禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あしたてんきになあれ

P1060399_.jpg

一昨日の朝、すごく久しぶりに怖い夢を見た。街がひとつ吹き飛んでしまう光景を見てる自分…雰囲気的には、遊創の丘から山形の市街地がズン!と、こう…ドン!てなるのを見てるような感じ。「あ、これはもうダメかもな」と思いながら、ゼニを抱き、妻に「落ち着け、とりあえず落ち着きなさい」と言ってるとこで目が覚めた。昔はよくこんな夢を見たけど久々だったな…と思いながらシャワーを浴び出勤、カーラジオの「今日は広島に原子爆弾が落とされた日です…」という語りにハッとしてグッときた

 ハッとして
 グッときて
 パッと目覚める恋だから
 フッとした瞬間の君は天使さ

ちがうちがう、ハッとしてゾッとした。そっか…と、しばし呆然。小学生の頃、うちの母はやたらと戦争の悲惨さが強調された映画や絵本や漫画をボクに見せた。戦争がどれほど残酷かを教えたいという母なりの考えがあったのだろうし、その頃の時代の雰囲気もかなり反戦方向に思想が偏り、教育委員会が推薦していた夏休みの課題図書などにもそれ系のタイトルが多く並んでいた。空襲によって子を抱いたまま焼けこげた母の姿、原爆で溶けた肌を垂らしゾンビのように街を徘徊する人達、血で赤く染まった川に折り重なる屍体、半壊した病院の床に横たわり全身ガーゼに覆われ苦痛に顔を歪める人の訴えるよう目…すべてが頭にこびりつき、ボクの心を支配し、何度も何度も繰り返し音が映像が再生された…まるで壊れかけのRadio

 華やいだ祭りのあと 静まる街を背に
 星を眺めていた けがれもないままに
 遠ざかる故郷の空 帰れない人波に
 本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadio

ボクがまず言いたいのは、ラジオは「本当の幸せ」を教えてくれたりする装置ではないってこと!そして、たとえ新品でもそんなことできないのに壊れかけのラジオに負わせるには荷が重すぎる!そう、普通の子供は大丈夫なのかもしれないけど、妄想力の強い子供に戦争の残酷な面ばかりが強調された映画や絵本や漫画を…漫画を!漫画を!漫画を!何の漫画のことかは察してください、タイトルは未だに怖くて書けん!を見せるのは、ちょっと荷が重すぎるのですよ。だから、もうちょっと段階を経てこうよ…まずはビジュアルだけでも馴らしていこうよ。いきなり人間の丸焼けとかじゃなしに、車に轢かれたカエル、犬猫、そしてしめられた鶏、んで次は映画にいくか…ゾンビ、死霊のはらわた、SAWと、ここまで見ても夜うなされたりしないようになってから、初めて戦争方面に踏み込もうじゃありませんか!

あの時見た映像が悪夢となって襲ってくる夜は20歳近くまで続き、その後も断続的に繰り返された。戦争に対する思考は恐怖心からくる嫌悪感だけで止まり、それより深い「人はなぜ戦争をするのか?」「戦争とは何か?」という大事なとこへ考えが及んだのはもう少し後のことだった。30何年の時間がたち、もうすっかり消えたと思っていた幼い自分が、未だに8月6日に縛られこうして悪夢を引き連れてくる事に驚きつつも、懐かしさをも覚えた

 旧いフィルムのような ざぁざぁ雨に
 戦車のような 黒雲びゅうびゅう
 人さらいの夢に 怯えた少女は
 いっちょうらの涙を
 ぽつり
 あしたてんきになあれ
 あしたてんきになあれ

  

関連記事
  1. 2007/08/08(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

コメント

わたしもあの漫画は精神的ブラクラです。大人になってからも見ることはできません。学校で映画をみた夜は必ず眠れなくて(夢にでてくるから)父にせがんでドライブに行ったりしました。
反戦精神はばっちり植え付けられましたが…。
  1. 2007/08/08(水) 18:32:41 |
  2. URL |
  3. りりこ #-
  4. [ 編集]

ハッとして ゾッとくる時期ですよね。
今年こそは、大丈夫っと思ってたんですけど
TVのCMでやられました・・・w
今週の金土と、連続2夜でドラマ化だそうです・・あの漫画。
  1. 2007/08/08(水) 20:18:41 |
  2. URL |
  3. おしるこ #-
  4. [ 編集]

なるほど。そういう考え方もありますね
私も先日チビに対してどのように原爆の話をすれば
いいのか。凄く悩みました
学校ではそのことについて
自分達が子供の頃に受けたような授業は
やっていないようだし
かといって私たちが受けた授業が正しかったのかも
今となっては曖昧でわかりません

あの漫画は私も正直苦手です。
二度と見ないでしょう。

しかし、難しいです。子供にどのように説明すべきか、結局はそこに私の主観が入ってしまうわけで。
悩んでいるところです。
  1. 2007/08/08(水) 21:34:39 |
  2. URL |
  3. sachika #-
  4. [ 編集]

昔、まだ小さかった私が母と図書館に行った時にあの本を見つけて開いた瞬間、「えっ…!」と思わず動揺してしまっていたら、それを見つけた母が「これ、お母さんと読もうか」と言ってかわいい絵本を持ってきました。
母はとても涙もろく感情豊かで、そして「こわい」というものがとても苦手。
だから単純に「子供に、自分がこわいものを見せたくない」という気持ちだったのかもなと思います。
戦争のことなんて教えなくてもいいという気持ちではなかったんだろうけど、それよりも「こわい」ものに子供を近づけたくないという気持ちの方が強かったのかも知れません。
なんせ、私と同じく本当に「弱い」母ですから。
今まで広島に行く機会もなく、沖縄へは高校の修学旅行で行ったけどひめゆり関係の場所へのスケジュールはありませんでした。だからきちんとした本を読んだりそういう場所へ行ったりは全くない私ですけど、色んな場所で目にすることになった「戦争」というものに自分なりの考えを持つことが出来てるんじゃないかなぁなんて勝手に思ってはいるのですが、でもでも被爆者の方達の気持ちを思うと、もっともっときちんと知って欲しいんだろうなとも感じます。

私に一切本などで戦争について教えなかった母は正しかったのか、それはやはりダメなことだったのかわかりません。
私と母は結局、戦争というものから目をそむけていただけなのかも知れません。
戦争を伝えていくにしても、伝えられる側の年齢なども考慮してお話するのがいいんでしょうね。
そんなことを言いつつ正直、私が子供を持った時は母が私にしたように絵本を持って子供のそばに行ってしまうような気がします。。。
  1. 2007/08/09(木) 11:57:50 |
  2. URL |
  3. ゆに #-
  4. [ 編集]

>りりこさん
あの漫画…意外と平然と読んでる子とかもいるのよね。「だって漫画じゃん?」みたいな。ネットでも明るく(っていうか何ていうか)ネタにしてる人も多いし…そういうの見ると、自分てどんだけ繊細ぶってんのよ!みたいな気持ちになったりもします。

>おしるこさん
この日記アップする時、文章の最初に「※おしるこさんは読まない方がいい内容です」って注釈入れようかと一瞬マジで考えた。そのドラマのニュース、ボクもネットでちらっと見かけました。「ゲッ」と思ったけど、中井貴一ファンとしては彼が何役で出るのかだけが気になってます。TVCM見てしまったとはお気の毒に…

>sachikaさん
はじめは内容に対してショックを受け、その後は徐々に親に対して「何であんなの見せたの?」という怒りに変わり、高校ぐらいで屁理屈得意になった頃には親を責めたりもしましていました。それほど極端に過保護な環境で育てられたわけではなかったのですが、生活苦や病苦を知らずに育った自分に人としてタフさはほとんど無かったように思います。なので、毎日適温のお風呂を用意され入っていたのに、ある日突然熱湯風呂に突き落とされたかのようなショックがありましたね…恵まれた環境でない人に言わせれば「何甘えてんだ?風呂の温度くらい自分で確認するもんだ」って話でしょうけど、まさしくぬるま湯でふやけきってた少年にはかなり荷が重かったのです。なので、もちろんsachikaさんに押し付けるつもりはないけど、小学生高学年くらいまで時間をみていただいて、勉強や運動で挫折を覚え、人間関係で傷つき成長し、ある程度打たれ強くなった頃に教えてあげても遅くはないと思いますよ…それに、もしかしたらそれまでに友達やTVから聞こえてくる情報もあるのだから、興味を持って質問してくるかもしれませんし…

主観が入ってしまう事に関しては、主観ばっちりでいいと思いますよ!むしろ「ママ、あの時あたしにこう言ったよね」と聞かれた時に、一般論や本のせいにするより「うん、ママはそれが正しいと思ったから言ったんだよ」と胸を張った方がカッコイイかと

>ゆにさん
結果としてゆにさんがそういう正常な感覚をもった女性に育ったって事は、お母さんの態度は正しかったんだと思います。親も子供も十人十色、どういう理念でどういう方法で育てたら他人の痛みをわかることができて、思いやりを持った人間に育てることが出来るかってのは、同じ秤では測れない事のような気がします。ボクもまだ子供を育てたことはないので想像に過ぎないけど、こういった戦争の問題、携帯電話、セックス、お金…どうやって子供と価値観を共有していけばいいのか?そもそも、共有する事はできるのか?考えただけで過食に走ってしまいそうになります。
  1. 2007/08/09(木) 15:40:48 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

お気遣いありがとうです♪

日記のタイトル見て、あの話題かなぁ?と思ってから
見に来たので、大丈夫ですよーw
今年は、去年より大分平気です。
買い物したり、出かけたり楽しい事でかなり紛れてますw
  1. 2007/08/09(木) 17:28:14 |
  2. URL |
  3. おしるこ #-
  4. [ 編集]

>今年は、去年より大分平気です。
それは何よりです。「禿生さんの日記見てから酷くて…」とかだったら、どうしようかと思ってました。
  1. 2007/08/11(土) 21:32:14 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/320-41284b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad