシーンが大好きなんだけど、もうすごかったよ!わなないたね…左から「拘束具解除します」という声、右からパーンて音が聞こえて、正面からズゴゴゴ…後ろでは、別の作業を指示してる声が聞こえてみたいな、あんな同時に色んなとこから音が聞こえてドキドキしちゃうスタンバイシーンが観れて、ホントに劇場まで足を運んで良かった!と思った。まあ、普通に考えてスタンバイシーン多すぎると思うけどね…そして、力いれ過ぎ!でも、そういう部分で「本気だ!」と確信したってのはある。

いままでエヴァはちらりとしか見たことはなく、よくわからんどころかむしろ嫌いだという妻を無理矢理連れて行ったんだけど、最初の感想は「よくわからない」と…敵が何者なのか、何で登場人物達が戦ってるのかわからなかったと言ってましたね。そんで、説明しても「ふ~ん」て感じで、それ以上はつっこんでこない感じだったので、これはダメかな?と思ったんだけど、深夜たまたまMTVで19話(初号機が使徒を食らう回)、20話(ミサトとカジくんがSEXしてる回)をやってて見たのよ。したら、ちょっと膨らんだみたいで寝るまでアレコレと食らいついてきて、自分なりに理解する気になっていた。んで、昨夜寝る前に24話(カオルくんの回)~26話をビデオで見せたら「ええっ?」て、これこれこうい最終回で(放送当時)みんな凍りついたんだよと説明はしてたんだけど、実際見たらかなりショックだったらしく良い反応だった。本人は気づいてないかもしんないけど多分、もう腰あたりまで浸かっちゃってるんじゃないかな?と思う。

>ビジン氏
「氏」をつけて呼ばれたのなんてきっと初めてだよ!キモイと思いつつも、悪い気はしなかったりして…EVAの本ほとんど捨てたんだけど、コレとQJの特集号(竹熊編集の単行本も含む)は捨てられずに残ってました。
  1. 2007/09/03(月) 10:56:41 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

行きたいけどコッチではやってないんです…
DVDになるのを待つしかないんです!(><)
  1. 2007/09/04(火) 01:23:19 |
  2. URL |
  3. ケー #-
  4. [ 編集]

>ケーさん
ボクも山形でやってなかったら行ってないだろうと思うので強くは言えませんが、10年前に「なんだこりゃ~」って思いをしたのなら時間かけて上映されてる所まで行っといた方がいいと思いますよ。ちなみに、某スレにまとめてあった前作との不気味なズレ

・砂浜と赤い波のカットでスタート(旧劇場版のアイキャッチ直後と酷似)
・時に、西暦2015年のテロップがないため現在の時点で西暦何年なのか不明
・最初から海水が赤い
・血まみれで倒壊したビル群の中に巨大な人型の白線
・カヲルが赤い血の帯が付いた月らしき星で棺の中から目覚める。
 (旧劇場版で巨大綾波の血が月に血の帯をつけた事との関係は?)
・地上から見た月に赤い血の帯は見えない(カヲルのいる月は別の宇宙の月?)。
・虹の演出が多い
・人類補完計画 第27次中間報告になっていた。(旧TVと映画は第17次中間報告)
・使徒のコアが消滅すると死体は血の海になって消滅
 (ATフィールド消失のため、形象崩壊を起こし、液状化)
・使途の数が減っている。第4使徒サキエル(旧第3使徒)で残り8体。全13使徒
  (しかし第6使徒ラミエルを含めるのか不明のため13-14のどちらか)
・初号機起動時に無人の初号機がシンジをかばうシーンをカット
・恒例の十字爆発の際の爆風周辺部に幾何学的なワイヤフレーム(ATフィールド?)が描画されている
・綾波が笑うところでゲンドウのカットインなし
・セントラルドグマ最深部にリリス(サキエル風の仮面、ミサトがリリスと明言)
・カヲルのいる月にもリリス似の白い巨人(旧TV、劇場版でリリスが付けていたゼーレマーク付き仮面)
・カヲルのいる月には明らかに人工の構造物(鉄骨、クレーン)がある。
・カヲルが「また3番目か、変わらないね君も…。会える時が楽しみだよ、 碇シンジ君」とのセリフ。
・カヲルのいる月には帯状に血が付着、ヤシマ作戦後見上げた月には血の帯なし(単に見えないだけ?)
・中編:破では新キャラ登場、新エヴァ登場
・ミサトが二佐(アニメは一尉)
・サキエルが第四の使徒(第三の使徒)
・シャムシェルが第五の使徒(第四の使徒)
・ラミエルが第六の使徒(第五の使徒)
・新旧のネルフマークが劇中に存在
・ミサトがシンジをいきなりターミナルドグマに連れて行く
・リリスをリリスとして紹介(アニメでは当初アダムとして紹介)
・リリスの面が違う(アニメではゼーレマークのようなもの)
・使徒の総数が、あと八体(ラミエル殲滅直前)
  1. 2007/09/04(火) 15:00:13 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/341-10e1d85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad