禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Blindness

盲目のミュージシャンというとスティービー・ワンダーやレイ・チャールズが有名だが、2人のようにピアノではなくエレキギターを弾きながら歌う男もいる。彼の名はジェフ・ヒーリー、幼い頃に眼球のガンが原因で盲目となるが、3歳の時からおもちゃがわりにいじくっていたギターにとり憑かれ、学生時代に初めてバンドを結成したのを皮切りにプロミュージシャンへの道を歩んで行く。CDデビューは1988年、この時は日本の音楽雑誌(特にPlayerやGuitarMagazineなどのアマチュアミュージシャン御用達雑誌)にも多く取り上げられ、その特殊な演奏スタイルや、障害を抱えて生きてきたプロフィールについてもインタビュー等でずいぶん掘り下げられていた。しかし、それら注目された要素に比べ音楽的には非常にオーソドックスなもの(ブルースやポップスを内包したロックとでもいおうか)だった為、2枚目のアルバムが出た後はあまり話題にはならなくなってしまった…その後、2000年までに7枚のアルバムをリリースした彼は、現在 出身地であるカナダのトロントでクラブを経営、自身もステージに立っているそうだ。

んで、その『特殊な演奏スタイル』というのは…まあ見ていただければスグわかるだろうが、ヒザの上にペタッと乗せたギターのネックを握らずに鍵盤のように…もしくは、お琴のようにつまみながら弾いているのだ。しかも、あくまでプレイ自体は普通のコードやブルースのフレーズ…まあ、厳密に言うと楽譜的には同じフレーズであってもチョーキング(ロックギターにありがちな「キュイーン」てやつですね)等、普通は弦を『持ち上げる』ものを彼は『引き上げてる』ので、ずいぶん音のニュアンスがちがってきている…それが、彼の個性であり“味”となってオーソドックスな曲を特別なものにしているのだ。

jh002.jpg

 Jeff Healey Band / Angel Eyes
 http://www.youtube.com/watch?v=tRov2XscQJc

この曲は、ファーストアルバムでも特に耳に残るメロディーを持ったバラードで、プロモーションビデオのバージョンもあるんだけど、このライブバージョンの方が、ハッキリと指使いが見えるし、彼独特のちょっと鼻にかかった暖かい歌声がとても安定してるのが確認でき、ボク的にはとても気に入っている。曲の内容的には、突然みんなが憧れる人気者の女の子と両想いになってしまい、戸惑いながら夜空の星に「え、マジ?何で?何でオレ?ヤバっ!コワっ!」と呟いてる(あくまでボクの意訳です)といったもので「オレ、何かしたっけ?何か言ったっけ?」とトボけた後にズギューンズギューンと魂の入ったギターソロが鳴いて、聞いてる人がみんなで「それじゃん!」てツッコミを入れるという…や、入れないかな、まあ、ボクは初めて聞いた20年前から「ジェフの妄想だな…」と読んでますけどね

jh003.jpg

 Jeff Healey Band / Confidence Man
 http://www.youtube.com/watch?v=OTA7SMSFpdc

ジェフは、ノッてくるとイスから立ち上がるんですよ、ギターをヒザに乗せたまま!見てる方は、いつズリ落ちるんじゃないかとハラハラしちゃうんですけど、本人は関係ないぜとばかりに踊っています。この、思わず差別用語のひとつも口走りそうになるダンスを踊りながらも、リズム狂うことなくギターを弾き続ける姿には、思わず脳がショートしそうに…そんなジェフの使ってるギターは『Squire』という『Fender』の廉価版ギターを作ってるメーカーの製品で、普通は初心者が「とりあえず」で買うような所謂『ミュージシャン仕様』なものではないのですが、そういう部分にも「だから何だよ」ていうか「これでいいのだ」みたいな“皆と一緒じゃない事に引け目を感じたくはない”というような、いい意味での頑固さを感じられて興味深く思ったりします。

YouTubeで検索すると、上記以外にも多くの…最近のライブ映像や、スティービー・レイ・ヴォーンと共演する姿とか(余談だが、マイルス・デイビスが認めたギタリストは、生涯でレイヴォーンとジェフ・ヒーリーの2人だけだったというエピソードがある)実に何ていうか、1年前だったら絶対にこうして気軽に見ることなど出来なかったであろう動画が見れ…いや、拝めるので、ご興味を持たれた方は是非掘り下げてみてはいかがでしょうか?

 
関連記事
  1. 2007/03/19(月) 19:02:50|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

当時メタル、ハードロックで盛り上がるシーンの中でジェフは異色でしたねいろんな意味で。PURE ROCKでカウンターに座って確かコーラを飲んでいました。そうそう立ち上がるんですよね。
マイクに戻れるか心配するんですけど、場所を把握していて足を椅子にチョンと当てて普通に座って。懐かしいなぁ。。。ご存知かと思いますけど田川ヒロアキさんもすごいですよね。
  1. 2007/03/21(水) 13:22:16 |
  2. URL |
  3. DVD20枚 #-
  4. [ 編集]

PURE ROCKって、日曜深夜にTVでやってた番組の?ジェフ・ヒーリーが出てたとは知りませんでした。あの頃、ジェフのインタビューを結構読んでたんで、この記事を書くにあたって思い出そうと努力したんですけど、思い出せないもんですね…確か、兄弟の影響でギターを始めて、幼い頃から家族の前でプレイしてた…みたいなエピソードがあった気がして、調べてみたんですけど、そういう記述は見つけられませんでした。

田川ヒロアキさんて知りませんでした。本人のサイトに音源とかあるみたいなんで、さっそく聞いてみたいと思います!教えていただきありがとうございます!しかしこの、田川さんが参加したという二井原のアルバムのジャケット!オヤジのどアップ怖いよ!
  1. 2007/03/23(金) 10:44:03 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

ようつべに映像がありましたので。お節介ですがすみません。
http://www.youtube.com/watch?v=Vz-p1IVj-Ys
坂本英三も確かソロアルバムのジャケはドアップでした。ニイちゃん真似したのかな^^;
  1. 2007/03/24(土) 11:37:15 |
  2. URL |
  3. DVD20枚 #-
  4. [ 編集]

YouTube動画見させていただきました。かなりオーソドックス曲調で、しかしかなり個性的なプレイで(当たり前か)興味深いものがありました。何となくメロディの雰囲気がサトリアーニぽかったような…ていうか、スィープまでやってるのにはビックリ!
  1. 2007/03/29(木) 11:13:12 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/243-5f42429a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad