禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土器を投げる症状

thumb.jpg

久々にやってもうた…事前に期待し過ぎて、作品のハードルを勝手に上げまくってしまったらしく、うまく入り込むことができなかった。昨年から見たい見たいとつぶやいていたアニメ版『時をかける少女』、とにかく劇場公開時から評判が良かったこの作品、名を連ねるスタッフもボク好みだったし、20年前の原田知世版『時かけ』の大ファンだった自分が入り込めないとは思いもよらなかった…奥華子の歌う主題曲もなかなか好みで、PVや予告編は何回見たかわからないほどだ!なのに、なのに…ううっ

にしても、ストーリーに釈然としない部分が多過ぎる。千昭が未来から来た理由が「どうしても見たい絵があった」だけってのはどうなのよ?そんな理由だけでタイムリープしていいのはドラえもんの世界までじゃないか?もっと「未来の世界を救うためにしょうがなく」くらいのことは必要じゃない?ちなみに、原田知世版『時かけ』の未来人である深町くんがタイムリープしてきた理由は「(タイムリープ関係の)薬品の実験中に誤って現代に来てしまった」である。そんで、深町くんは(周囲の人間の記憶を操作して)2人暮らし老夫婦の家に身を寄せてるんだけど、その老夫婦に対してすごく感謝してるのよ…そゆとこが何とも「そりゃあ芳山くん(原田知世)も惚れるわな」と、妙に納得させてくれるのね。吾朗ちゃんもそう、普段のヤンチャぶりと実家での佇まいとのコントラストから魅力的な「そりゃ芳山くんも…」オーラが滲み出てるのよ。

それに比べ今回のアニメ版では、千昭はどこに住んでるんだかわかんないしさ、何か普段のヤンチャキャラと未来人であることを明かしてからのシリアスキャラとの間に接点…ていうか説得力がないし、一度は自分から告白しておきながら、最終的に真琴の愛情を知ったにも関わらずサッサと帰っちゃったりして…わけわかんねえ!功介の扱い方だってヒドいよ、親友2人の悩みに触れることさえできぬまま好き勝手に記憶をいじられて、後輩とくっつけられたりして…わけわかんねえ!道化じゃん!あまりに惨めじゃん!ドラえもんだって、クレヨンしんちゃんだって、事件が起こりゃちゃんと仲間を巻き込んでやるだろ?それが筋ってもんじゃないか?

や、きっとボクは原田知世版『時かけ』が好き過ぎたんだろうな…たぶん、それが原因で受け入れられなかったんだろう。歴史ある街並みや、幼馴染み、そして大人達の強い気配といった圧倒的な『日常』と、思いもしない『非日常』の間で揺れる思春期の少女の心を描いたあの作品を、同じく思春期である自分が、主人公達と同じく圧倒的な『日常』に包まれそれを窮屈に思っていた自分が見たから、あまりに強烈な印象として未だに残っており、そして続編を受け付けずに…って、でもさ~でも、そりゃあないよ~友達と学校と恋愛だけしか存在しない世界なんて、あんまりだよ

画像は、あずまきよひこさんが自身のブログ(あずまきよひこ.com)で書いてた感想のイラスト。良くも悪くも、この絵の印象どおりの作品だった。もう、そのものズバリって感じ!真琴バカ!あずまきよひこ最高!



関連記事
  1. 2007/04/21(土) 13:19:46|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

えー私も原田知世版が刷り込まれてるから見るの怖いなあ・・・深町くん大好きだもん。その後に見た内田有希のドラマ版も好きで、私が最初に買ったCDはその主題歌のノッコの人魚なんです。

期待しすぎなのか・・・気をつけよう。
  1. 2007/04/22(日) 00:03:46 |
  2. URL |
  3. 慶 #efoIbywo
  4. [ 編集]

試写会の行ったあと「あれ、これあんま面白くない」と思ったんだけどオタ世界周辺では細田がどうとかで大絶賛なのが辛かったなー。ブログにやんわり「いまいちでした!」って書いたら俺を説得しようとする人が何人か来た。
  1. 2007/04/23(月) 04:50:33 |
  2. URL |
  3. ビジン #-
  4. [ 編集]

>慶さん
期待し過ぎってホント、毒ですよね…
無事期待を押し殺して見ることができたら
感想を聞かせてください。

>ビジンさん
ホント大絶賛だったよね…ボクも、細田監督とジブリの確執とか、真琴の泣き方とか、転げ回るタイムリープとかっていう前情報から考えて、絶対に好きなタイプだって確信してたんだけどなあ…「え?」と思って検索して色々レビューみてみたけど、やっぱり大絶賛だった。こんなキレイに浮いてしまったのって初めてかも…ほんとビックリ。あと、ボクは高瀬くん問題はショッキングシーン担当だと思いました。
  1. 2007/04/23(月) 12:00:48 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/259-f163d4e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad