禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Self-endeavor for recognition

gaijin_cora.jpg

相変わらず、You Tubeを見ながら晩酌の毎日でございます。最近、ちょっとハマってるのが『日本語を話す欧米人』の動画。最初に発見したのは、自称「オレはなかなかデブなもの」という熊髭男性の“俺は日本語が下手くそ”というタイトル。すっごく流暢に「どうして、オレは日本語が下手くそなのか」と語る姿(しかも、妙に冷静に分析している)に人種を超えたオタクマニアックな趣味をもっていそうな男性特有の雰囲気を感じずにはいられません。

 I suck at japanese!(俺は日本語が下手くそ)
 http://www.youtube.com/watch?v=ktliKVYO_II

“俺は日本語が下手くそ”のリンクをひと通り見て一番おもしろかったのが“何で日本語を話すの?”というタイトル。ビデオ編集が趣味だというだけあって、細かいカットをテンポよく繋ぎあわせてコミカルなリズムを作り出している。注目すべきは、彼の瞳がいつも虚ろなことかな…やはり、オタクマニアックな趣味をもっていそうな男性特有の(以下略

 Why Can I speak Japanese?(何で日本語を話すの?)
 http://www.youtube.com/watch?v=m3oDgoNBvRs

さらに、彼のリンクをチェックして見つけたのが、エミリーという17歳の少女。見てるだけで恥ずかしい!ていうか、見てる方が恥ずかしい!さすが17歳、自意識過剰で自己顕示欲が旺盛でそれでいてどこか抜けていて…歌いだした時なんか思わずビール吹き出してしまうほど恥ずかしい!

 エミリーのビデオブログ
 http://www.youtube.com/watch?v=SZIuCzbVSJ4

で、ちょっと調べてみたら、彼女それなりに日本で人気あるみたいですね。2ちゃんねるには応援スレをはじめ、アンチ罵倒スレがたくさんありました。エミリーが望むように、ほんとに日本の歌手になれたら素敵だろうけど、険しい道程だろうなあ…でも、17歳の若さでこんなに多くの絶賛と罵詈雑言を同時に浴びせられた少女が、どんな人生を歩んでいくかについては興味が涌いてしまいます。10年後…日本でタレントになれたものの、鳴かず飛ばずで今さらアメリカに帰ることもできぬまま六本木のバーでホステス…とか、日本に行くという夢を果たせぬままパッとしない日々を浪費し、すっかり太って変わり果てた姿で日本絡みのイベントに現われては若い日本漫画オタク少年少女に「アタシ、昔は日本人に人気があったのよ。ほら、これが日本のファンからのレター」とか言いながら古びたスクラップブックを見せては嫌がれる迷惑おばさんに…とかとか

 エミリー公式サイト http://www.applemilk1988.com/
 エミリー日本語ブログ http://ameblo.jp/applemilk17
 mixiエミリーコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1735728
関連記事
  1. 2007/05/18(金) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

面白い。

最近、ちょっとハマってるのが『日本語を話す欧米人』の動画。を読んで吹いたんです。W。

他のエントリーも読ませて頂きます!

  1. 2009/09/07(月) 13:11:45 |
  2. URL |
  3. ななみ #-
  4. [ 編集]

>ななみさん
ありがとうございます。外人の日本語、面白いですよね…最近、ヤフオクで落札者が最初の挨拶で「実は私、シンガポール人です」という(すごく私的な)事件があったのですが、定型文みたいのはすごく上手な丁寧語なのに、無駄話には命令口調だったりと、そのコントラストが面白かったです。無事に到着した事を伝えるメールは「こんにちは、私は靴を受け取った。」の一文のみでした。
  1. 2009/09/10(木) 16:05:02 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/274-bc6e659f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad