禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

INOKI GENOME 2

7月の日記で話題にさせていただいた、アントニオ猪木のプロデュースする格闘技大会『INOKI GENOME(イノキゲノム)』の迷走珍走ぶりだが、4ヶ月たった今でも深い森の中を彷徨ったまま…そして猪木はいまだに大口を叩いているという、実に…何というか…猪木らしい?ことになってるので、この話題を覚えてた人がいるかどうかは判りませんが、7月以降の動きをまとめてみました。

【8/12】
日本武道館で10/5開催決定が発表!
大会実行委員会がモハメド・アリと来場の契約を結んだと報道される

【8/15】
来場契約報道のわずか3日後、猪木がスポーツ紙の取材に「アリの体調次第、来日は困難かも…」と早くも弱音を漏らす。アリの来日同様、大会発表時から自分でぶちあげていたアリの娘 vs 自分の娘の試合については「サインはしてないけどほぼ合意に達している」とのこと

【8/26】
北朝鮮の国際武道競技大会視察から帰国した猪木、空港での取材で「北朝鮮の女子プロボクシング選手を2人イノキゲノムに招くつもり」と発言

【8/30】
そろそろ試合のカード編成が最終段階に入っているという報道がなされる。取材に応じた猪木は「2、3日中に詳しい発表をします…ムフフフ」と答える(そして、当然のように何も発表なし)

【9/5】
大会1ヶ月前にも関わらず、チケット発売の予定すら聞こえてこない事を疑問に思った2chプロレス板の住人が、武道館事務所に電話して「10/5にイノキゲノムという大会の予定は入ってますか?」との問い合わせを入れる。解答は「10/5は、空き日程でございます」「お話はいただいてますが正式な書類は提出されてません」「勝手にマスコミで(大会開催を)報道されてしまって、こちらとしても困っている」との情報を聞き出す

【9/9】
2度目の延期発表!
理由は「アリの体調が思わしくなく来日困難なため改めて日程調整が必要」アリのせいかよ!

そして、東スポの取材で久々の無責任発言が!「(スタッフの)足並みが揃ってないし、俺のビジネスも佳境にきている。だから俺自身は『やめよう』と言ったんだ。でもスタッフが言うには、この大会はK-1、PRIDEに押されるプロレスを浮上させるためのもの。『どうしてもやりたいので時間をください』と言ってきた。プロレス浮上のためならね…」2003年の大失敗以来遠ざかっていた大みそかの大会開催について問われると「大みそか?それはどうかな…でも、大みそかどうのは抜きにして、(ゲノムを)流そうという地上波テレビ局もある。(ビンス)マクマホーンのWWEも近寄ってきてるので…ムフフフ」ちなみに、ビンスは猪木嫌いで有名

【9/17】
成田空港での取材でイノキゲノムについて問われると「ぜひ韓国で!という話もあるし、ベトナムも出てきている」と突然、日本を含めた3ヵ国開催をぶち上げる。「韓国で(30年前の)アリ vs 猪木戦を放送する企画もあるみたいだし、交渉がまとまれば大会に猪木の名前がつくかもしれない…ムフフフ」ちなみに、アリ vs 猪木戦の映像権利はアリが管理しているので、いまだに日本でもビデオやDVDとして商品化されていない。なのに、韓国で放送?

【10/5】
自分がモデルのパチンコ機の発表会見で、イノキゲノムについて「11/24にソウルで開催します」と発表!「これを第1弾として世界ツアーをやっていきたい」とまで言い出す。さらに詳しい取材によると「ソウルの会場は1万3000人規模」「アリ親子を招待する話も出ている」「キャンセルはないと思います」招待する話も出てるって…それを理由にこないだ延期を決定したのでは?

【10/30】
元々イノキゲノムのソウル大会は、韓国の格闘技団体WXF主催とのことだったのだが、在韓日本人の方の情報によりWXFの11/24大会にイノキゲノムという言葉はまったく使われていないことが判明!しかも、その後WXFは11/24の大会を延期決定!さらに、WXFの会長が「イノキゲノム?何だそれ?」と発言してるインタビュー記事が雑誌に掲載され、ゲノムウオッチャー達は「やっぱりな」とヒザを叩いた

【11/16】
3度目の延期発表!
来年1月に延期だと前置きした上で「『もっと時間を下さい』ということで、来年になると思います。アメリカから選手も欲しいし、今は韓国のスポンサーを集めている状態」どんな状態だよ!ていうか、その場その場で適当に答え続けてそろそろ半年…いい加減、大ボラをぶち上げる余力も無くなってきたかと思いきや、7月の日記でも書いた“永久電機”というオカルトな機械について聞かれると「今、世界中どの国も明かりについて問題を抱えている。実際に名前を挙げれば動いてくれる人もいる。年内にはひとつ大きな発表ができると思う」と、いつもの決めセリフを聞かせてくれた。そうこなくちゃ!

※猪木の言動の日付等については、ボクが愛読しているプロレス・格闘技情報サイト『悲しきアイアンマン』さんの記事を参考にさせていただきました。猪木問題はもちろんのこと、プロレス・格闘技界の旬なネタが溢れている素敵サイトですよ!
関連記事
  1. 2006/11/17(金) 11:11:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/175-f7aeb549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad