禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天童市荒谷『ラーメン・リッキー』

はじめてリッキーに行った時は夜だった。市街地からかなりはずれた田畑に囲まれた部落にあった…通り側に看板はなく脇道から田んぼの方に曲がると店の入口があって、そこに車を停めた。暖簾をくぐると、ばあちゃんが一人いて「いらっしゃい」でもなく、ただボクの事を見ていた。「ラーメン…いいですか?」そう聞くとゴニョゴニョっと何か言ってカウンター越しの厨房に入った。人気店だと口コミサイトで見かけた気がするけど、ボク以外にお客の姿は無かった…メニューを見ながらカウンターの端に腰掛ける。一番基本は…しょうゆ拉麺700円?ちょっと高めだなあと思いつつ注文。

冷水器から持ってきたお冷やを一口飲んで厨房をのぞく、麺茹での湯は沸かしはじめたばかり…ヒマだったのかな?との思いがよぎる。微かに排水溝のようなにおいを感じ、ハズしちゃったかな…と後悔しはじめる。手元の携帯で口コミサイトをチェックすると「しょうゆ拉麺と拉麺は別物、拉麺はおいしい」とあり愕然!メニューをあらためて見ると…あった!下の方に「拉麺(中華そば)600円」という表記が!やっちまった〜と頭を抱えてると「はい、しょうゆ拉麺」とばあちゃんがドンブリを運んできて「今日もうお終いだからチャーシュー1枚サービスね」と微笑んだ。

E58699E79C9F201.jpg

700円だけあって結構ボリュームあるじゃんと思いつつ、スープをズズズッ…「えっ?」もう一口ズズッ…「ええっ!」超美味しい!ブ厚いチャーシューをよけ、たっぷり盛られた野菜達の下から麺を引き上げてすする…やっぱり美味しい!キレイな湯で茹で上げられた粉の臭いのしないプリプリ麺だ。驚きつつ食べながら、何でこのラーメンが口コミサイトで不評だったのか考え閃く「あ〜コレ、昔ボクが好きだったラーメンに似てるのかも」、まだ本格的な豚骨ラーメンが流行る以前…20年前とかに千葉の三越裏の長州ラーメン万龍軒とか、四街道のさつまっ子で食べたサラッとしたスープの豚骨醤油!あのラーメンにどこか似てる味なんだ!そういえば最初に感じたにおい…排水溝なんかじゃなくて豚骨でスープをガッツリとってる店特有の…万龍軒も同じにおいがしてた!「この味を山形で食べることが出来るなんて!!」感動しながら激しくがっついた。

E58699E79C9F202.jpg

興奮し過ぎて暑くなり、上着を2枚脱ぎTシャツ姿で食べてたら、厨房から「アラアラ」とばあちゃんが出て来た。「美味しいです」思わず言葉が口をついた「あらそう、ウフフ」「この味のラーメン、山形ではじめて食べましたよ」ばあちゃんは微笑んでる。「ボク、千葉からこっちに来たんですけど…」「へえ〜千葉から、仕事の関係で?」「あ、え…仕事ではないんですけど、こっちに知り合いがいて」「何年になるの?」「え〜と、10年以上になりますね…」「あら長いのね」、ホントは何でこの店でこの味を?という質問をしたかったんだけど、そっからはばあちゃんと普通の世間話になってしまい聞けず終い…帰り際に「また来なさいね」と言われ「はい」と満面の笑みで応え店を後にした。

それからも何度か店を訪れているけど、あの時とちがい混んでる事が多く(昼時などは混んでて入れない事も数度)結局「何でこの店でこの味を?」は未だに聞けてない。ばあちゃんがボクの事を覚えてくれてるのかはわからないが、あれからも「明日お休みだからさ」とか言い訳しつつチャーシューを1枚サービスしてくれる。そして、最初の時と変わらず釣り銭を渡しながら「また来てね、今年もよろしく」と優しく微笑んでくれる。
 
関連記事
  1. 2014/01/09(木) 02:02:02|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

なんか涙出ましたわ。
  1. 2014/01/10(金) 21:17:53 |
  2. URL |
  3. そくし #-
  4. [ 編集]

>そくしさん
ありがとうございます。
書いて良かった!
  1. 2014/01/11(土) 23:14:31 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/1081-5ca9786a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)