禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

残像

P1060444.jpg

咳の薬、飲み続けてはいるが一向に良くなる気配がない…これは、また別の病院に行かねばならないって事かしら…気が滅入る。妻にはまだ話してないが、数カ月前に痛んで通院した下腹が最近また痛んでいる…しかも今度は前回と逆の右腹だ。ここ2週間ばかり、ちょこちょこと忙しく夜歩きしてなかったから運動不足が祟ったのかもしれない、今週はみっちり歩いてみようかと思っている。デスクワークと車移動のみの生活だと、どうしても深く呼吸する事や腰を大きく動かす事が少なく、内臓も鬱々してしまい体調も悪くなってく気がする。

昨夜は、久々に近所の小学校の校庭を走った。真っ暗な夜中の校庭にいると、船橋に住んでいた時を思い出す…あの頃も行きつけの小学校があって、夜中によく走ったり鉄棒にダラーンとぶら下がっていた(重いので懸垂はムリ)スグそばの高架を走っている湾岸道路の灯りが薄ぼんやりと校庭全体をオレンジ色に染め、誰もいないはずの真っ暗な校舎の窓に人影が見えるような気がして、ドキドキしながらボテボテと走った。歴史のある学校だったから…というわけではないだろうが、そこかしこに残る子供達の残像も濃く、誰もいないはずの体育館でバーン!とか、プールでパシャーン!なんて音を聞いた事もある。

最近毎週見てるアニメ『電脳コイル』の劇中で、よく“更新されてない空間”とか“空間のバグ”という表現が出てくるが、夜中の学校で感じる子供達の残像もそういう類いのものではないかと思う…や、あくまで妄想話としてね。ほんの数時間前は実際その場にたくさんいた子供達の出した音や気配が、その場にバグとして残ってしまい、おかしなタイミングで再生されてしまう…みたいな。

さらに、妄想を膨らませ怖い話的に考えてみる。バグが残ったのは偶然ではなく理由があるとしたら…例えば、友達がいなくて校庭に遊びに行けなかった子供の走り回ってサッカーしてる級友に対する羨望の眼差し…もしかしたら身体的な理由で校庭で遊べない子の「自分も外で遊びたい…」という寂しい気持ち、強く深い心の傷がその場に残像を残しているのかもしれない。プールで溺れ亡くなった子の、体育館の床に後頭部を強打して亡くなった子の最後の瞬間、最後に発した大きな音が大きな驚きの感情と共に、その空間の残像として残ってるのかもしれない。

昨夜走った小学校、実は1年程前まではよく通っていたのだが、何ていうか、その…残像がだんだん濃くなってきたので、ちょっと怖くなって最近は行ってなかったのだ。決まって同じ窓に見える人影…場所が同じなので街灯の写り込みか何かだと思い込もうとしたのだが、あまり気持ちのいいものではなく…もちろん「幽霊?」みたいにハッキリ見えるわけでも、自分も凝視したわけでもないけど、ちょっとドキッとすることもあって止めた。

そう、1年前の夏まだ明るさの残る夜7時頃だっただろうか、妻と2人で居酒屋に向かって歩いてる時にその小学校の脇を通った。歩きながらフェンス越しに誰もいない校庭を見ていた妻が「あれ、まだ学校の中にいる子がいる」と言ったのだ…ギョッとしながらも校舎の方は見ないように、妻に聞いた「2階じゃね?」「うん、あ…あれ?いなくなった」「左から2コ目の窓じゃね?」「うん、あれ~?」妻は、しばらくキョロキョロしてたが住宅街に入り校舎が見えなくなると「あ、何で場所わかったの?オトウヤンも見てたの?」「いいや、カンだよ勘!」「なんだそりゃ」ちょっと不満気だったが、それまで話してた『オトウヤンの酒乱を発動させないための作戦会議』の方に会話を戻すと、それ以上は何も問い詰めてはこなかった。

で、昨夜その残像はあったかって?あった、でもすごく薄い気配だった…どうやら、一定期間の時間を置くとリロードされるみたい

関連記事
  1. 2007/07/24(火) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ゾッーとしました。霊感あるのですか?なくとも見えちゃうんですか?H小ですよね?そんな噂は聞いてなく周りにも聞いてみますね。
  1. 2007/07/25(水) 16:32:32 |
  2. URL |
  3. にゃんこ #-
  4. [ 編集]

>にゃんこさん
霊感なんてありませんよ~あくまで怖い話的に妄想してみただけですんで、話半分と思っていただいて結構でございます。
  1. 2007/07/25(水) 17:08:35 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/306-7465c161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad