禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

煮えの果て

作家であり、漫画家 西原理恵子さんのパートナーでもあった鴨志田穣さんが20日、腎臓ガンのために永眠されたとのこと。42歳という若さ、幼い子供を残しての夭折は無念であったかと思うが、濃密な人生を駆け抜けた末に元気な家族に受け入れられて逝くというのも、人としてひとつの幸せであるかもしれないな…同年代の人間としてそんなことを考えてしまった。

気になるのは、西原さんのこと…パートナーを亡くしたひとりの人間としてももちろんだが、人の『死』にまつわる“わびしさ”や“せつなさ”といったエピソードで読者をホロリとさせるのが得意な西原さんが、鴨志田さんのことを綺麗にまとめて漫画に…なんてしないで欲しいなと思う。またあの、うまいとは言いがたいタッチの筆使いで、パステルカラーの色使いで、雲の上に立つ鴨ちゃんが口をとがらせて、でも目はグリグリで「バイバイ…」とか言ってる絵が目に浮かぶけど、そういうことはせんで欲しいなと思う。描かんで欲しいなと思う。もしくは、開き直って「これからは未亡人として幼い子供2人も養ってかなきゃいけないので、ダンナのことをガンガン描いて、ネタにしまくって稼がせていただきます」くらいのことを言って欲しい!あ、これいいんじゃない?というわけで、ひとしきり錯綜したところで鴨志田穣さんの御冥福をお祈りし、お別れの言葉とさせていただきましと思います。

 
関連記事
  1. 2007/03/22(木) 14:08:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

にえにえ

カモさんの頭煮え煮えが
雲の上にいったら楽になったかな。
楽になっていればいいな、と思いつつ
ご冥福をお祈りしております。
今頃きっと、生まれかわりの子がタイあたりに
産まれていると思う!
  1. 2007/03/24(土) 14:43:31 |
  2. URL |
  3. ぢるすけ #9EzsPSXI
  4. [ 編集]

雲の上か…
もうガマンせずに
思いっきりお酒飲めてたらいいなあ
  1. 2007/03/28(水) 11:11:04 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/244-f8cbdfe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad