禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「せ」と「れ」

コメディアンの優劣を測る基準として「笑わせてる」のか「笑われてる」のかっていうのが、たまに話題になりますけど、たとえ「笑われてる」のであっても10回舞台にたって、8回…あ、いや、5回以上…少ない?じゃ、7回でいいか…そんくらい「笑われてる」状態を作りだすことができたとしたら、それは「笑わせてる」って事になるんじゃなかろうか?ていうか、なるでしょ。安田大サーカスのHIROくんのblogを見てて、思わずそんなことを考えてしまった。どう考えても、小学生のまま大人になってしまったとしか考えられない内容!そして、それを最大限に生かす『紙に書かせてスキャン』という見せ方!何よりも、誤字脱字の質と量が…思わず「わざと間違えてる?」と疑いたくもなるクオリティ!でも、ボクはこれは天然だと思う…なんとなく間違えた経緯が想像できるもの、ボビーのデタラメ(風)日本語とはちがう天然の誤認だと確信します。たくさん読んでるうちに段々HIROくん語が理解できてくるんだけど“に”を“レン”て書くのだけはいつも「ん?」と思ってしまう。

 ひろせ国立公園
 http://yaplog.jp/hiropark/
 
ジミー大西もかなりの高打率で「笑われてる」状態を作りだせる人ですが、この動画はとくにスゴイ。何度見ても笑える!どんなにテンション低くても思わず吹き出してしまう!

 English Lesson
 http://www.youtube.com/watch?v=plSfKHZZwZ4&mode=related&search=

これ、海外のYouTuberにもウケが良いらしく、なんと333万view!コメントも1000に達する勢い!YouTubeで日本のバラエティ番組のクオリティを絶賛する外国人のコメントはよく見かけるけど、この動画に対する評価もかなり高くて思わず嬉しくなる。まあ、中には「日本人は英語をそんなに習得しにくいですか?」なんていう素朴なコメントを書いてる人もいますけど…

ジミー大西といえば、ボクは『ほぼ日刊イトイ新聞』で3年前に掲載された岡本太郎に関するインタビューが大好きで、とくにジミー大西が岡本太郎にもらった手紙に書いてあった「絵、いいよ。キャンパスからはみ出しなさい」っていう言葉が、奇をてらってない実直ながらもインパクトのあるアドバイス…というかヒントの出し方で、素敵だなあ…って、岡本太郎の方に話しの比重が傾いちゃってますけど、もし興味と時間がありましたら、是非のぞいてみてください。結構長いですけど

 TAROの遺伝子
 http://www.1101.com/taro/idenshi/index.html
関連記事
  1. 2007/02/17(土) 12:12:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/227-7556ddca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad