禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仙台市宮城野区『加瀬』

利府市で30年間和食屋を営む店が産業通り沿いにオープンした“和彩ダイニング”で、牛タン関係のメニューを推している。店前の看板などメニューの安さを押し出したディスプレイになってるが、実際は安さがウリの店ではない。牛たんら〜めんととろける牛たん丼セット(900円)をいただいた。

E58699E79C9F201-4.jpg

セット物特有のトゥーマッチな印象を与えない、スッキリとしたルックス!香りも際立ったものは感じない。

E58699E79C9F202-4.jpg

牛たんら〜めんは、ホロホロと崩れるくらい柔らかい牛タンが中央に一枚…しかし、いかんせん薄く小さいので「牛タン食べました」という気持ち的な満足感が少しあるだけで、「肉食ったぞ!」という満足感はナシ。鍋の汁か?と思うくらいアッサリのスープに白髪ネギとセリのトッピング。この淡白な和風スープにセリがとてもマッチしていた。麺はノーマルな中細。

E58699E79C9F203-3.jpg

とろける牛たん丼は、あっさり塩味のそぼろあんかけと肉味噌の下からラーメンと同じ薄いホロホロ牛タンを一枚発掘!これがなかなか…“とろける牛たん”要素が薄すぎ(文字通り)ますが、あっさり和風あんかけが白飯に絡んで美味しい。

セット物にしては食後に「ブヒ〜食った食った!ゲフ」みたいにならず、しかしちゃんと満腹にはなれて満足度は決して低くないのですが…メニューの写真と実物との差がマクドナルド並みで、ちょっと不満がないと言ったら嘘になります。ご興味もたれた方はホームページをご覧あれ。
 
関連記事
  1. 2014/01/20(月) 01:01:01|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/1087-c3110b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad