禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒河江市南町『三吉屋』

寒河江で時間はずれの昼飯でも…というタイミング、ジュンが「お餅食べたい」というので、友人のごっちゃんにメールで聞いてもらったら餅屋情報と共にボクが「好きそうなダンゴがある」と三吉屋を勧められた。和菓子洋菓子含め所謂スイーツ関係は特に好きではないのだが、名指しで「好きそう」と言われると気になる…昼飯さて置き、真っ先にダンゴ屋に向かった。

写真 1

旧道沿いのひなびた雑貨屋風な外観!好き!

写真 2

焼きだんご以外は、注文するとその場でばあちゃんがあんをたっぷり塗ってくれます。『じんだんだんご』とか『ずんだだんご』という呼び名の方がポピュラーな気がする枝豆あんのだんごは、ここでは『ぬただんご』。ぬたというと酢味噌和えのイメージが強いけど、山形や福島の一部地域ではこっちもぬた!

で、これまたあんがたっぷり!包みを手渡されて「オッ!」ていうくらい重かった。焼きだんご、ぬただんご、あんだんご、ごまだんご、どれでも一本90円。

写真 3

「ザ・和菓子!」って感じの甘味じゃなくて「ごまと砂糖を混ぜたよ!」みたいな素朴な美味しさを感じるおだんごだったんだけど、焼きだんごが格別!所謂『みたらしだんご』なんだけど、これまた甘味あっさりで醤油の風味が香りスルスルっと食べれる。普通の『みたらしだんご』を食べた後のようなベッタリした甘さが口に残らない…重さ的には他のだんごに比べちょっとお徳感を得づらいけど、これはクセになる…これを買いに必ずまた三吉屋さんに行くだろうなと思ってしまうような焼きだんごでした。
 
関連記事
  1. 2014/07/10(木) 13:13:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/1105-d43685d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)