禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飛魚

uoznim3.jpg

盛岡市の繁華街である大通商店街の裏路地にある居酒屋、飛魚と書いて「アゴ」と読みます。名前のとおりアゴダシのおでんと、焼鳥の魚バージョン“魚串”をがウリのお店。

uoznim1.jpg

おでん盛り合わせ(800円)…食べかけ写真ですいません。ダシが主役で塩・醤油の引っ込んだ淡い味付けだが、アゴダシなので関西風というわけでもないし、まさに東北風の薄味って感じで面白い。盛り合わせ以外に単品メニューもあるけど、油っ気のある具はなし。しょっぱさと油を徹底的に排除したおでん…確かに今は中途半端なおでん作っても、コンビニの妙にクセになる汁のおでんに毒されてる舌には厳しかったりするだろう。かといって老舗の味を作り出すには手間とコストがかかり過ぎる…というわけで、引き算しまくったシンプルな物を神経質に…いや丁寧に作ってみよう作戦かな?と邪推。じゃがいもとコンニャクが美味しかった。

uoznim2.jpg

魚串並盛り(800円)…まず、見た目が美しい!赤魚と鰆は、パリパリと香ばしい皮とホックリした身の食感の妙が良かった、ねぎ間(まぐろ)は安定感ある組み合わせ、イカは柔らかく、それぞれ楽しめた。唯一、本ししゃもは微妙なサイズなので、丸ごとガブリだとワイルドな人は問題ないかもしれないが、個人的にちょっと小骨が気になってしまった。これで、器になってる石が少し温かくされていて、添えられた山葵と柚胡椒がもう少しいいものだとグッと満足度が増すだろうけど、そこまですると800円で済まないんだろうな…

uoznim4.jpg

一杯目にキリンラガー樽生(550円)をいただき、後は数種類ある純米酒一合(600円)の中から岩手のお酒を選んでいただいた。菊の司『精粋』は甘口で飲みやすいタイプ、鷲の尾『北窓三友』は辛口でドライな酒、月の輪『純米酒』は前の2種のちょうど中間のような甘過ぎず辛過ぎずでとても気に入り、翌日酒屋で買って自分達への土産にした。

uoznim5.jpg

白壁に木のテーブル&イス、白シャツと黒エプロンの店員、低く流れるジャズ…全国どこにでもある“ちょっと洒落た今風の居酒屋”。周囲に郷土料理を出す店もたくさんあったし、内陸の盛岡で魚料理もない気がしたが、一軒目で焼肉と冷麺をいただき腹の膨らんだ我々には惹かれるシュチュエーションだった。実際、大ぶりの猪口にもっきりで注がれたお酒を味わうのに、まったく邪魔にならない薄味のおでんはピッタリだった。難を言えば、カラシだけはガヒーンと鼻にくる下品なヤツの方が良かったなあ〜

住所/岩手県盛岡市菜園2-6-8
時間/17:00~20:00(日曜定休)
 
関連記事
  1. 2012/11/13(火) 21:21:21|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/1052-ddca25e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad