禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Freedom

1985年11月 原宿の代々木オリンピックプール、ステージ上の尾崎豊が繰り返し叫ぶ「自由になりたくないかい?」マイクが客席にむけられ、オーディエンスの歓声が広がる…初めて観た尾崎豊のコンサート、高校の同じクラスで尾崎ファンだった角さんと「どっちが尾崎について詳しいか」を自慢しあいながら千葉から2時間かけてここまで来た。そんな小競り合いは、会場に集まった1万5千人の自分達と同じような自意識過剰な若者の熱気を前にしぼんでしまったが、ライブが始まってしまえばそんな気持ちも吹き飛び、思い入れのある曲を一緒に歌える快感に心酔していた…で、冒頭の言葉だ「自由になりたくないかい?」自由?前の席で体を揺らしていた髪の長い男が拳を高くかかげ「オーーッ!」と応える。自由?女の子のかなきり声が響く「オザキーー!」。自由?自由ってどんな?例えば、好きな時間に好きな女の子と好きなだけ電話してられるとか、好きなものを好きなだけ食べられるとか、学校行かなくていいとか、家族と離れてひとりで暮らすとか…そういう状態になりたいかい?って聞いてるんだろうか?そりゃ「好きなものを好きなだけ食べたいか?」と聞かれれば、前の席の長髪男と一緒になって「オーーッ!」と拳を上げるのもまんざらではないけど、自由って…自由ってどんな?

尾崎豊に限らず、彼の登場と前後して現われたメッセージ色の強い歌詞を扱うアーティストや、その後のバンドブームの中でも「自由」という言葉は多く使われた。しかし、ボクはこの単語を耳にするたびに頭をひねっていた。自由…例えば、上に書いたように自分のワガママがいくらでも通る状態のことを「自由」と呼ぶのであれば、ボクはそれを強くは望まない。だって、世の中みんながワガママに暮らす世界は酷いものであろうから…欲しいモノを奪い、不要なモノを捨て、じゃまなモノを殴る…それは、奪い捨て殴るのと同時に、奪われ捨てられ殴られる事を意味しているから。

はじめて2ちゃんねるを見た時「これだ」と直感した。「これが自由な世界だ」と…夢見がちなアーティスト達が歌ったキラキラした世界ではなく、ボクが想像した自分のワガママがいくらでも通る世界…汚い言葉の羅列が剥き出しの欲望を唱え、嘘や陰口がまかり通り、たいそうな理屈を語ってたかと思えば矛盾を指摘された瞬間に口を閉ざし議論さえ成立しない。そんな世界がここに実在している…もし今、尾崎豊が生きていて2ちゃんねるを見たら何を思っただろうか?自分のスレッドに並ぶ煽り文句の数々に落込み「便所の落書き」と切るだろうか?インターネット空間の片隅で怪しく息づく文字達に、かつて自分が求めた自由を見い出す事ができるのだろうか?

ボクにとっては「歌」が与えてくれた自由・自由な世界というものへの複雑な感情だが、長い歴史の中で多くの人が例えば「小説」から、例えば「映画」から得てきたのでは?と思う。しかし、そのほとんどの人は自由に触れることなど出来るわけもなく、夢や想像の中で思い描く事しかできなかったのだ。でも今、我々はインターネットという空間を通じて、言葉という自分の意志を自由な世界に投じるころができるのだ。そう、これは極めて特殊な事態…そんな事を考える時、ボクはつい妄想してしまう「2ちゃんねるを管理しているひろゆきという人は、実験してるんじゃないかしら?」と…自由な世界を実在させたら、それは地獄になるのか?それとも天国になるのか?両方が入り乱れて安定した状態が作り出されるのか?大昔から偉大な哲学者をはじめとし誰もが妄想したであろう壮大な実験を、インターネットという空間の中で行い、それを観察しているのでは?これほど大層な目的があるのなら、彼が色々な事を犠牲にしながらも2ちゃんねるを守り続けている理由として納得できる。

あの夜、尾崎豊はステージで言った「笑いたいやつは笑え、俺を信じるやつはついて来い!」先頭で旗を降り、駆け抜けてった尾崎はそのまま時代のクレパスに転げ落ちてハゲタカのエサになった。尾崎の叫びにノリ切れなかったボクは、燻った気持ちを抱えたまま大人になり、薄暗い部屋でパソコンのモニターを凝視している。馴れ合い…殺伐…多くの流行廃りを経て変化し続けるこの実験の場を、できる限り理解し、できる限り記憶して、機会があったらあの世で尾崎に教えてやりたい「1985年11月 代々木オリンピックプール、あの時アンタが言ってた“自由”ってやつ…オレ見てきたよ」

sure.jpg


関連記事
  1. 2007/08/23(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

自由じゃない人

尾崎に共感してた人は自分が自由で無いと思ってる人なんだと思ってた。
いや、今でも思ってる。
尾崎の言ってる自由は誰でも叶えられるものばかりなんだけど、なにかを捨てないと叶えられなくて、それを捨てられない人が共感してると思ってた。
いや、今でも思ってる。
捨てられないどころか捨てたいとも言えない、でも尾崎が代弁してくれている。

そんな感じだと思ってた。
(いや、今でも思ってる)
  1. 2007/08/23(木) 17:21:25 |
  2. URL |
  3. Kow #ftr86F3A
  4. [ 編集]

文章の本筋と違うけどこのスレ禿げちゃん立てたの??

一行目の名前の時点で吹いたw
無理っしょ。
最低二本要るもん。
でも皮が長ければゼンマイの代わりにはなるかも。
  1. 2007/08/24(金) 02:13:09 |
  2. URL |
  3. さとし #-
  4. [ 編集]

回すより、袋の方を広げてモモンガのように自由に空を飛ぶ。

「空」という限定されたモノの中では「自由」を勝ち取れる・・
  1. 2007/08/24(金) 08:23:32 |
  2. URL |
  3. babydriver #v6O6VgHs
  4. [ 編集]

>Kowさん
難しいこと考えるなあ…確かにそういう一面もあるかもしれないね。ただ、自分があまり好きでないものってすごく分析するけど、好きなものってあまりしなくない?「なんで好きなの?」と聞かれても「…好きだから好き」みたいな。だから、ボクは自分や尾崎ファンが君のいうような人物であるかどうかってピンとこないなあ…でも、否定するつもりはないし、いつかピンとくる日が来るかもという気もします。

>さとしさん
そうそう、この日記の画像何にしようかな?と考えて、思いついたのがコレ!初スレたてしちゃったよ!マッハで落ちたけど、結構レスもついて嬉しかっただ。「早く回しすぎてとれちゃったわよ」の人が、ちゃんとオネエ言葉だったのに笑った!

>babydriverさん
その昔、中田雅喜というマンガ家さんが、大陰唇をまさしくモモンガのように広げて空を飛ぶ女性を描いてましたっけ…とりあえず今夜、風呂場で袋を伸ばしてみます。
  1. 2007/08/24(金) 14:02:17 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

感覚

感覚として感じてただけで文章にしてみたのは初めてだよ。
尾崎ブームとか見ていていろいろ感じていたのはあるけど、こうして文章にしてみたのはいつみの日記を読んで初めてやってみた。
これだけの文章作るのに考えながらまとめながらだから30分くらいかかってるよ(笑)
俺はたぶん一生ひとりのアーティストに心酔することは無いと思う。
グルーヴはするけどね。
  1. 2007/08/24(金) 18:21:31 |
  2. URL |
  3. Kow #ftr86F3A
  4. [ 編集]

30分!よくぞ途中で投げずに書き切った!素晴しい!
ひとりのアーティストに心酔かあ…よっぽど、名盤を1枚だけリリースして売れないまま行方不明…なんてのじゃない限りなかなか難しいかもね。
  1. 2007/08/27(月) 13:15:51 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/333-5190a0ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad