禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

泥酔千本ノック

おそらくこの世に存在しないのであろう飲み屋街を、ボクは知っている。飲み屋ではなく『飲み屋街』だ。いやなに、ここ2年ばかし数カ月に1度見る夢に出てくるってだけの話なのだが、いまだこの街にある店に入ったことはないってとこが自分でも何ともじれったくて記憶に残っている。たいてい人通りの少ない昼間のうちに街中を散策し、開店準備をしている居酒屋を物色して良さげな店をチェックしておき、いざ夜になって賑わい始めた赤ちょうちんを目指すあたりで目を覚ます。ん、あれ?なんて目をこすりながら「今のって…どこの街だっけ?」と考えて気づく「ああ~またいつものあの街だ」そんでガックリと肩を落とし「だったら、あんなにジックリ吟味せずにとりあえずパッと手近な店に入って生ビールの1杯も飲んでおけば良かった…」と後悔するのだ。夢の中ならどれだけ飲んでも財布が軽くなることもないし、酔いつぶれてヘドを吐くようなこともない。

最近思うんだけど、泥酔して記憶を失ってる間の自分はもしかしたら、あの夢の中にある店に入れてるんじゃないかしら?という気がしてならない。脳ミソの奥の、理性という垣根を越えたあの場所は確かにボクの記憶の中にカタチとして存在しているのだから、制御回路がフリーズしている自動操縦状態な自分の肉体とは別に、動きの鈍くなった重たい体を抜け出した魂は軽やかなステップで、輝ける2軒目の扉を叩いてるのかもしれない。

思えば自分がよく泥酔状態に陥るようになって随分たつが、これといったトラブルやケンカ事に巻き込まれずに済んでおり、これはひとえに妻や友達のおかげと言って過言でない。暴力をふるったりこそしないものの、噛みつく位のことはすると聞いているし、口も相当悪くなっているはずだ。でも、いまのところ酒乱で友達を失ったことはないし、出入り禁止になった店もない…んん?もしかしたら、ボクの酒乱は聞かされてるほどひどくないのでは?ボクの記憶が途絶えてるのをいいことに、妻がある事ない事でっちあげて大袈裟に語ってるだけでは?そんな妄想を湧かせていた矢先、GWに東京でやった飲み会での酒乱ぶりを妻がカメラに納めてくれていた。

deisuiji1.jpg
まだ真顔で会話してるのだが、目が酒乱色に輝きだしたのを察知した妻が撮影開始

deisuiji2.jpg
一転してフイに楽しくなりテンションが上がった!と、思ったらゲンちゃんの肩にガブリ

deisuiji3.jpg
「これこれ、よしなさいホレあっちあっち」「ウガー」「ダメダメ、オレの方に向けるなって!」

deisuiji4.jpg
執拗に噛もうとする口に、とっさの機転でゲソ天を入れられ大人しくなり、そのままバタリ

deisuiji5.jpg
店を出ても自力で歩けず、自分より身長の高い2人にぶら下がるようにホテルへ送還

すいません、やっぱり友達と妻のおかげでした。いやあ…ひどいね、目いっちゃってるしね…怖い怖い。みんなが笑顔なのがせめてもの救い…いていうか、これを許して楽しんでくれてるみんなが偉いわ。今までボクの飲酒に付き合ってくれた方々に心より御礼申し上げます。ほんとにいつも、お世話になっております、めいわくかけてありがとう。いつか、みんなの酒乱が発動して意識が飛んでしまうようになったら、ぜひボクの脳内『飲み屋街』に遊びに来てください。基本的にボクは、あの街のすべての飲み屋に同時に存在してますから、どの店でも気軽に暖簾をくぐって好きなだけ飲んでってくれ!支払い?気にすんな気にすんな、ボクのおごりだから楽しくやってくれ!

P1010137.jpg

次の朝、ホテルのエレベーターホールにパンツ1丁で倒れている所を、もぬけの空になったベットに驚き捜しに来た妻に救助された(発見してホッとして部屋までカメラを取りに戻ったそうだ)。たぶん脳内2次会で盛り上がった後、現世に帰ってきて3次会に出ようとしちゃったんだと思う。道路で出てたら車に轢かれてたか、不良少年に狩られていたか、ブタ箱に入れられてたか…いやいや、わかってるって。ボクはまだアッチの飲み屋街に行く資格は無いって神様が言ってるんだろう
関連記事
  1. 2007/05/09(水) 13:39:10|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コメント

イヒ

こんなんでました。
ttp://negi.pupu.jp/itsumi/
(※公開期間終了)
  1. 2007/05/09(水) 21:06:57 |
  2. URL |
  3. とく #mQop/nM.
  4. [ 編集]

すごいものを見ちゃったよとく・・・。
そして写真もすごいよ・・・二軒目の幻、なんか小さいころ一回遊んだのに二度と行けなかった空き地のことみたい。
  1. 2007/05/09(水) 21:14:31 |
  2. URL |
  3. 慶 #efoIbywo
  4. [ 編集]

よく見ると俺もテンション高いですね。
いや、びっくり。
  1. 2007/05/09(水) 22:51:51 |
  2. URL |
  3. ィシィ #-
  4. [ 編集]

最後の写真、いつもの見慣れた写真に見え。毎回期待してるんですけどね、泥酔アケボノ写真^-^;
  1. 2007/05/10(木) 01:19:19 |
  2. URL |
  3. DVD20枚 #-
  4. [ 編集]

ほんとすいません(汁)
オレすっげえ怒ってる(笑)
もうね、コレ人間じゃないもんね。
なんか獣だものね・・・。
ここまでくると全くいうことをきかない!
いつもご迷惑おかけしております。
どうか、懲りずにまた遊んでやっておくれです(涙)
  1. 2007/05/10(木) 12:29:35 |
  2. URL |
  3. オカアヤン@妻 #-
  4. [ 編集]

>とくさん
とくさんはこうして度々、ボクや仲間達の失態画像を公開してるけど、いっぺん自分自身もさらすべきだと思うよ。それが出来ないなら、もう少し持ち上げるような文章を付記するべき!なんで、自分がこの酔っぱらい男の画像や動画をみんなに見てもらいたくなったのかってのを文字にして主張して欲しい。通りすがりの狂人を撮りましたってわけじゃないんだからさ、ボクはあなたの友達なんだからそこんとこ手抜きしないでいただきたいです。

>慶さん
そうそう、だからこの話は実は酒乱話でありながらピーターパンでもあるのよ。最後の倒れてる写真は、あっちの世界でフック船長と闘い精魂尽き果て倒れてる姿なわけ。パンツ一丁だけどさ

>ィシィさん
いつもお世話になっております。今度、会った時はボクの乳首を好きなだけ噛ませてあげますので、どうか御勘弁ください。ィシィさんもうちの妻も制し役だから、なにげにいつもテンション高く叱りまくってるよね。猛獣使い的な感じでさ…

>DVD20枚さん
泥酔アケボノ…確かに酒にKOされ朝日に照らされる姿ってのも美し…いやいや、そんなこたない。しかし、路上じゃなかったのがせめてものアレでした。

>妻
猛獣(知力は極めて低い)とそれを捕獲しようとしてる人間、あとスキを見てイタズラしてる原住民の子供ね…
  1. 2007/05/10(木) 15:12:01 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

千本ノックおつかれさまでした。
きっと球がホテルのエレベーターホールまで飛んでったのでしょうね。
ナイスガッツ!
たとえ取れなかった球があったとしても
奥様はじめ後ろにちゃんと協会の方たちが控えてますから大丈夫。

って先に帰ったから言えるセリフなのかもしれません(笑)
またパワーロックトゥデイしましょう!
  1. 2007/05/10(木) 15:24:18 |
  2. URL |
  3. まき #-
  4. [ 編集]

>まきさん
わたくし以前、酔って標本さんにカラんでしまったことがありましてですねえ、今回も出かける前から「標本さんにカラんじゃいけない、カラんじゃいけない」と自分に言い聞かせ、ゲンちゃんにも「ボクが標本さんにカラみそうになったらお経を唱えて静めてくれ」とお願いしたりしてたんですよ。んで、標本さんが帰ったら自分への呪縛が解けてしまい、隣にいたゲンちゃんをガブリ!っていう…まあ、それはそうとこの時は楽しくお話しさせていただき、ありがとうございました。また近いうちに、ミック・マーズ萌えについて語りあいましょう!
  1. 2007/05/11(金) 12:02:29 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

なにからまれたのかがおもいだせないわん。
  1. 2007/05/12(土) 00:15:14 |
  2. URL |
  3. 標本 #9ddgPdqs
  4. [ 編集]

>標本さん
先に寝てしまったアナタに「おちんちん剣道(山形に伝わる男性器を使った果たし合い)で勝負しろ!」て、ボクがしつこく詰め寄ったんですよ。そんでアナタが「いいかげんにしろ!」って怒りを爆発させた場所が後の蔵王のお釜になったわけです。
  1. 2007/05/12(土) 14:25:33 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/267-c8dbed5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad