禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイ仕入れ日記7:~帰国

今日はあらかじめ本田夫妻と別行動の予定だったので、朝メシはあきらめて10時までゆっくり寝た。昨日のウィークエンドマーケットでの仕入れが思った以上にうまくいったので、今日はそんなにがっつかなくても荷物はかなり揃っているので安心だ。シャワーで目を覚まし、カミサンと2人でホテルを出発!

6-4.jpg
左:滞在したホテル 中:祀られている街路樹 右:ホテル近くのシーフードレストラン(水槽ではシャコが大量死

地下鉄に乗ってウィークエンドマーケットへ…今日は身内へのオミヤゲや自分用のモノを探そう!なんて話していたが、いざ市場に入ってしまうと気になるのは商品になりそうなものばかり…結局夕方までみっちり回り、昨日よりは全然少ないがTシャツ類を中心におもしろい商品を見つける事ができた。食事は2回、いつも行く生春巻きを出す店と、ステーキの店。自分用にはシルバーのペンダントを購入する事ができた。

6-6.jpg
左:生春巻き 中:ソムタム(青パパイヤのサラダ 右:ガイヤーン(鳥の炭火焼き

部屋に戻ってひと休み…今日は仕入れた荷物の量が少なかったので着ていた服も昨日よりはくさくならなかったが、汗だくのまま持ち帰るのは嫌だったので、ちゃちゃっと洗濯。カミサンは商品の梱包をしていた。

6-5.jpg
洋食スタイルの店:ウィークエンドマーケットでは多分ここだけ…おかげでいつも激しく混んでる!

20時前に本田夫妻と地下鉄で移動…ペップリー駅近くで男性陣はタイマッサージ、女性陣はオイルマッサージ。2階の真っ暗な部屋に通され、ゲンちゃんとマットに並んで待っていると、入ってきたのは小柄でポッチャリしたかわいらしい女子と、野球部の後輩って感じのちょっとナヨっとした男子…そして、当然ボクの方には野球部が!一瞬「くそっ」と思ったがよくよく考えてみれば、自意識過剰なボクが暗闇で女子と密着してリラックスできるわけもなく「これで良かったのさ…」と思いつつ、隣のゲンちゃんが女子に尻を踏まれながら「痛くないですか?」「き、気持ちいいですぅ~」なんて会話に聞き耳をたて、絶対この事を日記のネタにしてやる…と心に誓っていた。

6-3.jpg
地下鉄のホーム:電車を待ってる間は線路とのしきりのガラスがモニターになりCMが流れてた。

タクシーでプラトゥーナム方面に移動して、ビックCでオミヤゲ類の買い納め。自分用にフルーツ豆乳をパック買いしたり、ホタルイカのスルメを買い足したりした。そして、バンコク最後の夜もやっぱり伊勢丹前にある、雷魚の屋台へ…氷入りビールで乾杯!これでしばらく食べられないと思うと、いつもの料理もよりいっそうおいしく感じた。

6-2.jpg
前回来た時にもいたイタズラばっかしてる花売り少女。彩がカメラを向けると意外におすまししてた…

「明日は飛行機に乗って帰るだけ」という頭があるからかビールもクイクイと入って、いつもに増して楽しく飲めた。結局、屋台がかたずけ始める0時過ぎまでそこで飲み「もう1軒行こうよ~」というボクの意見は却下され、タクシーでホテルに帰った。唯一「まだ飲み足りないよ~」に同調してくれた彩と部屋で飲み直す…初めて彩と会った時の暴れぶり、初めてゲンちゃんを山形に連れてきた時のツブレっぷり、2度目に山形に来た時はボクが二日酔いで次の日会社を休んだっけ…など、思い出す事と言えばどれも酒がらみ…これでいいんだろうか?という気がしないでもないが、こうやって楽しく一緒に旅行できてるんだから、いいに決まってるのだ!結局、4時半まで(ちなみに次の日は6時起床予定だった)ウダウダと飲み続け「いい加減にしなさい」とカミサンに諭されて解散。

6-1.jpg
さあ、帰るぞ!

寝る前に汗を流そうとシャワーを浴びていたら、酒乱が発動してしまい突然猛烈にゼニとモジャが心配になって号泣!ベッドで熟睡していたカミサンを呼びまくってたとこまで覚えてる…が、次に目を覚ました時にはベッドでカミサンに揺さぶられていた。気がつけば、荷物も着替えも全部準備されている。二日酔いの気持ち悪さに耐えながら、何とか服を着て荷物を抱える。時計を見るとロビーに迎えの車が来る10分前だった…この時ばかりは、カミサンに深く深く感謝した。ロビーに下りると本田夫妻も微妙なムード…朝方ベロベロに酔って部屋に戻った彩と、寝ぼけてたゲンちゃんとでちょいと揉めたらしい。しかし、妙に感心したのは両カップル共どちらか片方だけがグダグダになってるのね…二日酔いのボケた頭で「うまくできてるもんだなあ~」なんて思っていた。

6-8.jpg
左:空港のレストランでしょぼくて高い朝メシを… 右:帰りもゲンちゃんは必ず荷物検査で止められたのだ。

飛行機を乗り継いで夜8時に成田着。その日は実家に泊まり、次の日再び一週間前と同じ寿司屋でがっついてから帰途についた。「東北は雪が降ってる」という情報にかなりビビったが、風は強かったもののどうにか雪にはあわずに帰ってこれた。日本に着いてからずっと「ラーメン!ラーメン!」と思ってたので、山形に着いたその足で亀太郎ラーメンに駆け込んだ…思わず残しちゃう程マズかった。

6-7.jpg

今回の旅行に同行してくれ、荷物持ちをしてもらい、たくさんの写真を提供してくれた本田夫妻に感謝!留守中、ゼニの面倒を見てくれたポチあにきに感謝!帰り道、気象情報をくれたなおなおに感謝!泊めてもらった上に寿司だのオミヤゲだの色々面倒みてもらっちゃった両親に感謝!そして、今回もお世話になりました…カミサンに最大限の感謝を!みなさんのおかげで今回も無事に旅を終える事ができました!じ、じ、次回も…よろしく~
関連記事

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

  1. 2006/04/03(月) 17:13:25|
  2. タイ仕入れ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/18-96f76eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad