禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BookのShelf

めったに入らない荷物部屋の本棚には、実家を出て以来5回の引っ越しの大掃除の際、ゴミにならずに生き残った本たちが読まれることもなく積まれている。夏に何度か訪れた来客の宿泊スペースを作るため、前日片付けをしていてフト手に取った1冊がおもしろかったのでネタにしてみようと思った。

P1070148.jpg

「新感少女マンガ誌」というかなり恥ずかしいオリジナルジャンルを名乗っている雑誌『月刊 Betty』。月刊と銘打っているが「創廃刊号」とも書かれているので、いわゆるこれ1冊きりの企画誌だったのだろう。1982年発刊、1960年代から活動しているアニメーター集団『アニドウ』の発行となっている。タイトルからすると、いわゆるオタク向け美少女マンガの始祖的存在に思うかもしれないが、内容はアニメの原画や演出を本職としていたアニメーターが、かなり真面目に少女マンガを描いているのだ。しかし、少女マンガといってもパラパラとページをめくってみるとメジャーな雰囲気はなく、どちらかというとCOMなどのマイナー系マンガ誌に近い印象である。表紙は、ふくやまけいこ。

P1070156.jpg

巻頭カラーページは吉田秋生。「夢みる頃をすぎても」「夢の園」「十三夜荘奇談」という3作の後、「吉祥天女」「河よりも長くゆるやかに」の直前という、ボクが一番吉田秋生を好きだった時期の絵柄なのが嬉しい。わずか4Pだが、実に“らしい”仕事をしている。

P1070158.jpg

この雑誌の何がすごいって執筆陣の豪華さ!この頃の人気アニメーターや、これ系雑誌の常連が多く参加している。執筆者をざっと並べると、宮崎駿、高橋葉介、鈴木伸一、金田伊功、いしかわじゅん、吾妻ひでお、友永和秀、ふくやまけいこ etc...

P1070162.jpg

叙情詩に絵をつけたような、なかむらたかしのマンガ。この時期、なかむらはちょうど幻魔大戦~ウラシマンという時代なので、やはり絵柄の中に大友克洋の影響が感じられる。

P1070161.jpg

現代では「アニメオタク同士の恋愛」なんてテーマのマンガというと『となりの801ちゃん』のような自虐的+ユーモアなテイストのものになってしまうのかもしれないが、このマンガは超ストレートに少女マンガフォーマットでそれを描いている。

P1070171.jpg

こちらは、アニメーターとして長いキャリアを持つ友永和秀が、当時アニメ化され作画監督を務めた『姿三四郎』の続編という形で描いてる『その後の姿三四郎』。友永和秀といえば現在も第一線で活躍中の方だが、ボク的に印象に強く残ってるのは、『劇場版 銀河鉄道999』や『未来少年コナン』の繊細ながらもギリギリまで崩した人物の動きっぷり!顔をクシャクシャにして笑い泣き走る鉄郎やコナンの姿が記憶にしっかりと焼き付いている。このマンガにも、そんな表情芸とでもいえるようなユニークな絵柄が生きている。

P1070169.jpg

中程のカラーページは、東京ムービーがイタリア国営放送と合作し、原作に忠実な雰囲気を求めたイタリア側と揉めてその後長くお蔵入りすることになってしまったアニメ版『シャーロック・ホームズ』のイメージボード。宮崎駿以外に近藤喜文、友永和秀らも描いているのだが、どれも(意図的にだろうけど)宮崎のタッチにそっくりでビックリする。

P1070174.jpg

お次は、金田伊功と吉村牧子の合作。金田伊功といえば「金田パース」や「金田光り」なんて言葉を生み出したほどの、非常に個性的な作画で一世を風靡した伝説のアニメーターであり、この作品もいかにもな雰囲気のある、実に“らしい”マンガに仕上がっている。

P1070166.jpg

やなせじょうじ作『ロザンナ』。他の作品に比べ、コマ割りやページ構成のバランスが手慣れた感じで、ちゃんと“マンガしてる”のが目につくが、ストーリー自体はかなり唐突で「ん?え?」と思ってるうちに終わってしまった。

ボクの本棚に居座って25年…改めて読み直したのも何年ぶりだろう?これだけネタにしとけば、もう思い残すこともなく処分…とか言いながら、結局この日記を書き終えてパソコンの電源を落としたら、その足で本棚にしまい行ってしまうのだろうなあ。

関連記事
  1. 2007/08/27(月) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

コメント

あの本棚はジャンルが色々で少しビビり大木でした。
フィギアも少しビビあんでした。
余談ですが、聞きそびれたのですが「そのジミヘンTシャツはどこで買ったノリピー?いや、買ったの?」
  1. 2007/08/28(火) 07:07:20 |
  2. URL |
  3. とく #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>本棚
ほんとは全部いらないんですけどね…と今まで思ってきましたが、こうして何年前の本かって素性を知ってしまうと(というか改めて調べてしまうと)捨てられる気がしなくなってきました…25年も一緒にいたとは!ううっ

ジミヘンTシャツはタイで買ったものです。最近、日本でもタイから輸入されてきてるロックTシャツが安価で売られてたりましますよ。以前3000円以上だったのが2000円弱とかで…山形だと古着屋とかに(古着に混じって)あるんだけど、そっちだとどこにあるのかしら?
  1. 2007/08/28(火) 15:40:34 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

個人的にあの本棚はツボなので是非とも取っておいていただきたく存じます。
  1. 2007/08/28(火) 16:20:25 |
  2. URL |
  3. ィシィ #-
  4. [ 編集]

すっっっごく、手に取って読みたいです。
きっとうちのオットも狂喜乱舞することでしょう。
彼は時代とシュミこそその周辺にいたものの、少女漫画には一切手を
出さなかったので、存在すらしらなかったかもしれません。

いつかお会いできる日が来たら、遠慮なく「貸して」って言うと思います。
それまでゼッタイ本棚においといてください!
  1. 2007/08/28(火) 17:15:38 |
  2. URL |
  3. まやちー #G91RSZjw
  4. [ 編集]

あと、あれだけの物量を収めながら、よくぞ棚板がしならないなぁと感心いたします。うちの本棚はヤワな奴で、格段全て歪んでます。
  1. 2007/08/28(火) 17:17:46 |
  2. URL |
  3. まやちー #G91RSZjw
  4. [ 編集]

うわー!

おいらもそれ持ってたよ!!

親父がどっかに売り飛ばしたけど。

すっげ読みたい、読み直したい!
すごい顔ぶれだったんだよなあそういえば。
くそう今になって勝手に処分された悔しさが蘇る

吉祥天女と河よりもは相変わらず持ってますがw
  1. 2007/08/29(水) 02:15:56 |
  2. URL |
  3. さとし #-
  4. [ 編集]

>ィシィさん
お、奇遇だねえ~ボクもツボなのだよ!
でも邪魔

>まやちーさん
いやはや、この日記
まやちー夫妻なら反応してくれるだろうと
思いつつ書いておりましたよ。
もちろん、お貸ししますとも!
でも、内容に関してはあまり期待し過ぎない方がよろしいかと…
執筆陣は豪華なのですが、ページ数が少ないので
いまいち煮つめきれてない作品が多い気がします。
本棚は、ボクもよくしならないなあ?と不思議です…

>さとしくん
まさか、読んだことある人がいるとは…
こんな記事も書いてみるもんだね~びっくりだよ!
しかし物凄い確立だよね…それ程ディープなマンガオタでも
ない知り合い同士がこの雑誌を知ってたなんて、
ネットで検索してもまともな記事とかでてこないもの…
や~びっくりした
  1. 2007/08/29(水) 10:32:26 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

同感、おいらも禿ちゃんがこれを持っていたことがびっくりですよ。
知り合いで持ってるどころか存在知っている人すら1人もいなかったもん。

当時は自分で言うのもなんだけどすさまじい程の漫画ヲタでした。本屋行けば翌月の新刊発行リストを店員がくれたし、ぱふだのの編集部とかにもネタ欲しさに行ってましたよw
つうかこれおいらが高校生のころに出たような気がする。何で持ってるのほんとに??
  1. 2007/08/30(木) 19:19:18 |
  2. URL |
  3. さとし #-
  4. [ 編集]

あ、さとしくんはハードな漫画オタクだったのかあ…ボクはきっと中学生くらいだと思うんだけど、普通の漫画やアニメよりもちょっとサブカル系的なおもしろさのあるマイナーなものに惹かれてたんだと思う。雑誌もAnimecとかOUT、ファンロード…で、エロ系だとレモンピープルに漫画ブリッコね。んで、アニメもガンダムやマクロスを見てたけど毎回ビデオに撮るほどハマってたわけではなく、むしろ大学のアニメ研の上映会みたいのに通ったりって、そっちの方が好きだったなあ…この本を買った理由は、全部読み切りだったのと情報量が多かったからかなあ…この頃は、やっぱり少ないこずかいの中での買い物だから、なるべく長く読める…文章だったら小さい文字びっしり!漫画だったら描き込みの激しいもの!みたいな、価値観があったから、そういうのをクリアして購入に至ったんだと思います。

ぱふの編集部とかって、実に『東京のオタク高校生』ぽいエピソードでいいなあ…うらやましい。
  1. 2007/08/31(金) 14:04:11 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/335-83b861fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad