禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

甲殻綱等脚目節足動物

DSC_0067.jpg

深海にオオグソクムシというダンゴムシの親分のような生き物がいる。玉置さんの書いたこの記事には動画もあるので、見たらきっと「はいはい、アレね」と思うかもしれないし思わないかもしれないし思うかなあと思いつつ実際見てみたら思ったのとちがったなって思うかもしれない(どうでもいいかもしれない)。おもしれ~なコイツとニヤけながら色々と調べていたのだが、その流れで知ったダンゴムシの生態が「え?」とビックリすることが多くてビックリした(つまりビックリが多かった事に関してさらにビックリしたのである)。オオグソクムシのように深海で暮らす生物が謎多き存在であることは実に納得いくのだが、ダンゴムシのようなそこらじゅうに転がり「ああ、彼とは子供の時はよく遊んだよ」みたいなヤツがこんなにミステリアスだったとは!以下列挙

 ・昆虫ではない
 ・エビ・カニの仲間である甲殻類
 ・エラ呼吸
 ・でも泳げない
 ・腐った植物しか食べられない
 ・江戸時代以前にダンゴムシに関する記録はない
 ・前後半分づつ脱皮する
 ・記憶が20秒しか残らない

エラ呼吸なんだってよ!「地上でエラ呼吸?」と思うかもしれないが、ダンゴムシの呼吸器官にはエラの手前に湿った部分があり、そこを介して酸素を取り入れてるという…どんだけまだるっこしいのかと!んで、当然「だったら水の中でも活動できるんだ?」と思うとこだが、無理なんですって…溺れ死ぬって…何それ!何のためのエラ呼吸?腐ったものしか食べれないというキャラ設定(設定?)に神の無情を感じ、20秒しか記憶がないという「私の頭の中のケシゴム」どころか、書くノート自体が無いに等しい!みたいな事実には思わず涙…江戸時代以前に記録がないということは、江戸~明治の間に外国からやってきて日本中にアレしたって事らしいですよ…うん、ビックリ!

関連記事
  1. 2007/08/29(水) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

これって食べられるの?
禿生さん食べてみて~~~!
ホヤだと思って。(笑)
  1. 2007/08/30(木) 07:17:37 |
  2. URL |
  3. ケー #-
  4. [ 編集]

ケー>うちの夫はホヤすらたべられないから無理だと思うわ。
  1. 2007/08/30(木) 12:45:18 |
  2. URL |
  3. オカアヤン #-
  4. [ 編集]

うん、ホヤすらたべられないから無理だと思う
  1. 2007/08/30(木) 15:15:10 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

甲殻類

「攻殻」と読み間違えたのはナイショだ。

ダンゴムシにちょっと詳しくなれた。
  1. 2007/08/30(木) 18:44:30 |
  2. URL |
  3. Kow #ftr86F3A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/338-7d9c3452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad